FC2ブログ

男達は可哀想な黒犬を存分に愉しむ

2020.11.08.Sun.21:00
窮屈に折り畳まれ分厚い綿によって締め付けられた男の手足は伸ばしたくても伸ばせないよう動きを大きく制限され、思い通りの行動を取れないよう自由を取り上げられてしまった。更に、輪状の金属で形作られた開口具が一体となっている犬の顔を模したマスクを頭部に被せられた男は口に噛まされた金属の輪に言葉を奪われ、加えてマスクの綿に視界を遮られたことで周囲の様子を伺うことも不可能にされてしまった。
両手両足を拘束され、見ることとしゃべることを禁じられた哀れな男はもはや、自力では何処にも逃げられない。ありとあらゆる選択肢を潰された無様な男は、自分を捕らえた者達の手で与えられた頑丈な金属の檻はおろか口と男根以外をすっぽりと包み込んで縛める黒犬の着ぐるみからも抜け出せない。
敵の手に堕ち、黒く冷たい光沢を放つ金属とあどけない表情をしたふわふわな犬の内側に閉じ込められた男はもう、敵が用意した無慈悲な責め苦に為す術無く弄ばれることしか出来なくて、抗いの手段を没収された男は着ぐるみの内側に突き出た男根型の淫具に奥まで貫かれた尻穴を絶えずほじくり回され、肛虐が生み出した望まぬ悦楽に屈して着ぐるみの外側に露出させられた男根を何度も何度も射精へと押し上げられてしまっていた。

「あぁっ、おぉぉっ! あー! あぉっ、はぉぉぉぉーっ!!」

閉じられなくされた口から唾液と一緒に苦悶に満ちた悲鳴を発しても、尻穴を嬲る淫猥な地獄はとまらない。肘と膝で支えた着ぐるみ入りの裸体をじたばたともがかせ、どうにかして状況を変えようと試行錯誤を繰り返してみても男を封じ込める綿はビクともせず、ふかふかの綿越しに叩いた檻の格子も一切変化は無く、なりふり構わずに腰を振り乱して尻穴の淫具の動きを停止させようと足掻いても、男のその行動は淫具に電力を供給するために部屋のコンセントへと繋がれた檻の外へと続いている白いコードを無意味に揺らす程度の変化しかもたらせない。
どんなに願っても、男は淫らな拷問から脱出出来ない。恥を捨ててめちゃくちゃに身をくねらせても、黒犬に変えられた惨めな男は尻穴を蹂躙する淫具に負けての絶頂を休み無く迎え、丸出しの男根から放出した精液を檻の床に置かれた背の低い犬用の食事皿に溜めさせられるしか無いのだ。

「はっ、はおぉ! あぉっ、あぉぉぉーっ! は、ほぉぉんっ!」

終わりの見えない快楽に怯えながら鳴き喚く男は、限界をとっくに超えている。着ぐるみに詰め込まれた裸体は人間の物とは思えないくらいに激しい痙攣を行い、萎える暇も認められずに射精を強いられた男根は吐き出す精液の色がほぼ透明となる程に睾丸の中身を絞り出されじくじくとした痛みに苛まれながら苦しげに脈打ち続けている。
だが、それだけの悶絶を晒しても男は許されない。男を拉致し着ぐるみと檻と淫獄をあてがって放置していた残忍な男達は刑事としての尊厳が欠片も見えない滑稽な痴態を見せる情けない黒犬を無言で笑い飛ばすと、悶え狂う黒犬を今よりも悶え狂わせみっともなく鳴き叫ばせる為に、何の躊躇いも無く新たな責め具を刑事の開きっぱなしにさせた口へと接続し始めた。

「あぶっ、ぼ、おぉっ!?」

檻の格子の間を通って近付いた男の手で口を拘束している開口具に透明なチューブを取り付けられた刑事は、突然の衝撃に困惑の唸りを上げた。その間抜けな唸りを聞いた男達は口の端を醜悪に歪めながら開口具に繋いだチューブの先にある漏斗状の器具を檻の天井付近に細い鎖と南京錠で固定し、刑事にうなだれることを封じた上で口内を意のままにいたぶれる状態を作り出した。

「うぁぉぉぉっ!? あー! あぉぉぉっ!!」

この状態は。自分を支配する男達の帰還を把握し、これからやってくる新たな地獄を経験で理解させられた刑事は、誇りを捨てて哀願の絶叫を放ち許しを求めて大きく振り乱せなくなった頭部をイヤイヤと左右に揺らめかせた。
もちろん、残酷な男達はそんな哀願になど耳を貸さない。檻の内側に侵入させた手で刑事の精液がたっぷりと注がれた器を引き寄せ檻の格子の下部に存在する食事を入れる為の隙間から器を取り出した悪人達は滑稽に慈悲をねだる黒犬刑事の無駄な懇願を存分に堪能しながら、器を先程固定した漏斗へと、刑事の口内へと続いている透明なチューブと繋がっている漏斗へと運び、刑事自身が分泌した大量の精液を器から漏斗へと流し込み、すでに尻穴を責め立てる快楽に追い詰められている刑事に自らの精液を無理矢理に飲ませる苦しみを上乗せしてしまった。

「ぐぶっ、ぼぉぉっ! あぶっ、ぼぉぉ!」

己の精液に口内を征服された刑事が、唯一の呼吸孔となった鼻を着ぐるみの内側で惨めに鳴らして自分の雄の香りを嫌でも嗅がされつつ、尻穴で暴れ続けている淫具の刺激に翻弄されながら舌と喉を酷使して精液を胃袋へと運んでいく。
そんな愉快な光景を見せる刑事に目を細め、悪魔のような微笑みを浮かべながら。檻と着ぐるみに封じ込められた肉体を好き勝手に扱われどうすることも出来ずに弄り倒されて鳴き叫ぶ黒犬と化した刑事に嘲笑の視線を浴びせながら。刑事入りの檻を取り囲んだ男達は、諦め悪く救いを求める刑事の姿を愉しみつつ空となった器を再び刑事の男根の下に戻し、終わり無い絶頂と飲精に恐怖し狂い鳴く刑事を鑑賞する体勢を取りつつ、可哀想な黒犬を愉しめることへの幸せを一様に募らせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示