FC2ブログ

淫らに育った男は映像に残されながら甘く壊される

2020.11.01.Sun.21:00
手首から肘にかけてを黒で覆い尽くし、緩み無く圧迫している革製のベルトはどんなに力を込めても外れる気配を見せない。足首から膝にかけてを黒で包み、厳重に自由を奪っている頑丈な革ベルト達は生身の男が必死で足をもがかせたくらいではビクともせず、男はどうやっても自由を取り戻せない。
全裸で細長い台の上へと仰向けに寝かされ、過剰なまでに施されたベルト達によって裸体をX字に引き延ばした状態で台に固定された哀れな男はなりふり構わぬ身悶えも虚しく状況を何一つとして変化させられず、自分を捕らえた者達の手で与えられた残酷な苦悶に為す術無くいたぶられていた。

「あ……く、んぅっ……っは、く、ふぅぅっ……!」

震える口の端から飲み込みきれなかった唾液を零し切なく乱れた吐息を漏らしながら、男が手足の拘束を振り払おうと汗ばんだ身をくねらせる。どうにかして自分を嬲る責めを和らげようと、男が動きを制限された手足をバタつかせながら台の上で裸体を踊らせ、苦しみを散らそうとする。
だが、そんな行動は全て無意味だ。男が幾ら身をくねらせようとも、羞恥を捨てて裸体を踊らせようとも、手足を台へと縫い付けるベルト達は嘲笑うような軋む音を立てるのみで振り払えはせず、苦しみも増える一方で散らせはしない。
敵に捕らわれ、台に繋がれ、逃げられも抗えもしない無防備な裸体に捕まった日から非道な薬品を用いた無慈悲な躾を加えられた惨めな男は、この危機と屈辱からの脱出に結び付く糸口すら掴めぬまま、容赦の無い躾で作り変えられた裸体の火照りに苦しめられるしか無いのだ。

「はくっ、ん、ふうぅ……っは、あうぅぅぅっ……!」

男の誇りと尊厳は、己の内に湧き上がる欲望を否定している。しかし、感度を高め望まぬ発情を促してそれらを肉体に定着させる淫らな薬品を使った残忍な改造に屈してしまった無様な男の裸体は、持ち主の意思に反して勝手に男根を限界まで張り詰めさせ何度も淫猥な玩具でほじくり回され雌の悦びを刻み込まれた尻穴をはしたなくヒクつかせながら、快楽が欲しい、気持ち良くなりたいと喚いて男を内側から追い詰めてくる。
しかし、今の男はその自らの肉体の叫びに敗れ、淫欲に溺れることも許されない。手足の動きをベルトに縛められた男は、うずうずと疼きに疼いている己の乳首に触れたくても触れられず、透明な蜜を涙のように垂らしながら脈打つことで苛めてと自己主張しているパンパンに膨れ上がった己の男根を擦って射精に導いてやりたくても導いてやれず、体内を蹂躙され柔らかな腸内の肉を掘削される幸福を欲しがっている尻穴を自分自身の指でめちゃくちゃに掻き回してやりたくとも掻き回してやれないのだ。

「んぎっ、ひぃっ! はぁ、はぁ……んぁっ、はぅぅぅっ……!」

敵に敗北したくない。淫らな欲望に負けたくないという理性。そして、負けたって構わない、淫欲に溺れ本能を剥き出しにした淫らな獣に陥落すれば楽になれるという己の心に浮かぶ誘惑に翻弄されながら、男はただひたすらに発情を耐え続ける。
一人きりで置き去りにされているだけだというのに情けなく悶え苦しんでいるすっかり作り変えられた己の肉体に絶望を募らせながら、男は絶えず襲い来る淫欲の波と思考内で繰り広げられる理性と本能のせめぎ合いを堪え続けている。
そんな地獄の時間が永遠とも思える程に経過し、男が今日も淫蕩な憔悴に至った頃、不意に部屋の扉が開き疲れ切った男の元に醜悪な笑みを浮かべた男達が歩み寄って来た。
その男達の姿を涙に濡れた瞳で確認した男は、目にわずかな希望の光を灯らせて鋭く叫ぶ。それは、快楽をねだる陥落の叫びではない。快楽を拒み、自分を弄ぶ者達への拒絶を示す反抗の感情を乗せた怒り色の叫びだ。

「こんなことを、しっ、しへも……お前達の、思い通りにはぁ、なりゃ、ならぁ、んっ……! ぜっひゃい、にぃっ……服従なんへ、しない、からなぁっ……!!」

怒りをぶつける相手がいれば、まだ正気を保っていられる。理性の崩壊を遠ざけられる。それを喜び目に希望を取り戻した男は、苛烈な責めが反抗に対する仕置きとして注がれることを承知で舌足らずに怒りを口にした。
けれど、男達はいつものように反抗を咎める言葉を放たない。男達は台の上で汗に塗れ淫らに熟れきった男の裸体を笑顔で取り囲みながら、男の真上に何かを設置していくだけだ。細長い台の両脇に置かれた金属製のパイプを組み合わせた台同士が、別のパイプ達で橋を作る形で結合される。その台達を結ぶパイプ達に何かが二つ三つと固定され、それらは逃げ場の無い男の裸体を狙う形で角度を調節されていく。
一体あれは何だ。涙に潤んだ目を凝らし、男はパイプで形作られた台に固定された物体を把握しようとする。じょじょに視界が意に沿って落ち着き、物体の正体を知った男は、分泌した体液で汚れきった顔を強ばらせながら戦慄した。何故ならそれは、取り付けられた物体達は、男の顔と恥部をまんべんなく狙うビデオカメラだったからだ。
痴態を取られる。この姿を映像として永遠に残される。その事実に恐怖し、男は打ちひしがれる。そうして絶望する男に、男達は愉快さを隠しもせずに追い打ちの言葉を浴びせかけた。

「今からお友達に向けてのビデオレターを撮ろうね。捜査員さんがどれだけエッチになったのかちゃんと分かるよう、たっぷり鳴き喚いてイきまくるんだよ?」
「今日は気絶しても許してあげないからね。このカメラ達で撮影が出来なくなるまでずっとイきっぱなしにして、捜査員さんが淫乱になったってことをしっかり映像に残してあげる」
「いっ、いやぁぁっ! やめで! そんにゃの、やぁぁぁっ!」

これから長時間に渡って絶頂を強いられ続けること。そして、その絶頂の様子を撮影され続けること。両方に恐怖し、両方を嫌がって悲痛に絶叫する捜査員の姿を眺めて興奮を加速させた男達は、懇願など聞き入れないと伝えるかのように叫ぶ捜査員を無視して淫らに育て上げた裸体に手を伸ばし、捜査員をカメラの前で宣言通りにイき狂わせ、最高のビデオレターを撮影し始めた。

「んぎっ、ひぃぃぃんっ! あっ、ふあぁっ! んやぁぁぁぁっ!!」
「嫌がってもダーメ。どんなに嫌がっても、無理矢理気持ち良くしてどんどんイかせちゃうよー?」
「我慢なんて出来なくなったこのエッチな身体をもっともっといたぶって、嫌だなんて嘘が言えないよう壊してあげようね」
「ほら、捜査員さん、イっちゃえイっちゃえ。淫乱に変えられたケツ穴指でほじられながらメスイキキメて、画面の向こうのお友達を愉しませてあげちゃいなさい」
「やっ、あがぁぁっ! イっ、ぐ! イきゅ、ひぎゅぅぅぅっ! とまんにゃ、やあぁ! イぐイぐぅっ! イっぎゅぅぅぅぅっ!!」

イってもイっても終わらないイき地獄によがり狂わされ、全身を責め立てる男達の手と指によって休み無い射精へと追い立てられる捜査員の男は自分を辱めている男達への怒りはおろか自分がカメラに撮影されていることも忘れて断続的な絶頂に鳴き叫びながら裸体を痙攣させ、男達が望む最高に滑稽な悶絶とかつての仲間達の心を凍り付かせる淫猥な姿を晒しつつ、二度と元には戻れない崩壊へと為す術無く追いやられる様をあらゆる角度から映像に収められていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示