FC2ブログ

捜査員は媚薬に浸され壊れゆく

2013.12.30.Mon.08:00
「あ…はぁぁっ…んあぁぁっ…!」

薄暗い部屋に、甘く濡れた叫びと、絶え間無い水音が鳴っていた。
声の主は、一人の男。敵に捕らわれ、武器も、衣服も剥ぎ取られ。裸体を縄で拘束された惨めな捜査員。手首を背中で括られ、上半身を緊縛された捜査員は敵の手によって強化ガラスで出来た水槽に入れられていた。

底の部分に強力な媚薬が注がれている、残酷な水槽に。

「だひて、ここから…だひっ、てぇぇぇ…っ」

身体中を強制的に火照らされ続ける捜査員は、もはやまともにしゃべる事も出来ない。舌足らずな口調で必死に水槽でもがく自分を眺めている男達に助けを求めたが、男達はニタニタと笑うだけで手は出さず、捜査員はより惨めで絶望的な気分に堕とされていく。

「あうぅぅっ、けひゅあな、あひゅいぃ」

腕を拘束された捜査員が虚しく身をくねらせる度に、媚薬は波打って狭い水槽内で跳ね、逃げられない身体に降りかかって非情に疼かせる。
特に、常に媚薬に浸かっている部分である捜査員のアナルは、奥底まで疼きに疼いている。

「おねがいぃ、とってぇ、けひゅあなのとっれぇっ」

鳴きながら、捜査員は腰を気持ち程度に持ち上げて男達にアナルを突き出した。銀色の器具、アナルを開いたまま固定させる、拡張具をくわえ込まされた憐れなアナルを。
どんなに拒んでも、開かされた状態では媚薬の侵入を防げない。最初の内は媚薬に浸らないよう腰を浮かせる事で堪えていたが、無理な体勢な上に発情に溶かされいく肉体でそんな抵抗がいつまでも続けられる訳も無く。
残酷な性拷問が始まって一時間もしない内に、捜査員は身悶える事しか出来なくなった。

「イ、く。イきゅぅっ、まら、イぐぅぅぅっ…!!」

数え切れないくらいにイかされ、頭は沸騰しそうに熱くなっている。
男達が手を下さなくとも、すでに捜査員の身体は媚薬の波が肌を叩く刺激だけでイける程に敏感になっていた。

イかされ過ぎて苦しくて、逃げようともがけばより刺激を受けてしまい、刺激されると堪える事も叶わずにまたイってしまう。
甘い責め苦の永久機関に嵌め込まれ、全身が疼き過ぎて気絶するのも不可能。助けを求めても周りには敵しかおらず、自分の惨めさを痛感しながら発狂するしか無い。

「あぁぁーっ! ひ、ぬ。ひんじゃふぅぅぅっ…!!」

涙を流して痙攣し、細かい波にまた感じて。
捜査員は逃げ場の無い水槽の中で、男達の手に抗えず堕ちていくのだった。







↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示