FC2ブログ

男は抵抗も許されず幼き主の手で壊される

2020.10.20.Tue.21:00
鼻の穴と、男根以外の部分を覆い尽くし全身を隙間無くぴっちりと包み込む黒革の拘束服によって、男は思い通りの行動を何一つとして取れない無様な格好へと追い込まれてしまった。
拘束服表面に取り付けられている金具同士を結ぶことで自由を奪われた腕は、背中で伸ばしたまま密着させられた上に暴れさせることも出来ないよう胴体へと厳重に繋がれてしまった。腕と同じように金具同士を結ばれた足は、左右を一まとめにされた状態で後ろへと折り畳まされつま先の金具と厚い革に覆われ握り拳で固定された手の部分の金具を結合することで伸ばすことと同時に振り乱して足掻くことも禁じられてしまった。
手も足も全く動かせない。これだけでも絶望的だ。しかし、男を自分の手に堕とした存在は選択肢を更に奪うためにと抗えない男に黒革のマスクを被せ、革で視界を遮りマスク内側に突き出た張型を噛ませ、男から肉体の自由のみならず視覚と言葉すらも取り上げてしまったのだ。
もう男は、何をされても拒めない。無視されるだけと分かった上で哀願の言葉を飛ばすことすらも叶わない。ありとあらゆる選択肢を潰され、無駄な足掻きすらも満足に出来なくなった男。そんな哀れで惨めな男を作り出した存在はベッドの上に転がる黒に閉じ込められた男の情けない身悶えと呻きを堪能しながら、無防備に露出させた逞しく太い男根に辱めを加え出した。
その非道な存在は隠す物も守る物も無い男根を右手で握り込み上下に擦り上げることで甘い刺激を流し込み、男に望まぬ快楽を、決して絶頂には至れないもどかしさが募るのみの生殺しの地獄を味わわせ始めたのだ。

「んぐっ、むぅ、むぐっ、んぐぅんっ!」

口を塞ぐ張型に歯を立てて淫らに歪んだ悲鳴を発しながら男が幼子のようにイヤイヤと首を振っても、無慈悲な存在は男根を嬲る右手の動きをとめない。どうにかして逃れたいと仰向けにさせられた身をくねらせてみても手足を拘束され過敏な弱点である男根を握られていてはなりふり構わないもがきすらも行えず、男は捕らわれた事実を思い知らせる拘束服が軋む音を立てながら、変えられない苦悶の状況に打ちひしがれ逃れられないという認めたくない事実を認めさせられるしか無い。
自分はもう、巧みに緩急を付けて手を動かす存在に男根を好き勝手に弄ばれ、絶頂には辿り着けない甘い責め苦で射精欲を際限無く増幅させられるしか無い。誇りを捨てて鳴き喚いても許されず、相手の気が済むまでこのまま男根をいたぶられ淫猥に狂わされ続けるしか無い。

「むぐぅぅぅーっ! んぐっ、あぶっ、ふむぅぅぅんっ!」

逃げ場の無い淫獄に恐怖し、拘束からの脱出の為ではなく快楽を散らす為に拘束服入りの肉体をよじらせながら誰にも届かぬ助けての意思を乗せた絶叫を放つ男。その順調に壊れ始めた男を見つめて嬉しそうに微笑んだ残酷な存在は、右手の動きを少しだけ強めて男の射精欲を掻き立てつつ、男の顔に伸ばした左手の親指と人差し指でプスプスと間抜けな音を鳴らして乱れた呼吸を繰り返している鼻を躊躇い無く摘まんで呼吸を閉ざしながら笑みを浮かべ、愉快一色の声音で悶え苦しむ男に言い放った。

「ふふっ、苦しいでしょ、刑事さん? ここからはこうやって鼻を時々摘まんで、もっともっと苦しくしながら気持ち良く苛めてあげる。ずっと年下の僕の奴隷にされたことを心と身体に教えながら、たくさん苦しめて壊しきってあげるからね、可愛い奴隷の刑事さん」
「……っ! んっ! っう……!!」

自分を捕らえた犯罪組織の首領の息子である少年に玩具として与えられ、醜悪な英才教育を受けた冷酷その物の少年に抵抗を不可能にされた肉体を為す術無く躾けられている刑事の男は、二回り以上年下の少年がもたらす解放の無い男根の快楽と呼吸を閉ざされたことによる息苦しさに身を痙攣させ悲痛な唸りをか細く発しながら、自分の持ち主となった少年の興奮と加虐心を余計に膨らませ恥辱を用いた調教の残忍さを知らず知らずの内に引き上げさせてしまっていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示