FC2ブログ

甘く打ちひしがれ男はもがきをやめる

2020.10.17.Sat.21:00
幾ら逞しく鍛え上げられた筋肉質な肉体を持っていようとも、生身の人間である以上頑丈な金属で作られた鎖を引き千切ることなど出来はしない。身ぐるみを全て剥がされた裸体に幾本もの鎖と南京錠を用いた拘束を施された男は、手足の自由を完全に奪われ逃げる以前に腹側を下にして乗せられた台の上から下りることさえも出来ないよう、行動に大きな制限を加えられてしまっていた。

「んぅっ! んぐっ、むっ……ふぐぅぅっ!」

左右の手首と二の腕同士を鎖に縛られ、肘と手首の間の部分を腹部へと鎖で括り付けられた男の腕は、背中で伸ばしたままの状態を強いられ暴れさせることさえも許されない。足首と太ももを鎖で縛られ折り畳んだまま伸ばせなくさせられた足は、その足を縛る鎖に後から繋がれた別の鎖を台の側面に位置する金具へと遊び無く結合されたことで限界まで開かされ、もがかせることすらも不可能にされた。加えて、台の上部に取り付けられている二つの金具同士を結ぶ鎖によって首を押さえ付けられた男は頭部を持ち上げることも禁じられ、身をよじっての拘束との格闘もままならない姿にされてしまった。
手も足も動かせない。頭部を振り乱すことも出来ない。そんな肉体では当然、視界を閉ざす黒革の目隠しと言葉を封じる黒い棒状の口枷を毟り取ることも叶わない。肉体での反抗のみならず視線と言葉での抗いも禁じられた無様な男は、自分を捕らえ拘束を与えた男が残していった無慈悲な器具が生み出す途切れの無い苦悶に為す術無く嬲り倒されるしか無い。
奥深くまでを満たす男根を模した器具を尻穴へとねじ込まれ、器具自身に存在する四つの突起に引っ掛けられた四本の鎖と手足を拘束する鎖を繋ぐことで尻穴から抜け落ちないよう器具をしっかりと固定された男は、どんなに身をくねらせても体内から出て行かない男根型の器具が行う荒々しい首振りによって腸壁を掻き毟られ、意に染まぬ雌の快楽によがり狂わされることしか出来ることなどありはしないのだ。

「んーぅっ! んぐっ、むぅ、ぶふぅぅぅんっ!!」

柔らかな腸内をほじくり回される刺激のみで、男がまた絶頂に達する。望まぬ悦楽にいたぶられた男の穴が小刻みに蠢いて器具を無意識に締め付け、足の間の部分の台に亀頭を擦り付ける形となるよう腹部の下から引っ張り出された男根が抑えきれぬ裸体の痙攣に合わせて生まれる亀頭と台が激しく摩擦し合う悦楽に苦しみながら、すでに淫液と汗でどろどろに汚れた台に色の薄まった精液を噴き出させ台をより淫らに汚す。
だが、尻穴を責め立てる器具の動きはとまらない。自身から伸びたコードによって電力を供給され続けている器具は、男が限界を超えた絶頂に苦悶していることなど意に介さずに駆動し、達したばかりの男の体内を甘く殴り付けて次の絶頂へと追い詰めていく。

「むぐぅぅんっ! んー! んっんっ、ふぐぅぅぅ!!」

全身を縛る鎖を鳴らし、肉体の逞しさとは裏腹な悲痛その物のくぐもった絶叫を上げて、男が再び膨らまされていく射精欲と快楽に恐怖する。もう絶頂させられたくない。イかされたくない。甘い悦びを拒絶する思いで頭を満たしながら、男が鎖で台に縫い付けられた裸体で必死に足掻き尻穴の器具と萎える暇も与えられない男根を揺らしてこの淫獄から抜け出そうと試みる。
しかし、やはり状況は変えられない。頑丈な鎖はビクともせず、尻穴を蹂躙する器具は離れない。それどころか、男の無意味な足掻きは余計に尻穴の器具を動かし過敏な亀頭をまた台に擦り付けるという拒んでいるはずの快楽を増幅させる結果を生んでしまい、男はなりふり構わぬ足掻きは逃げることには全く繋がらず己を更なる悦楽へと追いやってしまうという事実に絶望しながら、先程よりも大きな絶頂に達してしまった。

「んみゅぅぅぅっ! んっ、んぐ! ふぎゅぅぅぅぅっ!!」

大人しく器具にいたぶられていても苦しい。下手に地獄から抜け出そうとしたらもっと苦しい。自分はどうやっても淫獄から脱出出来ず、自分を置き去りにした男が戻ってくるまで一人きりで尻穴での絶頂を迎え続けさせられるしか無い。
残酷な情報を把握し、打ちひしがれながら一切のもがきをやめた哀れな男は、自分に拘束と恥辱を施して去った憎んでいたはずの男の帰りを心から望みながら、たった一人で数え切れないくらいに絶頂を味わわされ快楽と非道な男への恐怖を二度と消えないよう深く深く刻み付けられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示