FC2ブログ

簀巻きの男達は特製の靴で悶絶する

2020.09.08.Tue.21:00
左右の手首を一括りにする黒革のベルトを軋ませ、足首をきつく縛る手の物と同じベルトを鳴らしながら、二人の男は駄目押しとばかりに施される追加の拘束を拒んで必死に足掻いた。固く丸めた布を押し込まれ黒色の強力な粘着テープで栓をされた口で言葉にならない唸りを上げ、拘束のみを身に着けさせられた裸体をなりふり構わずによじらせながら、男達は自分達を捕らえた者達が与えようとする更なる拘束から逃れようともがきにもがいた。
もちろん、手足を封じられている状態で逆らってみたところで効果はたかが知れている。縛られた裸体を酷使し塞がれた口で間抜けに喚きながら紡ぎ出される大した成果も生み出せない惨めな悪あがきなど、数でも勝っている男達にとっては優越感と興奮を掻き立てるだけの滑稽な動きでしかない。
背中で縛られた腕を振りわずかに開くことも禁じられた足をじたばたと動かしても、男達は非道な男達の手を煩わせることさえ出来ぬまま、裸体に再度追加の拘束を加えられてしまった。哀れな男達は裸体に敷き布団を巻き付けられ、その上から手足の物よりも長い数本のベルトをあてがわれ、文字通り手も足も出せない簀巻きの状態へと追いやられてしまったのだ。

「んーぅっ! んむ……んぐぅぅっ!」
「ふぅ、んふっ! うー! むぐぅぅぅ!」

焦りと恐怖を募らせながら裸体を暴れさせても、男達は何一つとして状況を変えられない。
二本のベルトで手足を制限され、厚手の敷き布団と幾本ものベルトで裸体を遊び無く圧迫された男達は、脱出を試みる行動も虚しく床の上でみっともなく転がることしか出来ない。
そんな二人を眺めて黒く歪んだ笑みを深め、興奮に全身を震わせた残忍な男達は諦め悪く拘束との格闘を繰り返す二人を愉しみながら最後の仕上げに取り掛かった。
男達は布団にくるまれた二人の肉体の上にまたがり、座り、手で体重を加えて身じろぎさえも封じながら、二人の無防備な足に靴型の冷酷な機械を装着し始めたのだ。

「はい、捜査員さん達。素敵な靴を履きましょうね」
「んぅ!? むっ、ぐむぅぅ!!」
「潜入任務に失敗した駄目捜査員さん達にぴったりな靴だから、きっと二人共気に入ってくれると思うよ」
「っうぅ! んもっ、むぶふぅぅぅ!!」

布団と男達の身体に阻まれているために、捜査員達は自分の足に履かされている靴とやらがどんな物体かが全く見えていない。それ故に二人は怯えを余計に掻き立てられ、半狂乱になりながら足をめちゃくちゃに動かして靴を拒絶したが当然それは無意味な抗いでしか無く、二人は足の動きをあっさりと制され黒一色の機械仕掛けの靴を自力ではどうやっても脱げないよう南京錠を用いてしっかりと履かされてしまった。
もう、足を振っても靴は離れない。痛みが走ることを承知で足を床に強くぶつけても、頑丈な靴はビクともしない。
様々な選択肢を没収され、為す術無く足を包み込んだ機械に弄ばれるしか無い状況へと追いやられた捜査員達はもはや、自分達を生け捕りにした犯罪組織の望むがままに悶絶の様子を垂れ流すしか無くて、哀れな二人の捜査員は男達が靴の機構を起動させるリモコンを操作すると同時に、無様極まりない鳴き声を発しながら悶え狂わされ始めてしまった。

「んふふふふぅっ! ぶふっ、ふびゅ! んむむむっ!!」
「おぶっ、ふぶぶっ! んー! んっふぐっ! ぐふふふふぅっ!!」
「ふふっ、やっぱり気に入ってくれたねぇ。二人共、涙を流すくらいに笑って悦んでくれて嬉しいよ」
「満足に呼吸出来ない状態で、身悶えて苦しいのを散らすことも不可能にされた状態で足全体をまんべんなくくすぐられるの、愉しいでしょう? もっともっと笑わせて、もっともっと追い詰めて、情報を一つ残らず吐き出せるようになるまで捜査員さん達をたっぷりと愉しませてあげようねぇ……」
「っびゅっ! ふびゅ、ぶぐふぅぅぅ!」
「んむっ、もぶぶぅ! んふっ、ふむ、んもももっ、むもももぉぉ!!」

平静さを保つことさえも叶わない程に苛烈な足への容赦の無いくすぐりの責め苦と、その責め苦によって閉ざされた口で強いられる笑声が引き起こす息苦しさに嬲られ布団越しでもよく分かる程に裸体を痙攣させて悶絶する捜査員達を味わいながら、男達は二人の滑稽な姿を目に焼き付け笑い混じりのくぐもった悲鳴を耳で堪能し、捜査員達がくすぐったさに屈服するまでの過程をじっくりと、救いの手を一切差し伸べずに鑑賞し続けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
大阪在住です。
このシチュはエロです!

管理者のみに表示