FC2ブログ

駄目社員の使い方

2013.07.30.Tue.23:32
「んん…んぅ…」

日もすっかり暮れた、夜。
とある社員寮の一室で、一人の男が呻いていた。

「くふ、んふぅ…」

鼻にかかった喘ぎを漏らす男は、服を着ておらず。その両手は高く掲げられ、襖の上の壁掛けから吊るされた手枷を嵌められていた。
腕を下ろせず、手を使えない男の口には布が詰め込まれ、その上から詰め込まれた布を吐き出せないよう、別の布を噛まされていた。

声を封じられた男は助けも呼べず、呻くしかない。自分を苦しめている淫具を止めたくても、腕は拘束されている。
男の身体には、ローターが貼り付けられていた。
左右の乳首に、一個ずつ。ペニスには、裏側の先端部分に一個、根元近くに一個、合計二個が固定されている。

それらのローターは専用のテープで何重にも貼り付けられており、男が暴れたくらいじゃ剥がせない。
更に男の下の口、アナルにも二個のローターが埋め込まれていて、こちらは抜けないようにアナルプラグで栓をされていた。
全てのローターは、最強の振動で男の弱い部分を容赦無く嬲っている。

「んぉ…んほぉ…!」

男が腰を突き出し、ビクンと痙攣する。絶頂に達したのだが、ペニスからは何も出ない。ローターを固定しているテープの絞め付けで、精液が塞き止められているからだ。
射精を我慢させられている男は、半狂乱になって身悶えする。もう、朝からこの状態が続いていて、男は気が狂いそうだった。

「んも…ふぅ」

男の目から涙が零れた時、男が拘束されている部屋のドアが開いた。
入って来たのは、男を拘束した…会社の同僚の男達。

「ちょっとは、反省したかよ?」

同僚の一人が、男を見ながら言う。

反省。男は同僚達の怒りを買い、今こうして凌辱されている。
遅刻、無断欠勤、会社の備品の持ち帰り、書類の重大ミス。数えれば怒りの原因はキリが無い。
しかし、男に反省の色は見えず、また無断欠勤をした男は部屋で取り押さえられ、今、男は自分の部屋で制裁として性刺激を与えられていた。

「反省してる訳無いだろ? 本当ならとっくの昔にクビになってるのにこいつ重役の親戚だからって好き放題してたんだぜ」

立場にあぐらをかく傲慢な態度も、怒りの一因だ。しかし、今の男は度重なる責めですっかりしおらしくなり、許しを請うように同僚を見つめていた。
だが、それを無視して同僚達は、男の身体に手を掛けた。

「だな、その性格を治す為に、プライドも壊してやるか」
「んぅっ!?」

拘束されていなかった右足、右の膝を抱えられ、持ち上げられる。身の危険を感じ、男は不自由な身体をもがかせた。

「んぅっ、んぅーっ!」
「うるせぇな…大人しくしろ!」

暴れる男の尻が、強く叩かれる。

「んぐぅっ!」

乾いた音と共に痛みが走り、同時に尻の筋肉にも力が入る。
思わずアナルのローターを強く絞め付けてしまい、中を抉られた男は甘い声を上げてしまう。

「ふぅ、んふぅぅ…」
「尻叩かれて感じてんのか。とんでもねぇ淫乱だな」

違うと示したくても、口では言えない。膝をもっと高く持ち上げられても、男は叩かれるのを恐れて震えているだけだ。
やがて、膝にも枷が巻き付けられた。そして、別の壁掛けに繋がれる。これで、男は右足を上げたまま、自分の意思では下ろせない。
大きく広げられた股間を隠す事も、出来なかった。

「うわ…ぐちょぐちょじゃねーか。お前ケツ弄られて汁垂らしてんの?」
「よく見たら床もすげーな。垂れ流しじゃん」

嘲笑混じりの罵倒。男は屈辱を覚えるが、何故か背筋がゾクゾクと震えてしまう。
顔を赤くしている男を見て、同僚は口の布を外してやる。唾液で色を変えた布を引きずり出された瞬間、今まで封じ込められていた喘ぎが溢れ出した。

「あぁぁ…んぁっ! 気持ち良い…イきてぇよぉ…!」
「ん? イきたいって? じゃ、手伝ってやるよ」
「あぅっ!」

手伝ってやる。そう言って同僚はアナルプラグを引き抜き…ローターを入れたまま、指で男のアナルを掻き回し始めた。
その様子を見て、他の同僚が男のペニスの先端を指で擦り、もう一人が尻を叩く。

「あぅっ、あぁ! 痛っ、んぅ! 痛ぐで、気持ち良くて、いやぁ!」

幾ら刺激されても、テープで塞き止められていては射精出来ない。ローターと手、快楽と痛みの責め苦に、男は感じまくって必死に悶える。
男としての尊厳も無く喘ぎ叫ぶ姿に、同僚達は完成を理解した。

「そんなにイきたいのか?」
「は、ひっ! イきたいれふ…俺、をっ、イかせてくらしゃいぃっ!」

その言葉を聞いた瞬間、部屋のドアが開いて人が入って来た。全て社員寮に住む男で、男に対し腹に据えかねていた同僚だ。
その数は十を超えていて、男は目を疑った。

「俺達全員で犯しまくってイかせてやっから、期待しろよ」
「あ、しっかり写真も撮ってやるからな」

犯される、写真を撮られる。絶望的な予告なのに、男の身体は悦んでいる。男には元々、マゾヒストの傾向があったようだ。

こうして会社で疎まれていた男はその身を男根で犯し抜かれ、社員寮の性処理係として、新しい仕事を与えられたのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
ワルイ子をいじめぬくのもたまりませんね…♪(*´▽)
Re: タイトルなし
> ワルイ子をいじめぬくのもたまりませんね…♪(*´▽)

生意気だった子が従順になる様を書く楽しさは病み付きになりますね♪
No title
下剋上ってなんでこんなに素敵なんですかね

管理者のみに表示