FC2ブログ

絶頂も休憩も許されず男は痛みと快楽で躾けられる

2020.07.23.Thu.21:00
背中に回した左右の手首を短い鎖で繋ぐ黒革の枷を装着され、手に握り拳を強制する黒革で作られた鍵付きの手袋を嵌められた男の手は思い通りの行動を取れないよう拘束され、指を使うことすらも禁じられた。手首と同じ枷を巻き付けられ、手首同士を結ぶ物よりも少し長い鎖で結合された左右の足首は走ることを不可能にされ、自身が閉じ込められた地下牢の格子に向かって勢いを付けた体当たりを仕掛けることさえも出来ない状態へと追いやられた。
手足の自由を奪われ、牢屋に入れられた哀れな男。そんな男は今、言葉を封じ舌を噛んでの自害を阻止するために施された黒い棒状の口枷に歯を立て、飲み込めない唾液と共にくぐもった唸りを零しながら、牢屋の奥で拘束具のみを身に着けた裸体を一生懸命に動かしている。
それは、拘束と、監禁された立場からの脱出を求める動きではない。身体の底から湧き上がる淫猥な欲望を鎮めたいという願いを込めての動きだ。
食事に混ぜられた媚薬によって発情を強いられ、精液の生成を促す薬によって射精欲を限界以上に強められた男は、理性を快楽を欲しがる本能に飲み込まれ屈辱の感情を忘れた自慰に耽っていた。それも、牢屋内に設置されたテーブルの丸みを帯びた角に男根を夢中で擦り付けて快楽を得る、無様極まりない自慰だ。

「んぅ、んふぅっ……むぐ、んぶぅっ」

勃起した男根の亀頭を天板で擦り、幹の裏側を角の部分で扱き、精液を溜め込まされた睾丸を自らの先走りで汚れた天板でぐにゅぐにゅと揉み込む男はもはや、自分をこの牢屋に監禁している男が言い付けた射精を禁じる命令を思い出せない。それどころか、その男に対して抱いていた怒りと反抗を思い出すことも叶わない。
絶頂を迎えたい欲に溺れ、心と身体が求めるがままに腰をくねらせてテーブルの角で男根を刺激し続ける。そんな情けない自慰が生み出す求めていた快楽に甘い鳴き声を上げ、震える足を酷使して淫らな幸福を得続ける男は、周囲の様子のみならず今の自分がどれだけ惨めかも分からぬまま悦びに満ちた絶頂へと至り、本当に久しぶりの、待ち望んだ射精に達した。

「むぐぅんっ! んぶぅぅぅぅーっ!!」

一際強く男根をテーブルの角に押し付けながら男が拘束具を鳴らしつつ汗に濡れた裸体を仰け反らせ、濃く量の多い精液をテーブルの上に撒き散らす。自身への食事や、自分を責めるための道具などが置かれるテーブルが淫らに汚れていく光景を潤んだ瞳で見つめ、自分が絶頂に達した事実を改めて確認した男は塞がれた口から溢れ出る荒い呼吸に淫らな興奮を滲ませ、絶頂したばかりだというのに早くも次の射精を欲して男根の硬度を取り戻していく。
そんな男に向かって、背後から声が掛けられた。牢屋の鍵が外され扉が開かれる音にすら気付かずに許可無き自慰に耽り、あまつさえ射精まで行った男に対し、残酷な男はにっこりと微笑みながら穏やかな声音で咎める言葉を放つ。

「あーぁ、イっちゃったね。あれほど勝手に射精したら駄目だって躾けたのに……刑事さんは言い付けが守れない、お仕置きが必要な悪い子だね」
「んぅぅっ!? むぎゅぅぅっ!」

いつの間にか後ろに立っていた自分を監禁して支配する非道な男の声に恐怖を掻き立てられた刑事の男は、怯えに歪んだ絶叫を発しながら振り返りなりふり構わずに懇願を示す。すると、その懇願の唸りを耳にした男は刑事に悟られぬ範囲で優しげな笑みに残酷な色を滲ませると、許しを望む刑事に慈悲を口にした。

「でも、私は優しいからね。今日は好きなだけ刑事さんにおチ○チンを気持ち良くさせてあげるよ。そのまま気が済むまで、いっぱい腰を振っておチ○チンを気持ち良くしなさい」
「んふっ!? む、むふっ、ふむぅぅんっ!」

自慰を許可された。一瞬の困惑の後にその事実を把握した男は、テーブルに視線を戻すと男に見られながら腰をくねらせて男根をテーブルで責め立てるという、刑事としての誇りを投げ捨て人間としての尊厳を忘れ去った自慰に勤しみ始めた。
許しを得た刑事は、もう欲望を抑えられない。この地下牢に閉じ込められた日から溜め込まされた精液全てをひり出さんばかりの激しさで腰を振る刑事はあっという間に二度目の絶頂へと上り詰め、一度目とほぼ濃さも量も変わらない精液を男根から噴き出させた。
その直後だった。

「むぐぁぁぁっ!?」

汗で湿った刑事の右の尻肉が、鋭く打ちすえられる。痛みに叫び驚きながら再び振り向いた刑事に対して、男は尻を叩いた右手を濡らした刑事の汗を舐め取りつつ、穏やかな声で冷酷に告げた。

「こーら、おチ○チンを気持ち良くしても良いとは言ったけど、誰も射精して良いなんて言ってないよ? これはその罰。今度勝手に射精したり、ご主人様の慈悲を無下にしておチ○チンを気持ち良くするのをやめたりしたら、またお尻を叩いて罰を加えるからね? 分かった?」
「ふ、うぐ……!」

目を見開き、刑事は絶望に打ちひしがれながら全身を恐れで震わせる。その恐怖の反応を優先して腰がとまっている刑事に愉悦に染まった表情を浮かべながら、男は左右の手を無防備な刑事の尻肉へと振り下ろし、容赦無くバチンバチンと叩き出した。

「ほら、さっさと腰を振る! 射精を我慢しつつおチ○チンを気持ち良くし続ける! 守れなかったらずっとお尻ペンペンだよ、分かったね!?」
「んー! んぐっ、ふぎゅぅぅっ! もっ、むぶ、ぐぶぅぅぅっ!!」

わずかな休みすら無く射精さえも許されない淫らな地獄へと追いやられ、涙を零しながら腰を振る刑事の悶絶を味わいながら無慈悲な男は動きが鈍る度に尻を打ち、刑事が射精に至る度に尻を打ち、痛みと快楽を用いて刑事を自分に逆らえない存在へと躾け、刑事の奥底に自分が絶対的な主であることを刻み付けていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示