FC2ブログ

発情地獄は刑事達を淫蕩な崩壊へと追いやる

2020.07.06.Mon.21:00
「うぅっ……んむぅぅっ……!」
「ふぅ、ん、ふぐっ……んま、も、おふぅぅっ……」

左右の手首を短い鎖で結合する黒革の枷を嵌められ、その枷と天井の金具を遊び無く繋ぐ長い鎖を施された男達が頭上に持ち上げさせられた腕を必死にもがかせている。手首と同じように左右の足首を密着させる枷を装着され、その枷と床の金具を短い鎖で結わえ付けられた男達が、左右を離すことも床からわずかに浮かすことも叶わないつま先立ちを強いられた足を動かし、衣服を剥ぎ取られたことで露わとなった男根が跳ね回ることもいとわずにどうにかして自由を取り戻そうと試行錯誤を繰り返している。黒い棒状の枷を噛まされ、意味のある言葉を放てなくされた口から飲み込めない唾液を零しつつ誇りを捨て哀願の意思を込めたくぐもった唸りをなりふり構わずに発し、男達は拘束と苦悶からの解放を心の底から望んでいる。
だが、幾ら裸体を足掻かせても男達が求める変化は一向に訪れない。恥を承知で情けなく裸体をくねらせ一生懸命によじらせても頑丈な手足の拘束はビクともせず、二人の肉体は地下室の中央で上下に引き延ばされた状態から抜け出せない。屈辱に震えながら自分達を捕らえ弄んでいる男達に唸りで許しを請うても、無慈悲な男達は滑稽極まりない無様その物の懇願を無言で笑い飛ばすのみで二人が欲しがる苦しみの終わりを決して与えない。
どこにも逃れられない二人の男を取り囲んでいる男達は、投与した強力な媚薬の効果で無理矢理に発情へと追い詰められとめどなく湧き上がる淫欲に屈して快楽をねだる哀れな二人の刑事を醜悪な笑みを浮かべて観察するだけだ。残忍な男達は拉致した刑事達に一切刺激を加えること無く放置を続け、二人の心と身体を気が狂いそうな程の淫らな熱と甘い悦びへの渇望で翻弄し、滑稽な悶絶を目と耳でじっくりと堪能しているのだ。

「んぐっ、ふぅ、ふぶぅぅっ!」
「んもっ、あぶっ、ふぅぅ! んぐぅぅぅんっ!!」

手を天井に繋ぎ足を床に繋ぐ枷と鎖を甲高く鳴らしながら汗に濡れた裸体を男達の前で情けなく踊らせ、勃起させられた男根をめちゃくちゃに振り乱して到底射精には辿り着けない緩い快楽を夢中で得ている刑事達はもう、自分達を嬲って愉しんでいる男達への怒りはおろか、正義としての心さえも思い出せない。全身を疼きに疼かされ、溜まる一方の射精欲に内側から殴り付けられた刑事達はもはや、思考全てを気持ち良くなりたいで支配された惨めな淫乱だ。
隣に仲間がいることを忘れ、媚薬を打たれる前に見せていた反抗の態度も完全に忘れ、言葉にならない声で快感をおねだりしながら腰を揺らめかせる堕ちた刑事達。けれど、男達はすでに陥落を迎えた二人に更なる追い打ちを仕掛けた。最初の媚薬の投与から一時間が経過したのを確認した男達はあらかじめ用意していた媚薬入りの注射器を手に取ると、まだ媚薬の効果が強く残っている二人の裸体にそれを何の躊躇いも無く注入し始めたのだ。

「うぅぅっ!? も、ごぶぅぅっ!」
「うぁ、おぉ……あが、ぶぅぅ……!!」

もちろん二人は恐怖に表情を歪ませ拒絶と懇願を乗せた悲鳴を発しながら注射器から逃れようとした。しかし、淫欲による疲弊をもたらされた上に拘束に行動を制限された身体では逃れられるはずも無く、刑事達は足掻く裸体をあっさりと抑え込まれ、腕に沈み込んだ針を見つめる絶望の表情を悪魔の笑みを浮かべた男達に鑑賞されながら、新たな媚薬を体内に送り込まれてしまった。
過剰に与えられた強力な媚薬。それが生み出す発情は当然、それまでの物よりも遥かに苛烈で、刑事達は追加で注入された媚薬が非情な薬効を発揮すると同時に正気と理性を失ったより無様な悶絶を男達に晒し始め、無意味な哀願を寄せる余裕さえも無いまま生物とは思えない痙攣と愉快なダンスで男達の目を更に悦ばせ、喉が破れんばかりの悲痛で淫らな絶叫を地下室中に響かせて再び輪を作っての観察を開始した男達の耳を一層愉しませ出した。
陥落を超えた淫蕩な崩壊を意味する、発情地獄の到来だ。

「もごぉぉっ! あぶっ、ば、ぼほっ、もぉぉんっ!」
「ふー! ひゅぐぅぅ! んっんっ、んふ、ふぐ、あぐむぅぅぅっ!!」

助けて、許して。そんな当たり前の願望さえ抱けなくなった刑事達が逃げ場の無い淫らな欲望に壊れていく光景を存分に味わいながら、男達は目障りだった刑事達が苦しむ姿に興奮を募らせ、ズボンの中で張り詰めていた男根を更に膨張させ、壊れ堕ちた元刑事達を自分達が所属する組織専用の肉奴隷として飼育しこき使う日々への期待を胸で膨らませていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示