FC2ブログ

教師達は不良生徒に秘密の指導を施す

2020.06.16.Tue.21:00
背中で交差させられた左右の手首を縄に縛られた少年は、手の自由を奪われ抵抗の選択肢を大きく潰された。手首と同じように交差させられた状態で縄に縛られた左右の足首と手首の縄を後から足された縄で結合された少年はすでに思い通りに動かせない裸体を更に制限され、歩いての移動はもちろん手足を振り回すことも不可能にされてしまった。そして、手首を縛る縄に結わえられた別の縄を尻の谷間に這わされ、睾丸ごとくびり出す形で男根へと結び付けられた少年は下手に身体を動かせば縄が男根と尻の谷間に食い込む状況を与えられ、暴れることはもちろん縄からの脱出を求める試みすらも満足に行えなくされてしまった。
手と足、手と男根を縄で繋がれ、無様なもがきすら許されない。そんな哀れな姿に少年を追いやった男達は、抗えない少年に指導と称して淫らな責めを注ぎ、反抗の感情をすり潰して心と身体に屈服を刻み込んでいた。

「んー……んぐ、ふぅ、むふぅぅ……!」

口内に詰め込まれた布を噛み締め、鼻と口をきつく覆う白布越しにくぐもった唸りを発しながら、少年が誇りを捨てた哀願の意思表示を男達に向ける。
しかし、男達は少年の哀願に一切耳を傾けない。非道な男達はテーブルの上に乗せられた裸体を苦しげにくねらせる少年を眺めるのみで、縄を解くことも、少年を淫らな苦悶に導いている媚薬をたっぷり染み込ませた布猿轡を外してやることもしない。男達は取り囲んだ少年を無言で観察し、無理矢理に高められた肉体を襲う抑えきれぬ淫欲に狂う少年に自省を促すだけだ。

「む、ぐぅぅんっ! ふー! ふぅぅぅ……」

固く勃起させられた男根を揺らし、数時間前まで男達を睨み付けていた目から涙を零しながら、体内を駆け巡る逃げ場の無い欲望に追い詰められた少年は言葉にならぬ声で一生懸命に許しを請う。
もう、勝手に寮を抜け出して夜遊びなどしない。酒も煙草もやめる。他校の生徒との喧嘩も行わない。だからもう許してくれ。
強くなる一方の発情に理性を削り落とされながら、不良生徒である少年は態度を改め心を入れ替えると胸で誓う。
だが、少年を数人がかりで捕らえ校舎の地下にある秘密の指導室でいたぶっている教師の男達は、少年に慈悲を与えない。プライドが壊れなりふり構わない哀願を込めた絶叫を放ち出しても、非道な教師達は少年が望む快楽を微塵も与えない。
何故なら、更生の見込みが無いと判断された生徒の尊厳を地に堕とし、人格を淫らに崩壊させ、教師達の従順な肉奴隷として作り変えるのが、この異常な指導の目的だからだ。

「うぐぅぅ! んもっ、むぅぅぅ! ふー! んぎゅぅぅぅぅっ!!」

この学校の狂気を知らぬまま厄介払いとばかりに遠方への転校を強要した父母、夜遊びを咎め説教をしてきた警察官、自分を煙たがる他の生徒達。今まで散々鬱陶しく思い、尊大な態度で扱ってきた者達に決して届かぬ助けてを募らせながら、少年は少しでも淫猥な熱を散らそうと無意味に裸体を踊らせ、限界以上に張り詰めた男根から滲んだ透明な蜜と汗で自身の周囲を汚しつつ、淫欲へと溺れ理性を失いゆく様子で自分の飼い主となる教師の男達を愉しませていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示