FC2ブログ

泥棒少年に淫らなお仕置き

2013.12.17.Tue.08:00
「くそっ、解けよっ!」

民家の地下に作られた部屋で、少年は床に転がった状態で男を睨み叫んだ。
一方睨まれた方の男は涼しい顔をしていて、睨まれている事を全く気にしていない。それもそうだろう、今の少年は男の手によって自由を奪われ、文字通り手も足も出ないのだから。

少年の手首は、大きく頭上に上げた形で首に巻いた縄と結合されている。このせいで少年は首が絞め付けられるのを防ぐ為に暴れる事も上手く出来ない。
そして足は足首と太股を短い縄で繋がれ、足を閉じても恥ずかしい股間を隠せないようにされていた。

加えて、少年は縛り上げられた時に衣服を取り上げられ、全てをさらけ出されている。乳首も、ペニスも、アナルも、男の目から覆い隠せはしない。

「恥ずかしい恰好だね、泥棒君」
「うるせぇっ! テメー、後でぶっとばすからなっ!」

嘲笑われて、少年は悔しそうにして吠える。その怒りに満ちた表情は全ての発端が自分が男の家に空き巣に入った事だと考えもしていない。
反省をすれば見逃してやっても…と考えていた男の思考は、少年のあまりの反省の無さに変わり、それと同時に男のサディストな嗜好にも火を点けた。

「ふーん…そういう事を言うんだ。そんな悪い子には、お仕置きしないとね」
「え…?」

突然に男がチューブを取り出し、中身を自分の右手の指に出していくのを見て、少年は分かりやすく困惑する。
何をされるのか分からず、強気だった表情に少し不安が入り混じるのを男は見逃さず、その不安の色をより濃くするように右手を伸ばした。

「まずは、解してあげるよ。君が気持ち良くなれようにね」
「ひっ…や、めっ」

チューブの中身でぬめった男の指が、少年のアナルの入口を擦る。男の目的を察知した少年は侵入を拒んでアナルに力を入れたが、男の巧みな指は少年の力が緩む瞬間を狙ってアナルを柔らかくし、その上指に付けられていたチューブの中身である薬剤は少年の痛みを和らげてアナルの拡張を手助けしてしまう。

「うぅ、気持ち悪い…っ!」

何とかして逃れようとする少年だったが、男は意地悪に指を動かして逃げをやめさせる。

「気持ち悪いの? なら、ここを擦ってみようか」

言って、男は少年の前立腺を抉った。すると。

「あぁっ!?」

いきなり異物感しか無かったアナルに強い快楽が走り、少年は思わず大きな喘ぎを漏らした。
今まで知らなかった気持ち良さ、内部を擦られて得る悦びに震えている少年を、男は更に感じさせる。

「どう? 気持ち良いだろう?」
「あんっ、あぁ! そんなに強くしたらぁっ!」

何度も何度も前立腺を押し上げられ、少年は拘束された身体をビクビク震わせた。ついさっきまで憎たらしい目付きで睨んでいた目はアナルの快楽を覚え始めた事で蕩け始めていた。

「良い声だね。この調子でもっとお仕置きして、泥棒するよりもずっと愉しい事を教えてあげる…」

掠れた囁きを聞きながら、少年は男の指に感じまくらされ、惨めに悶えて悦楽に喘ぎ続けていたのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示