FC2ブログ

捜査員は自らの足で穴をいたぶらされる

2020.06.10.Wed.21:00
「んっ、んぅっ! ふぅ、ぐぅ! んっ、むぅぅぅぅーんっ……!!」

言葉を封じるためにと口に貼り付けられた黒色の粘着テープごしに甘くくぐもった悲鳴を上げ、男がまた絶頂に達した。
左右の手首同士と二の腕同士を麻縄できつく括られた腕が、男の背中で苦しげにビクビクと震える。左右の足首同士と太もも同士を縄で緩み無く結合された足が、小刻みに痙攣する。台の上でうつ伏せに転がされた男の裸体全体が痛々しく跳ねながら、腹部と台に挟まれた男根からほとんど白の混じっていない精液を数回に分けて吐き出す。そんな限界を超えた絶頂を極めた男は、不完全な射精が終わると同時に無意識に脱力し、台にぐったりと横たわった。
その直後、男の無防備な尻肉に鋭い刺激が走った。容赦無く振り下ろされた手の平が男の汗に濡れた尻肉を打ちすえたのだ。

「うぅっ! むぅぅんっ! うっ、ぐふ、むぅ、んぐぅぅ!!」

非道な尻叩きは一回では終わらない。手を振り下ろす存在は逃げられない男の左右の尻肉を不規則に打ち、男に痛みを注いでいく。打たれ続ける肉が赤く染まり始めても、手の動きは緩まない。苦痛に呻き許しを求めて閉ざされた口で上げられる悲鳴を無視して尻を叩きのめされる哀れな男の苦悶は、加えられ始めた時と同じで突然に終わった。

「んぅー……ふぅ、ぶふぅっ」

叩かれた場所とそうでない場所がはっきりと判別出来るほど執拗に手で打たれたことで真っ赤に染まった尻肉を襲う熱と疼痛に、男はヒクヒクと震え力無く呻いている。その情けなく呻く男に、赤く腫れるまで尻肉を叩き続けた無慈悲な男はニヤニヤと笑いながら悠然と言った。

「捜査員さん? 次勝手に休んだら、今度はもっとひどくするよ? 分かった?」
「んー、むぅーっ」

捜査員は誇りを捨てて自分を弄ぶ男に向かって、怯えに歪んだ分かりましたの唸りを返す。すると、その唸りを耳にした男はまた手を動かし、屈服の反応を見せている捜査員の左の尻を痛みで嬲った。

「返事よりも先に、足を動かす。どんなことがあっても、足を動かし続ける。でないとまたお仕置きだよ、良いね?」
「うぐぅぅ! む、ふむ、んむぅぅ……!」

一方的に下される命令の言葉を耳にしながら、痛みを伴う仕置きに脅された捜査員は言われた通りに足を動かし始める。縛られた足を一生懸命に動かし、足首を縛る縄に繋がれた棒を動かし、捜査員はその棒の先端に取り付けられた男根を模した張型を用いて自分の尻穴をぐちゅぐちゅとほじくり回し、自分を拉致した男の前での惨めな自慰を強いられ出す。
幾ら疲弊しても休息は認められず、絶頂を数え切れない程に迎えて憔悴しきっても自らの足の動きで尻穴を更に嬲らされ次の絶頂を要求される淫らな地獄。そんな地獄に悶え苦しみ、あらゆる尊厳を粉々に砕かれながら淫猥に鳴き叫ぶ捜査員に、残忍な男は笑いながら満足げに言った。

「そうそう、その調子その調子。その調子でもっともっと、自分のお尻を苛めてイきまくりなさい。絶対に休まずに自分の動きでイき狂って、心も身体もぜーんぶ、とろとろに溶かし尽くそうね。捜査員さん?」
「ふぐぅぅ! んー、んむ、むぐふぅぅぅぅーっ!!」

残酷な男から聞かされた淫蕩な崩壊の計画に戦慄しつつ絶頂に至って絶叫する捜査員は、誰にも届かぬ助けてを心の中で無意味に叫び自らの足の動きで自らの尻穴をいたぶらされながら、常に尻叩きの準備を整えている男の前で為す術無く絶頂に達し続けて、男が望む通りの崩壊へと突き落とされていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示