FC2ブログ

淫欲に屈した男は絶頂地獄へと追い立てられる

2020.05.30.Sat.21:30
地下室の壁と一体化している拘束台へと背を向けさせられ、両手両足を十数本のベルトを使って緩み無く縫い付けられた男の裸体はX字に引き延ばされた状態から抜け出せないよう身動きを大きく制限されてしまっている。
これでは、地下室からの脱出はおろか頭部に装着された拘束具を毟り取ることも叶わない。黒革の目隠しと黒い棒状の口枷、そして遮音性に優れた素材で耳を覆い聴覚を封じる器具を黒革のベルトで一つにまとめた拘束具を外したくても、厳重に手足の動きを奪われた男は視界を閉ざし言葉を取り上げ周囲の音を拾うことすらも禁じている拘束具に触れることさえも出来ないのだ。
手も足も使えず、見ることもしゃべることも聞くことも許されない哀れな男。そんな男に取れる行動は、たった一つだけしかない。
それは、拘束を施した者達が残した非道な苦悶に嬲られること。左の腕に接続されたチューブを通して点滴の要領で投与される強力な媚薬によって生み出された発情に追い詰められ一人きりで悶絶すること以外、今の男には何も出来はしないのだ。

「ふぅ……うぐ、むぅ、うぶぅっ」

塞がれた口から唾液と共にくぐもった呻きを漏らして、男が汗に濡れた裸体を苦しげによじらせる。もちろん、どんなに身をよじらせても男は拘束からは抜け出せず、際限無く溜まる甘い熱も散らせない。
手足を背中の拘束台へと括るベルトが肌に食い込み、非道な淫薬を投与している左腕のチューブが揺れるのを感じる度に、男は自分の置かれた立場を再度思い知らされ心を弱らされていく。逃げ場の無い甘い熱に内側から責め立てられ快楽を渇望する本能を掻き立てられる度に男は誇りを壊されていき、屈服を受け入れる思考を、自分を置き去りにした男達が勃起した男根に固定していった薄桃色のオナホールを使用しての自慰を望む惨めな欲を肥大させられていく。
じっとしていても疼いている男根を緩く絞め付け淫らな悦びを味わわせているオナホールの中でめちゃくちゃに男根を擦れば、間違いなくこの甘いもどかしさから逃れられる。けれど、それをしてしまったら自分の正義を捨てることになってしまう。自分を捕らえた悪達に対する敗北を、これ以上無く無様な形で認めてしまう。
快感をねだる心と、悪に負けたくないと考え快感に堕ちることを拒むプライドが、男の頭でせめぎ合う。だが、淫薬が絶えず投与されている以上快感を求める思いは何処までも強くなる。どんなに陥落を拒絶しても、増える一方の淫欲の前ではプライドは結局蝕まれるしか無くて、男はとうとう我慢の限界を迎え本能が望むままに腰を前後に揺らし、床に固定された棒の先端に固定されているオナホールの中で男根を往復させ摩擦がもたらす堪らない悦楽に幸せ色の喘ぎを放ち始めた。

「うぐっ、ふっ、ふむ、むぐぅぅんっ!」

夢中で腰をカクカクと振り、淫猥極まりない粘ついた水音を地下室に響かせながら嬉しそうに鳴き叫ぶ男の思考はもう、気持ち良いの文字で埋め尽くされている。
淫薬に高められ疼きに疼いていた男根を快楽で苛むのが気持ち良い。誇りをかなぐり捨て、獣のように欲に従って快楽を得るのが気持ち良い。目隠しに閉ざされた目から嬉し涙を頬に伝わせ、枷に塞がれた口から蕩けきった嬌声を発し、外部の音を遮断された耳で自らが垂れ流す淫らな声を聞いて欲望を加速させながら一生懸命に腰を揺らしていた男はあっという間に絶頂へと至り、オナホールの内部に白く濁った体液を勢いよく放出させた。

「んふぅぅっ! む! ぐふぅぅぅぅんっ!!」

一際大きな気持ち良いと幸せを心から抱き、腰を突き出した体勢で数回に分けて射精を行った男は、味わった絶頂の余韻に浸りながら脱力しつつ腰を引き、男根をオナホールから抜こうとした。
だが、男が淫欲に屈してオナホールを用いての自慰に耽ると予想していた男達が残した残酷な機構は、男根が逃げることを許さなかった。
オナホールを宙に固定している棒が垂れ落ちた体液の量で男の射精を検知し、床のタイルごとスライドして男の方へと移動し達したばかりの男根を根元まですっぽりと飲み込む。これでもう、男根はどこにも逃れられない。男は腰を必死に動かしても男根はオナホールから抜け出せず、棒を通してオナホールに振動を加えられても、男根は亀頭から根元までをまんべんなく震わされ一方的に流し込まれる快楽に苦しめられるしかない。
淫欲に屈して誇りを忘れた罰と言わんばかりに男は望まぬ快楽に男根をいたぶられ、絶え間無く訪れる絶頂の地獄へと、無慈悲に追い立てられていくしかないのだ。

「ぐぶぅぅぅっ!? んー! んっんっ、むぐっ! あびゅぅぅぅぅっ!!」

射精した直後の男根をいたぶられ次の射精を容赦無く強いられる男の絶叫を聞く者は淫獄に閉じ込められた男以外誰一人としておらず、悶え狂わされる男は悲痛に歪んだ自分の声を聞き、その声がじょじょに甘く崩壊していく過程も耳にしながら、やがて誰にも届かぬ助けてを胸で叫ぶこともやめてイきまくるだけの存在となり、自分を捕らえて地下室に放置した男達の思い通りに人格と理性を甘く瓦解させられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示