FC2ブログ

淫らな少年は視姦の罰に鳴き叫ぶ

2020.05.22.Fri.21:00
床に固定された特製の靴を素足に履かされ、自力ではそれを脱げないようしっかりと鍵を掛けられた少年の足は肩幅に開いた状態で拘束され、閉じたくても閉じられないようにされてしまった。加えて、黒い首輪の後部と頭部の後ろまで持ち上げさせられた手首に巻き付けられた黒革の枷を短い鎖で結合された少年の手は動きを大きく制限され、足の拘束を外す以前に衣服を剥ぎ取られた裸体を覆い隠すことすらも出来ないようにされてしまった。
小ぶりな尻肉の奥で息づく尻穴はもちろん、細い足の間にぶら下がっている幼い男根も丸見えだ。白い肌の上で淡く自己主張する左右の乳首も、言葉を封じるためにと噛まされた赤いギャグボールの穴から唾液を零しながら羞恥に歪んでいる表情も、何もかも無防備に晒されている。
手足を拘束され言葉を封じられた少年はもはや、何をされても拒めない。どんな非道な仕打ちを叩き込まれても、抗うことも叶わぬまま一方的に苦しめられるしかない。
しかし、そんな情けない姿に少年を追いやった男は、少年が覚悟していた責めを一切与えはせず、どこにも移動出来ない少年の前に置いた一人掛けソファーに座り込んで裸体をじっと観察し始めた。何故なら、何もせずに観察だけをすることが少年にとって一番の罰になると考えたからだ。
言い付けを破って自慰に耽り、あまつさえ射精まで迎えた駄目な少年ペット。許可無き自慰を見咎められ一糸まとわぬ裸体に拘束を施されているというのに、お仕置きに期待して発情を加速させていた少年ペット。その淫乱な少年に視姦の罰を与えた男の思惑は狙い通りに的中し、少年は募る一方の発情に内側から苦しみながら、塞がれた口で自慰を心から反省する状態に陥っていた。

「ごひゅ、じん、ひゃまぁっ……も、ゆるふぃへ、ふらはいぃっ……! おはひく、なるぅっ……はふ、へへぇっ……!」

大粒の涙を零し、荒い呼吸と共に不明瞭な謝罪と懇願を紡ぎながら、少年は高まりきった発情に震えている汗塗れの裸体を必死にくねらせ少しでも発情を散らそうと試みている。
けれど、それは焼け石に水でしかない。裸体をくねらせればくねらせるほど、少年の淫らな心と身体は甘く虐げられている事実に興奮を募らせて散らした以上の発情を呼び寄せてしまう。かといってじっとしていても少年は愛しい主である男の視線に炙られることで被虐の悦びを感じ、発情を加速させてしまう。
もう、少年はじわじわと積もる発情に嬲られるしかない。そしてその発情から逃れるためには、主に慈悲をかけてもらうしかない。

「おねがひ、ひまふぅぅっ! もぉ、おにゃにぃ、ひまへん……かっへに、ひゃへーも、ひまひぇんからぁっ……ゆるひへ、くらふぁいっ! ごひゅじん、ふぁまぁぁっ!!」

なりふり構わず、救いを望む少年。発情を愉しむ余裕を失い、気が狂いそうな程に疼く全身を鎮めて欲しいと求める少年。
だが、男は悶絶する少年に向かって笑いながら、慈悲とは真逆の位置にある言葉を残酷に言い放った。

「駄目だよ。何度も言い付けを破った悪いペットはそう簡単には許さないよ? 壊れる直前まで、たっぷり発情させてあげる。その時が来るまでは絶対に気持ち良くしてあげないから、じっくりと苦しんで、反省をしなさい」
「ひゃら、やぁぁっ! ごえんなひゃいぃっ! たひゅけれぇっ! くるぅぅ、くるっひゃうぅぅぅっ!!」

恐怖に歪んだ絶叫を放ち、裸体を半狂乱でくねらせ始めても男は手を出すこと無く静観を続け、聞き分けの無さも含めて心の底から愛している少年ペットが硬く張り詰めた男根を振り乱し全身から汗を撒き散らしながら悶え苦しむ様子を、宣言通り崩壊の直前まで微笑みを浮かべつつ無言で愉しんでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示