fc2ブログ

男は嬉々として青年を淫獄へと引き戻す

2020.05.14.Thu.21:00
床に置かれた箱形の機械から伸びた棒の先に取り付けられている男根を模した張型は、棒を動かす機械の機構を受けて休み無い前後運動を繰り返し、ベッドの上に転がされた青年の尻穴を容赦無くほじくり回している。
二の腕を胸部に繋ぎ背中で手首をきつく縛る縄を上半身に与えられ、足首と太ももを括り足に折り畳んだ状態を強制する縄を施された青年は視界を閉ざす黒布の目隠しの下で苦しげに眉根を寄せ自由を大きく取り上げられた裸体をよじらせながら、尻穴を嬲る張型から逃れようと試行錯誤を繰り返していた。

「あぁーっ! うぁ、あ、はぁぁっ! ひ、ぎぅ……おっ、ほぉぉっ……!」

甘く乱れた悲鳴を飲み込めなくなった唾液と共に口から零しながら、青年がまた絶頂へと追い立てられた。
勃起したまま萎えることも許されない男根から白色がわずかとなった精液がとぷりと溢れ、数十度目の絶頂を強いられた裸体は手足を拘束する縄を鳴らし痛々しい痙攣に合わせて汗を飛ばしている。
誰が見ても、青年はとっくに限界を超えている。しかし、青年は決して諦めること無く無防備な尻穴をいたぶる張型からの脱出を求め、縄に戒められた仰向けの裸体をもがかせている。

「は、ぐぅっ! ほ、おぉ、んぉぉっ! んぁぁぁっ!」

縄拘束と無慈悲な淫具を加えられ一人きりで置き去りにされた時に比べて、張型は確実に尻穴から抜けている。そう自分に言い聞かせながら青年は尻穴の浅い部分のみを抉る刺激にも堪らない快楽を感じてしまう程に過敏にさせられた裸体を必死に動かし、張型とは逆の方向に裸体をずらしていく。

「もう、ちょ、と……あ、と……ひゅこひ、れぇぇぇぇーっ!!」

もうすぐ、張型が尻穴から抜ける。その事実を口にしながら、青年がまた絶頂する。すると、その絶頂によって引き起こされた一際激しい痙攣の衝撃で青年の裸体は更に上へと移動し、とうとう尻穴は絶え間無い張型の凌辱から解放され青年は快楽からの逃亡に成功した。

「あぁ、は、ひ……んいぃ……」

ようやく、淫らな苦しみを遠ざけることが出来た。荒い呼吸を繰り返しつつ、青年は胸に安堵を募らせる。その安堵を味わいながら青年は次は縄からの脱出だと考え、それに向けて呼吸を整え始める。
だが、そんな青年に対し、いつの間にか部屋へと戻ってきていた男は残忍な微笑みを浮かべながら無慈悲な仕打ちを施した。
男は一生懸命に精神と肉体の平静を取り返そうとしている青年の左右の足を縛る縄を掴むと青年を自分の方へと引き戻し、やっとの思いで淫猥な地獄から逃げ出した尻穴に再び張型を飲み込ませてしまったのだ。

「ほぉぉっ!? は、ひぎぁぁぁっ!!」

何が起こったのかを理解することも叶わぬまま青年は絶叫し、尻穴に再度訪れた張型の快楽に屈して硬度を失いつつあった男根を膨らませていく。困惑し、悶絶し、快楽に苦しむ無様な青年を作り出した冷酷な男は努力を無に帰され哀しく喘ぎ鳴く姿に優越感を募らせながら笑い混じりに言った。

「残念だったね、スパイ君。俺が戻ってくる前に玩具と縄から逃げられてたら良かったのにね……可哀想に」
「う、あぁっ! ゆる、ゆるひへ……だ、だじゅ、げでぇっ……!!」

愉しげな男の声を聞き、目隠しの向こうに部屋へと戻ってきた男がいることを把握した青年スパイは裸体を張型へと引き戻されたことへの怒りではなく、恥と誇りを捨てた懇願を口にした。けれど、男はその懇願を受け入れなどしない。捕らえた青年スパイを弄ぶことしか考えていない男は、懇願を却下する言葉と共に青年を絶望に叩き堕とす非道な宣言を浴びせかけた。

「どんなに鳴き喚いても許さないよ? 書類を盗もうとした上に逃げることも出来なかった駄目駄目なスパイ君には、今よりもっともっと気持ち良いお仕置きをして、心と身体をいやらしく壊してあげなきゃいけないしねぇ……」
「ひっ……や、やだ、やめて、ゆるひへ……お願いぃっ! もぉやめでぇぇぇぇーっ!!」

青年スパイが放つ恐怖を露わにした哀願を堪能しながら男は右手を張型を動かす機械へと伸ばして何の躊躇いも無く張型の速度を引き上げ、強まった悦楽と間隔の短くなった絶頂に狂わされる青年の痴態を細めた目で眺めながら、青年の裸体がわずかでも上へと逃げる度に足を掴んで引っ張り張型が尻穴深くまでを掘削し続ける状態を嬉々として保たせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示