FC2ブログ

男は悶絶を五感で堪能する

2020.05.08.Fri.21:00
我々の組織を嗅ぎ回ったことが原因で捕らわれの身に堕ちた探偵気取りの少年。その少年を屈服させる役目を与えられた私は地下室に数時間置き去りにした少年を見下ろしながら、反抗の態度を欠片も失っていない少年に対して感心と呆れを抱いていた。

「うぅっ! あ、おぉぉっ!!」

黒色の棒枷を噛まされた口は意味のある言葉を発せず、唾液と唸りを零すことしか出来ない状態だというのに、少年は口が自由に使えた時と何も変わらない勢いで怒りをこちらにぶつけている。
裸体に這わされた縄の衣服によって二の腕と胸部を結合され、背中で重ねた手首を縛られ、足を折り畳んだまま伸ばせないよう足首と太ももを括られ身動きを完全に封じられた姿で長い時間放置されたというのに、少年は憔悴の素振りすら無く必死の身悶えを繰り返している。
屈辱を与え、尊厳を砕くためにと尻穴を私の指で解され、緩んだ穴に押し込まれた釣り針状の特殊なバイブと口枷を固定するベルトを縄で繋がれ、常に海老反りを強いられた格好でバイブに尻穴を嬲られ続けていたはずなのに、少年の心は弱るどころかむしろ強さを増し陥落を拒む意思を全身から滲ませている。
裸体が汗に塗れ、腸液と快楽に屈して漏れ出た精液による水溜まりが股間付近に作られていなければ、少年が責められ始めてから数時間が経過している事実は信じてはもらえないだろう。そう思うほどに少年は気丈さを保ち、私への敵意を示している。
ここまで絶望的な立場に追いやられ望まぬ尻穴への責めで甘く苦しめられておきながら、精神は陥落とは無縁の状態にある。そんな少年の頑強さに対する感心と、少年の諦めの悪さに対する呆れ。二つの感情を同時に募らせた私はこのタフな少年を惨めに鳴き叫ばせ、征服へと導きたいという欲望を掻き立てられながら少年の近くでゆっくりとしゃがみ、手始めに少年の尻穴と口枷のベルトを繋ぐ縄を一旦解き、それまでよりも短く結び直してやった。

「あぉっ!? が、おぉぉぉっ!」

バイブが尻穴に強く食い込み、枷が口に深く食い込む。それによって少年の裸体はそれまでの浅い海老反りからじっとしていても背骨が軋む深い海老反りを強いられ、無駄な身悶えさえも思うように行えなくなった。
そうして苦しい体勢を少年に与えた私は抗いを完全に封じられた裸体を惨めに震わせる少年に嘲笑を浴びせながら、腹ばいとなっていた少年を反転させ、仰向けに近い格好にさせた。もちろん、口と尻穴を遊び無く繋がれている以上、普通の仰向けには決してならない。私の手で為す術無く腹部を上に向けさせられた少年は縛られた足と頭頂部で裸体を支え、恥部を無防備に私の目に晒す情けない仰向けを取らされ、左右の足を私の手で抑えられたことでその苦悶と恥辱の格好からどうやっても抜け出せなくされた。

「ふぅーっ! うぐ、あぉ……が、おごぉっ……!!」

手も足も出せない。言葉も紡げない。下手に動けば口と尻穴に苛烈な圧迫が生じ、バイブに掻き回されている尻穴と幼いながらも固く勃起した可愛らしい男根は私の視線に観察され続けるしかない。
ありとあらゆる行動を制限され、無様に悶絶するだけとなった哀れな少年。そんな少年を特等席で見つめながら私は痛々しく跳ねている少年の男根に口を近付け、愉快さを前面に押し出した声音で言った。

「ほったらかしにされてる間に壊れてれば、地獄を見ずに済んだのにね。君は今から、この格好で私に見られながらイき続けるんだ。気絶も許されず、射精できなくなっても許されず、二度と生意気な態度なんて取れないよう狂っちゃうまで君はずっとこのままだよ。可哀想にねぇ……」
「むぐぅーっ!? んごっ、あおぉっ……!」

少年が初めて見せた恐怖色の反応を味わいながら、私は少年を今以上に追い詰めて愉しむために口を窄め、逃げ場の無い男根に息を吹きかけ時折舌先でつついて少年を淫らに翻弄させ、滑稽極まりない悶絶を五感全てを使って堪能していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
リクエスト
猿轡に媚薬染み込ませて、鼻まで覆われて強制的に媚薬吸わされる系のお話の新作をそろそろ読みたいです💦

管理者のみに表示