FC2ブログ

男は檻と着ぐるみに囚われる

2020.04.09.Thu.21:00
厚い綿で作られた、茶色い犬の着ぐるみ。その着ぐるみを裸体へと無理矢理に着せられた男は両手両足を窮屈に折り畳んだ状態で固定され、身動きを大きく制限されてしまった。
その上、男は頭部に装着された犬の顔の被り物の内側に突き出た棒を噛まされたことで言葉を封じられ、本物の犬のような声で唸ることしか出来なくされてしまった。
手足を思うように動かせない。しゃべることも叶わない。分厚い着ぐるみの綿に遮られ、周囲の様子を伺うことすら許されない。あらゆる行動を制限された男は、抵抗も逃走も不可能な絶望的な状況へと追いやられている。
しかし、男はそこに更なる拘束を与えられていた。それは、仮に着ぐるみを与えられていなかったとしても脱出を望めない頑丈な金属の拘束。肉体の大部分を狭い空間に閉じ込める、小さな檻の拘束だ。
幾本もの金属棒で作られた格子に締め付けられている男の肉体は、犬が行う伏せの体勢で固められている。肘と膝で身体を支える無様な四つん這いさえ行えず、それどころか身じろぎさえままならない哀れな着ぐるみ入りの男。そんな男に取れる行動は、もはや一つしか無い。それは、嬲られること。着ぐるみの尻尾と一体化している極太のアナルバイブが生み出す容赦の無い首振りに腸内を掻き回され、絶えず襲い来る望まぬ快楽で着ぐるみと檻に圧迫された肉体を痙攣させながら、檻の外に出ている頭部をめちゃくちゃに振り乱す。ただそれだけの行動しか、今の男には認められてはいないのだ。

「んー! うーっ、うぐっ、むー! んもぉぉぉぉっ!!」

くぐもった絶頂を放ちながら、男がまた絶頂する。体積を増したまま元に戻れない男根からほとんど白の混じっていない精液が着ぐるみ内に吐き出され、檻と着ぐるみを鳴らしながら男の肉体が痛々しく跳ねる。
その苦悶に満ちた絶頂の最中にも、疲れと慈悲の概念を持たぬバイブは残酷に駆動し続け、男の尻穴をほじくり回して快楽を叩き込んでいく。追い打ちの快楽を拒む術を持たない男は、休み無く動くバイブに絶頂させられるしか無い。どんなに嫌だと思っても、誇りを捨て自分を厳重な拘束と非道な恥辱の中に置き去りにした男達に対して屈服の意思を込めた哀願の唸りを叫んでも、逃げ場を奪われた男はたった一人でイき狂わされることしか出来はしないのだ。

「ぐぶぅぅぅぅっ!! んもっ、もぉぉ! うー! あむぉぉぉぉぉぉーっ!!」

一際甲高い絶叫を上げながらとうとう不完全な射精すらも伴わない、男根から何も吐き出せない状態での絶頂を迎えても男は淫獄から解放されず、檻と着ぐるみに囚われた肉体を駆け巡る暴力的な快感の波に翻弄されながら、今までの自分を跡形も無く塗り潰され、理性と正気をすり減らされていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示