FC2ブログ

男は許しすら与えられずにイき狂わされる

2020.02.16.Sun.21:00
左右の手首から先を一つに括る形で布を何重にも巻き付けられ更にその上から黒色のガムテープを執拗に与えられた男の手は、背中に回した状態で自由を奪われ指を伸ばすことすら出来なくされてしまった。手と同じように足首から先に布とガムテープを施された男の足は左右をきっちりと揃えさせられた状態から抜け出せず、立つことも不可能にされてしまった。
これらの拘束だけでも、男は手も足も出せない。部屋からの脱出はおろか、ドアノブを回すことさえ叶わない。
すでに男はあらゆる選択肢を取り上げられ、衣服を剥ぎ取られ身動きを封じられた肉体で床に転がるしか無い惨めな状況だ。そんな惨めな男に、男を捕らえた男達は非道な追い打ちを仕掛けた。それは、快楽を用いた淫らな追い打ち。抵抗すらままならない事実で屈辱を加速させながら、雄としてのプライドをズタズタに引き裂く無慈悲な甘い責め苦だ。
手足に布とテープを厳重に巻かれ、思い通りの動きを何一つとして取れなくされた男にその責め苦から逃れる術など無い。数人の男の手で足を床に押さえ付けられ、腕を背中に押し付けられ、肩に圧迫を加えられた男の裸体はうつ伏せの体勢のまま、無防備にさらけ出された尻穴を好き勝手に弄ばれるしか無い。
男達の指で丹念に解され太い異物も飲み込めるように緩められた哀れな尻穴は、休みの概念を持たない極太のアナルバイブが生み出す容赦の無い悦楽に嬲られ、持ち主の意思を無視してイき狂うしか無いのだ。

「あぁーっ! やら、ひゃめへぇぇっ! まら、イぎゅぅぅぅっ! けひゅ、まんごっ、イぐぅぅ! んぁぁ、あひぁぁぁぁーっ!!」

床に縫い付けられた裸体を痛々しく痙攣させ、舌の回らない口で淫猥な絶叫を放ちながら、男がまた絶頂へと押し上げられた。腹部と床に挟まれた男根がビクビクと跳ねながら精液で作られた水溜まりに色の薄まった不完全な精液を混ぜ、絶えず掻き毟られている尻穴がヒクヒクと収縮し暴れ回るバイブを熱烈に締め上げより鮮烈な快楽を男に味わわせる。

「もぉ、もぉっ! いやらぁぁぁぁぁーっ!! だじゅ、げで……イぎだくにゃい! イぎたく、なひっ、のぉぉぉぉぉっ!!」

バイブ表面に生えた無数の醜悪なイボに達しすぎて感度が高まりきった腸壁を残酷に引っ掻かれながら、瞳から大粒の涙を零し口から唾液と共に誇りを捨てた哀願の言葉を飛ばしながら、男は手足を縛られた裸体を必死によじらせて淫獄から逃れようと足掻いている。
その無駄な足掻きを繰り返す男に、淫らな地獄をもたらしている男の一人が問いかけた。笑いを抑えた声で、仲間と視線を交わしながら男は悶え苦しむ男に穏やかに問いかけた。

「そんなにイくのが嫌かい? そんなに、許して欲しい?」
「ひゃいぃぃっ! イぐの、やりゃぁぁ! ゆる、ひへ……ゆりゅじでぇぇぇぇっ!!」

今まで無言で自分を苦しめていた男の一人から向けられた問いに、男は肯定を返す。なりふり構わずに許しを請う無様な男の姿を目にして口角を吊り上げた男は、救いを望む男に命令を下した。

「じゃあ、こう言ったら許してあげるよ。『俺は敵に捕まった上にケツマ○コをほじくられてイきまくる駄目な淫乱捜査員です』って」

自らの口で自分を貶める言葉を吐け。そう命じられた捜査員の男は、躊躇うこと無くその言葉を紡ぎ始めた。
捜査員としての立場を守る余裕など、とっくの昔に消え去っていたからだ。

「お、れはぁっ! つかまっひゃ、上にぃ……けひゅまん、こをぉ、ほじっ……くりゃれ、へぇぇっ!」

これを口にすれば、地獄から解放される。自分の何もかもが汚されていく絶望よりも苦悶の終わりへの悦びを強く抱いている捜査員は、喘ぎ鳴きながら言葉を発していく。
言葉を発する自分を眺める男達の残酷な表情に欠片も気付かぬまま、捜査員は安堵を募らせつつ震える口を動かしていく。

「イぎっ、まくりゅぅっ! だめな、いんっ、らんぅっ!」

あと、もう少し。捜査員は乱れた呼吸を整え、息を大きく吸い、最後の言葉を放とうとした。

「そうさ、いんでっ、んぐぅぅっ!? むぅ、んぶぅぅぅっ!!」

開かれていた口に不意打ちで固く丸めた布を押し込まれた捜査員は言葉を封じられ、意味の無い唸りしか発せなくされてしまった。喋れなくさせた口に男達はガムテープで栓をし、口呼吸さえも禁じていく。
捜査員の涙で霞んだ視界の向こうに悪意を準備し、手早い動きで口を塞いだ男達は顔を驚愕に染める捜査員に対して白々しく続きを促す。

「ほらほら、あとちょっとなんだから言わなきゃ。でないといつまで経っても終わらないよ?」
「許して欲しいんでしょ? 早く言わないと、このままずーっとイきっぱなしだよ? それでも良いの?」
「むぶぅぅぅっ! んふっ、ふぐぅぅっ! うぎゅぅぅぅぅぅっ!!」

自分を拉致しいたぶる男達の言葉を信じて命じられるがままに言葉を放っていた捜査員が発する絶望色に染まった懇願の唸りを堪能しながら男達は一層強く裸体を押さえ付けて身悶えを制限し尻穴のバイブの駆動を強めて尻穴を蹂躙し、捜査員を追い詰める絶頂の間隔を狭めさせていく。

「んー! んんっ! ふーっ! ぶむぅぅぅぅぅぅっ!!」

閉ざされた口で鳴き喚き、鼻からプスプスと音を立てて悶絶する捜査員はやがて心の中で助けてを叫ぶことを忘れ、憎い男達に聞き入れられない懇願を向けることも忘れ、ただただ十数秒ごとに絶頂し男達の目と耳を愉しませるだけの存在へと堕ち、理性と正気を失っていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示