FC2ブログ

男は淫らなお仕置きで奴隷へと躾けられる

2020.01.24.Fri.21:00
一人きりで置き去りにされた地下室の中で、男はベッドの上にうつ伏せで寝転んだ裸体を左右に揺らしている。視界を閉ざす黒いガムテープの下で苦しげに眉根を寄せ、口を塞ぐテープごしにくぐもった唸りを漏らし、背中で重ねさせられた肘から先を縛り左右をきっちりと揃えさせられた足の足首から先を隙間無く包み込むようにきつく括るテープをぎちぎちと鳴らしながら、男は自由を奪われた裸体を一生懸命に動かしている。
拘束を解くためではなく、欲望を解き放つために。自分に拘束を与え地下室に監禁している存在が禁じている射精を求め、男根に刺激を注ぐために男は裸体をよじらせ、ベッドに夢中で男根を擦り付けている。

「んー……んぅ、むぅぅんっ」

両手両足を拘束されているせいで、男はベッドを用いての自慰を上手く行えない。口にテープで栓を施されているせいで口呼吸を行えない男は唯一の呼吸孔である鼻からプスプスと間抜けな音を立て酸欠に陥りながらの自慰に耽っている。
その様子は端から見たら、無様以外の何物でも無い。だが、今の男はもはや自身の姿がいかに情けないかなど全く考えていない。それどころか、男は息苦しさもほとんど感じていない。暴走した欲望に飲み込まれた男は、男根に訪れる快楽を悦び、湧き上がる射精感を追い求めることしか考えられなくなっているからだ。

「うぅっ! うむ、むぅ、むぶぅぅんっ!」

自分を地下室で飼育する存在によって禁止された射精を望み、裸体を惨めにくねらせて自らの男根を絶頂へと追い詰める男の思考は、数日ぶりに迎える精液の放出で隙間無く埋め尽くされている。
勝手に射精を迎えた自分を見られそれを理由にして非道い罰を加えられるという容易に想像が付く未来すら男の意識には欠片も無く、男はベッドを大きく軋ませながら無我夢中でベッドに脈打つ男根を擦り付け続け、とうとう待ち侘びたその瞬間に至った。

「ふぅぅぅんっ! んむ、むぁ、むぐぅぅぅんっ!」

意地悪な責めによって解放寸前で何日も塞き止められていた白い欲望が、男の腹部とベッドのシーツを汚していく。一心不乱に左右の揺れを繰り返していた男の裸体は表面に浮いた汗を飛ばしながらビクビクと痙攣し、痛々しくも幸せそうに身悶えた。
しかし、射精によってもたらされた男の幸福は長くは続かなかった。絶頂の余韻に浸る男に、咎める口調で言葉が浴びせかけられたからだ。

「あーぁ……イっちゃったねぇ、兄貴。途中で俺が戻ってきたことに気付いたら許してあげようかと思ってたけど、最後まで気付かないとはね……言い付けを破った悪い兄貴にはお仕置きだよ」
「んぐっ!? むぅぅぅ!」

聞こえてきた言葉に、自分を地下室で飼い慣らし毎日のように甘く弄ぶ非道な弟の言葉に、男は戦慄する。そうして戦慄する兄の反応を笑って愉しむ弟は、絶頂直後で言うことを聞かなくなっている兄の身体にまたがると、兄の膝の裏に尻を載せる形で座り込んだ。
すでにテープで反抗を封じた兄から身悶えさえも取り上げる位置に腰掛け、無防備にさらけ出された尻肉を左右の手で荒々しく揉む弟は、本心から怯え小刻みに肉体を震わせている兄に向かって、愉快色の口調で残酷な宣言をした。

「もう二度と、勝手に射精なんて出来ないよう躾け直してあげるよ、兄貴。たっぷりお仕置きして、俺の許可無しでイくことがどんなに悪いことか、改めてじっくり教えてあげるからね……」
「うー! むぐぅぅぅぅっ!」

許して、助けて。年下である弟に対して男はなりふり構わずに哀願の絶叫を地下室中に響かせ、誇りを捨てて許しを請うた。
けれど、男のその態度は無慈悲な弟の興奮を加速させる材料にしかならず、許しを欲する男の意思は聞き入れられぬまま弟は兄にお仕置きを開始した。
弟は兄の尻肉を揉み込んでいた手の動きを変化させ、右の人差し指と中指を兄の腸内へと無遠慮に潜り込ませながら左手を高く持ち上げて振り下ろし、柔らかく張りのある兄の尻肉を打ちすえ始めたのだ。
弟の男根で幾度となく貫かれ、雌の快楽を刻み込まれてしまった尻穴を指で掻き回される刺激だけでも堪らないのにそこに尻肉を叩きのめす責めまで足された男はもう、弟の考えに沿ってよがり鳴くだけの存在だ。
手足を縛られた身体では、逃げたくても逃げられない。弟に開発された尻穴では柔らかな腸壁を抉り前立腺を容赦無く押す指に抗えず、射精の我慢すらさせて貰えない。尻肉を打つ手の責めで痛みを確かに感じているのに、弟に躾けられ服従を刻み込まれた男の肉体は尻を叩かれることにすら快楽を覚え、叩かれる度感謝を示すかのように尻穴を満たす弟の指を熱烈に絞め付けてしまう。

「ほら、もっとイきなよ兄貴。勝手にするくらいイきたかったんでしょ? もっともっとイっちゃえよ。何も出せなくなっても終わらせないし、我慢も失神も許さないからな。諦めてイきっぱなしになって、俺の奴隷になったことを思い知りなよ。ケツでイきまくる変態兄貴」
「うぐ、んむっ、ぶぅぅ! ふむぅぅぅぅっ!!」

心を殴り付ける弟の声を聞きながら男は断続的な絶頂へと為す術無く追い立てられ、兄としてだけでなく人間としての威厳を失いつつ快楽と弟への畏怖を改めて教え込まれ、二度と普通の生活には戻れないよう、弟に従い弟の肉欲を解消することを至上の幸福と認識する淫乱奴隷となるよう、自分を支配する飼い主となった弟の手で躾けられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示