FC2ブログ

男達は快楽を拒むために快楽を追い求める

2020.01.07.Tue.21:00
黒い革で作られたアームバインダーを装着された男達の腕は、背中で伸ばしたままの状態を強要され曲げることはもちろん指も使えないように拘束された。その上、そのアームバインダーに繋がれた鎖は地下室の天井に設置された滑車で吊るされているフックへと結ばれており、男達の腕は自由を奪われただけでなく限界まで持ち上げさせられ、暴れさせることすらも出来なくされてしまった。
腕に拘束を与えられ、苦痛を感じる体勢となるよう天井から吊るされた状況は、男達にとって間違い無く屈辱だろう。口に言葉を封じる穴の空いた赤いギャグボールを噛まされ、足首に巻き付けられた黒革の枷と床に打ち付けられた輪状の金具を短い鎖と南京錠で繋がれ、足を開いたまま閉じられなくされたことも相まって、男達は特殊部隊としての誇り以前に人間としての尊厳を痛め付けられるこれ以上無い恥辱を味わって当然の格好へと追いやられている。
しかし、男達が今一番感じているのは快楽だ。男達は今、屈辱と恥辱を塗り潰す程の快楽を感じている。何故なら、特殊部隊である男達を罠に嵌めて生きたまま捕らえ、厳重な拘束を施して自由を奪った犯罪組織の者達が残した仕掛けによって、男達は自らの意思で快楽を追い求めなければいけないよう仕向けられているからだ。

「うっ、うぐぅっ! あぉ、はおぉぉ!」
「ふぅ、ふぐぅんっ! んー! うっうぅぅぅ!」

身動きを制限された裸体をビクビクと跳ねさせ、足の間で揺れる男根から白の薄まった精液を放出させながらも決して休まずに腰をくねらせ、尻穴を貫く形で固定された極太の張型を使って自らの腸壁を掻き毟る。男達をそんな異常な行動に駆り立てているのは、恐怖だ。自ら腰を振って最初に設定した回数の絶頂を迎えた者にだけ今晩の休息を与える、それ以外の者は駆動を始めた張型で一晩中イきっぱなしにさせる、もし時間制限を超えて誰も設定回数に達していなかったら全員が一晩イきっぱなしだ。そう告げられた男達は、自分達を監禁し非道な責めで淫獄に叩き堕としてくる者達に快楽への恐怖を植え付けられた男達は一晩続く絶頂地獄を味わいたくない一心でそれが相手の思惑通りと知った上で腰を振って張型で自身の体内を抉り、自らを絶頂へと追い詰めていた。

「ふぅ、ふっ、んぐ、あぶぅぅぅっ!」
「ふぉ、おぅっ……あむ、むぁぁ、ぶむぅぅぅっ……!」

逞しく鍛え上げられた肉体が痛々しく痙攣し、男根が精液を放出出来ない状態に陥っても、男達は快楽を拒むために快楽を求め続ける。
自分が絶頂した回数も、同じ行動を取っている仲間と協力して地獄から逃げ出そうという思考も、特殊部隊として人間としての様々なプライドも、ありとあらゆる物を忘れて一生懸命に腰を振る無様な男達。
そんな男達の状況に、変化が訪れた。一人の男が設定された回数の絶頂を迎えたのだ。
何も吐き出せない男根を虚しく震わせ、解れきった腸壁で張型を強く絞り上げながら絶頂に至った男は腰振りを再開しようとして張型が少しずつ抜けていくのに気付いた。
表面に生えたイボで男の過敏に高まった腸壁を引っ掻きながら、張型の底と繋がっている壁から伸びた棒が張型を引き抜いていく。そうしてじゅぽんと淫猥な音を立て張型が抜けると同時に、他の男の尻穴を埋め尽くす張型に繋がった壁の棒は全く違う動きを始めた。それまで静止していた棒は前後の動きを始めて男達の尻穴を掘削しながら、時計反時計の回転を行って張型のイボで男達の腸内を不規則に蹂躙し始めたのだ。

「うむぁぁぁーっ!? ぶぅ、あぶぅぅ! むぎゅぅぅぅっ!」
「ほぉぉぉっ! あぉっ、あ、ほぉっ! うぅーっ! みゅぅぅぅぅっ!!」

自分で腰を振るのとは全然違う暴力的な快楽を注がれ、今まで自分を絶頂に追い詰め続けた努力が無となった事実に打ちひしがれながら早くもイき狂い始めた男達。その仲間達の悲鳴を聞き、罪悪感を募らせながらも張型から解放された男は胸に安堵を抱き、勝ち取った一晩の休息に浸ろうとした。
けれど、浸れない。張型が抜け開ききった尻穴はヒクつきをとめられず、拒んでいたはずの快楽をねだって疼きに疼いている。到底心も身体も休められないくらいに激しい尻穴の疼き、それに苛まれる男は仲間とは違う色を持った絶叫を放ち、自分の尻穴を襲う感覚に困惑しながらまた裸体をよじり腰を振りだした。
さっき抜けた張型に残酷な仕掛けが施されていた。その事実に辿り着くことすら出来ぬまま、仲間より多く絶頂し勝利と休息を得たはずの男は張型から少量ずつ染み出していた淫薬によって快楽が無い状態に耐えられなくされた尻穴をパクパクと開閉させながら届かぬ位置に移動した張型を欲して身悶え、イき地獄に苦しむ仲間とは別の地獄に嬲られつつ頭を淫欲に染め上げられていく。

「あぉぉぉっ! ふぅ、ふぎゅぅぅぅ!」
「むぉ、あむぅぅ……うー、ふぅ、んむぅぅぅ……っ!」

達しても達しても終わらない、絶えず動く張型がもたらす絶頂の苦悶。幾ら望んでも手に入らない快楽に悶絶する仲間を眺めながら、たった一人で気が狂う程の疼きに理性を蝕まれる淫欲の苦悶。二種の拷問を別々に加えられ、惨めに悶え鳴く男達は今日も鋭く抱いていた特殊部隊としての正義の心を容赦無くすり潰され、人間としての自分を壊されながら自分達を甘く弄ぶ犯罪組織の男達には逆らえないよう淫らに躾けられるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示