FC2ブログ

快楽と息苦しさで刑事は壊れ堕ちる

2019.12.03.Tue.21:00
「あぁっ! うぁ、あぁ、は、ひぃっ! あぁ、えあぁぁ……っ!」

男根全体と睾丸をまんべんなく刺激する機械の振動に休み無く追い立てられる男は、呼吸を整える暇さえ与えられずに絶頂を強いられ数え切れない程の射精を迎えさせられている。それに加えて尻穴を奥深くまで満たしている男根を模した極太のアナルバイブに体内を抉られ、バイブの表面に生えた醜悪なイボに柔らかな腸壁を掻き毟られている男はもはや、まともな言葉を紡ぐ余裕も無い。だらしなく開かれた口から零れるのは甘く濡れた喘ぎと、飲み込む力を失った唾液だけだ。
達しても達しても許されず、また絶頂を要求される淫らな地獄。その地獄から逃れたい、抜け出したいと、男は快楽に翻弄される心で願っている。だが、どんなに願っても状況は変えられない。地下室の床と一体化している平たい箱形の機械に左右の手首と足首を黒革の枷と短い鎖で繋がれた男の裸体は手足の自由を奪われ、膝と胸で身体を支える体勢から離れることも出来なくされている。
その惨めな姿では、箱の側面から伸びたアームの先にあるバイブに触れることすら叶わない。両手両足を制限された身体では、男根を睾丸と共に飲み込み、根元を絞め付けて引き抜くことを禁じた上で無防備な男根を好き勝手に嬲っている残酷な箱から逃れたくても逃れられない。
箱に手足を繋がれ、男根を捕らえられた哀れな男は尻穴を襲う雌の悦びと男根をいたぶる苛烈な快楽で為す術無くイき狂い、十数秒ごとに訪れる絶頂に淫猥な悲鳴を上げるしか無い。自分を拉致し、身動きを封じ、無慈悲な淫獄を与えた憎い男が目の前にやって来ても、あらゆる選択肢を潰され憔悴させられた男は眼前にある靴を見つめながら獣のような声で許しを請うことしか出来はしないのだ。

「あぅ、あぉぉっ! は、へひぃ……んぁぁっ! うぁ、あぉぉぉぉーっ!!」

悲痛な唸りに哀願の意思を込め、汗と体液に濡れた裸体を痙攣させながら、男は誇りを捨てて責めからの解放を望んでいる。
しかし、どんなに無様な哀願を行おうともそれは無慈悲な男には届かない。それどころかよがり鳴く男を見下ろして笑う男は情けなく救いを欲する様に加虐心を更に加速させ、笑みの黒さを強めながらしゃがみ込み男に新たな苦悶を足していく。
それは、男の頭部に合わせて作られた黒いマスク。頭部全体を覆い、視界を塞ぎ、内側に突き出た張型で口を閉ざす残酷なラバー製のマスクだ。

「うむぅっ!? あぶ、うぁ、おぅぅぅっ!!」

荒い呼吸を繰り返していた口に突然張型を突き入れられ恐怖に歪んだ声を上げた男は、慌てて頭部を振り乱してマスクを拒もうとする。けれど、すでに口の深い部分にまで張型を押し込まれてしまった状況では、顔を振ってもマスクを振り払えない。男は必死に拒絶し、マスクを被せようとする男の手に抗っていたがそれは結局無駄で、男は男の手を煩わせることすら出来ぬまま頭部に新たな拘束を施され、見ることと、口呼吸を禁じられてしまった。

「んーっ! ふぅ、ふぐぅっ! うぶ、ふむぅぅぅ!」

機械で絶え間無い射精へと導かれ乱れていた呼吸は口を閉ざされたことで格段に苦しさを引き上げられた。鼻からプスプスと音を立てて呼吸をしても、全く追いつかない。男は先程までとは比べ物にならない息苦しさを感じ、我を忘れて悶絶している。そんな男を作り出した冷酷な男は、マスクの後部に存在する留め具を丁寧に確認しどんなに顔をめちゃくちゃに振ってもマスクが外れることはまず無いと確信すると、男の絶叫の合間を縫って穏やかな声で追い打ちの宣言をした。

「刑事さん、今から刑事さんのお尻とおチ○チンを苛めてる機械の動きを強めてあげるからね? 今度は近くでずっと見ててあげるから、思う存分苦しんで……私を愉しませてくれよ、刑事さん?」
「んむぅぅぅっ!? ふぅー! ぶむぐぅぅぅぅぅっ!!」

呼吸の苦しさがまた強まることを承知で懇願を叫ぶ刑事のくぐもった声を堪能しながら、刑事を拉致した男は何の躊躇いも無く刑事の腹の下に位置する箱の側面のダイヤルに手を伸ばして右に回し、刑事の男根を飲み込んでいる機械の振動と尻穴を埋め尽くしているバイブの首振りを最大限の物へと変え、酸欠に陥りながらイき狂う刑事が壊れ堕ちる過程を愉快そうな笑みで味わうのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


Adam volume.2【R18版】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示