FC2ブログ

柔らかな肉体は快楽と共に晒される

2019.11.13.Wed.21:00
どんな狭い場所にも身を潜められるように、どんな狭い通路だろうと問題無く通り抜けられるように、そして拘束を施されたとしても抜け出せるように、スパイである青年は幼い時から肉体を柔らかく仕上げてきた。
だが今、捕らえられた青年はその育て上げた身の柔らかさを利用した拘束を施され、屈辱の体勢から逃れられなくされてしまっている。頭上高くに持ち上げさせられた右の足首に天井から鎖で吊るされた黒革の枷を巻き付けられ、左の足首に床の金具から延びた短い鎖の先にある枷を巻き付けられ、右の太ももを抱え込む形となるよう左右の手首に装着された枷と首輪の後部を南京錠で結合された青年は、いわゆるY字バランスに近い体勢を強いられそこから離れられない状態へと追い込まれてしまったのだ。
頑丈な革の枷と金属で自由を奪われた哀れな青年は、衣服を毟り取られた裸体を無様に晒し続けるしか無い。首輪と繋がれた手は丸出しの男根と尻穴を覆い隠したくても覆い隠せず、身動きを封じる拘束を外そうと試みることすら出来ない。せめて口が思い通りに使えれば青年は恥辱から逃れるために舌を噛み切って自ら命を絶てるのだが、スパイとして潜り込んできた青年を捕らえた組織の者達はそれを見越し、青年の口に黒い棒状の枷を噛ませることで言葉と同時に自害をも封じてしまった。
手足の動きを大きく制限され、意味のある言葉も放てなくされた裸体の青年スパイ。敵に捕らわれ、惨めな姿に変えられた情けない青年スパイ。その、これ以上無い羞恥と屈辱に苛まれている青年スパイを作り出した男達は、抗えない裸体に更なる恥辱を与えた。それは、恥部に取り付けられた無慈悲な機械と、衆目に晒される状況。青年の無防備な男根の根元と亀頭近くに巻き付けられた小刻みな振動を繰り返すローター付きのベルトを使って残酷な男達はどこにも逃れられない青年スパイに快楽の責めを加え、望まぬ快楽によがり鳴く青年を組織の者が頻繁に通る建物の中央に位置するホールへと飾ったのだ。

「うぐ、あ、うぅ、ふぅぅっ……!」

数え切れないくらいの敵に、裸体を観察される。数え切れないくらいの指に淫具の刺激で勃起させられてしまった男根を弄くられ、充血してつんと尖ってしまった乳首を捏ね回される。そして、それらの責めに堪らず喘ぎ拘束を鳴らしながら裸体をくねらせる様を笑い飛ばされながら、幾つもの端末で痴態を映像に収められる。
スパイとしてだけでなく、人間としてのプライドと尊厳を容赦無く切り刻む非道な辱めに、青年は我を忘れて裸体をもがかせ狂ったように叫びながら拘束からの脱出を求めている。もちろん、そんなことをしても拘束は解けない。ホールの天井と床に繋がれた左右の足は上下に引き延ばされたままくねるだけ、首輪と繋がれた手はガチャガチャと冷たい金属音を立てながら首への圧迫を生むだけ、叫ぶ口は泡立った唾液を零しながら味方が誰一人としていない事実を青年自身に改めて思い知らせるだけ、青年スパイの必死の足掻きは青年を捕らえて晒し者にした組織の者達の目と耳を悦ばせ、質の高まった娯楽を彼らに提供するだけだ。

「んーっ! んぐ、む、うぅぅっ! ふーっ! ふぐぅぅぅーっ!!」

淫具に嬲られる男根にまたせり上がってくる射精感に怯え、イヤイヤと顔を横に振りながら拒絶の絶叫を放つ青年スパイを取り囲んで愉しむ者達は、視線と手にした端末を射精が予約された青年スパイの男根へと寄せながら全員が愉快に染まった表情を浮かべ、ホールに響く心地良い悲鳴を耳で味わいながらその時が訪れるのを、今か今かと待ち侘びていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


小さなあの子とふたりきりの部屋
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示