FC2ブログ

哀れな男は二種の地獄で乳首を嬲られる

2019.11.07.Thu.21:00
「んーっ! む、うむぅぅっ! ふ、うぐぅっ! むぐぅぅぅぅーっ!!」

口を閉ざす黒の粘着テープごしに甘くくぐもった悲鳴を上げ、視界を塞ぐテープの下で苦しげに眉根を寄せながら、男がまた望まぬ絶頂へと追い立てられた。
頭上で重ねた手首と左右を密着させられた足首を縄で縛られ、それらの縄を地下室の天井と床に打ち付けられた金具へと遊び無く結び付けられた男の裸体が汗を飛ばしながら激しく身悶え、腰を前後に揺らしながら男根から白よりも透明の割合が多くなった精液を放出させる。だが、男を苦しめている存在は責めの手を緩めない。無慈悲な男は逃れられぬ男が無様によがり狂い不完全な射精を迎えても意に介さず指を動かし続け、背後から摘まんだ左右の乳首を執拗に弄んで快楽を注いでくる。
長時間いたぶられた乳首は真っ赤に充血してぷっくりと膨れ上がり、ほんの少し撫でただけでも堪らない悦楽を感じてしまう程に敏感な状態となっている。そんな乳首を休み無く指先で揉み込まれ、くりくりと捏ねられ、強く摘まんで引っ張られている男はもはや、残酷な指の動きに屈して触られてもいない男根から淫液を垂れ流すことしか出来ない。手足を拘束され抵抗を封じられている以上、男は背後にいる男の思い通りに乳首だけでの絶頂を強いられるしか無いのだ。

「ふぅぅっ! んぐ、むぎゅぅぅっ!! うー! ふぶぅぅぅっ!!」

言葉を奪われた口で誰にも届かない助けてを地下室に響かせ、テープによって開くことすら禁じられた目に恥辱と屈辱から来る涙を滲ませ、上下に引き延ばされた哀れな裸体をよじらせながら乳首のみを弄り倒される絶頂地獄。その地獄に憔悴させられ、体力と精液を搾り取られた男は、とうとう限界に達した。
めちゃくちゃに顔を振り乱し、手足の縄を軋ませながら裸体を痛々しく痙攣させ、襲い来る巨大な快楽の波に対する恐怖に染まった絶叫を放ちながら、男はとうとう不完全な射精すらも行えない状態となった。

「みゅ、ぐふぶぅっ!! ん、もぼぉっ……ぐ、ぶぐ……!!」

何も放出出来なくなった男根を虚しく跳ねさせながら先端をパクパクと淫猥に開閉させ、射精が無く解放感も無い故に鈍く長く絶頂に至った裸体を強ばらせていた男は、絶頂の波のほとんどが引くと同時に裸体をくったりと脱力させた。
手首に掛かる負担を考慮する気力も無く、男は天井と手首を繋ぐ縄にぶら下がるように裸体を弛緩させている。男のその様子を目にした背後の男は親指と人差し指で挟んでいた乳首を解放すると、力尽きた男から離れた。
責めを終わりにしてやるためじゃない。疲れ切った男により苛烈な責めを加えるためだ。

「ん……んむ、ふっ……」

乳首から指が離れたことを上手く働かない頭で認識した男は、これで地獄は終わりなのだと安堵している。
閉ざされた視界の向こうで、離れた男が道具を用意している音を聞いても、男は怯えすら抱けない。許しを望み続けたあまりに不穏な音を耳にしてもこれで苦しみが終わりだと無意識に自分へと暗示を掛ける男。その男の心を打ち砕くように、非道な男は淫らに育った男の乳首に筆を押し当て、毛先に含ませた薬品をたっぷりと塗り付けた。
強烈な痒みを塗られた箇所に与える、無慈悲な薬品をだ。

「ぐ、みゅぅっ!? おぶ、ふむぶぅぅっ!!」

乳首に触れた濡れた毛の感触にビクンと身を震わせ、絶望に打ちひしがれながらイヤイヤと顔を左右に振っていた男の様子はあっという間に先程までとは全く違う悶絶姿となった。
うずうず、むずむず、そんな可愛い表現では到底足りない気が狂うような痒みを左右の乳首に生み出された男は脱力していた裸体を再び立ち上がらせ、必死に身をくねらせて乳首を追う筆から逃れながら哀願の唸りを発する。もちろん、哀願を耳にしたくらいでやめる相手ではない。筆を操り薬を塗り込む男は情けない男のもがきを目と耳で愉しみながら左手に握った小瓶の中身である痒み薬を何度も何度も筆に含ませて乳首に与えていく。
そうして丹念に痒み薬を塗り終え、小瓶の中身を空にした男は小瓶と筆を用意した際一緒に用意していた椅子に腰掛けると、悶え苦しむ男を正面で観察し始めた。今度は、男に一切触れること無くだ。

「ん、むひゅ、ぐむぅぅ! んっ、んふっ、ふぅ、ぶむぅっ!」

もう乳首を触られたくない。ほんの少し前まで心からそう願っていたのに、痒みを与えられ脳を直接叩くような激しすぎる疼きをもたらされた今は乳首を触って欲しいと男の全身が喚き散らしている。
けれど、椅子に腰掛けた男は全身から溢れ出るその願いを叶えてやらない。乳首の痒みを誤魔化そうと男が裸体を動かし、無様極まりないダンスを見せてきても男はそのダンスと男の苦悶を味わうだけで立ち上がりすらしない。

「ふぅーっ! うぶ、むっ、むぐ! むぶぅぅぅぅーっ!!」

乳首を触り続けられる地獄から、どんなに望んでも乳首を触って貰えない地獄へと堕とされた男は肥大した乳首と硬く張り詰めたままの男根をぶるぶると振り乱しながらのダンスで鬼畜な男を悦ばせながら心と身体を甘く削り落とされ、男に対する恐怖と服従を刻み込まれた従順な肉奴隷となるよう今までの自分を根本から躾け直されていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


入社2年目藤牧くんがトップ営業マンになれた理由
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示