FC2ブログ

青年は過剰な縄拘束と無慈悲な快楽でお仕置きされる

2019.11.04.Mon.21:00
自分を捕らえた男が所有する屋敷の中で快楽の責めを用いて弄ばれる日々から逃れたい。その一心で実行に移した脱出が失敗に終わり、怪盗である青年が再び囚われの身に堕とされてから何時間が経過したのだろう。
逃げ出そうとした悪い青年に対する仕置きだと称して裸体に厳重な縄拘束と口枷を施され、機械による苛烈な責めで嬲られ始めてから、青年はどれだけの時間絶頂を強いられ続けたのだろう。
二の腕を胴体に繋ぎ背中で重ねた手首をきつく縛る上半身の縄を与えられ、太ももを胴体に結び付ける縄と身体の前で交差させた膝から先を緩み無く縛る縄を巻き付けられ、すでに自由を完全に奪われている腕と足を更に胴体へと結わえ付ける形で縄をぐるぐる巻きに施された青年はもはや、口に噛まされた黒いギャグボールの穴から唾液と悲鳴を零しながら床に置かれた薄桃色をしたクッションの上で絶頂を繰り返すことしか出来ない。ベッドに腰掛けた男に嘲笑を向けられ、縄で尻穴から抜け落ちないように固定されたバイブの動きの強弱を男の気まぐれで不規則に変化させられながら、青年怪盗は甘く残酷な脱出のお仕置きで為す術無く精液を絞り出されるしか無いのだ。

「んーっ! んまっ、ぶ! あぶぁぁぁっ!!」

塞がれた口で悲痛その物の絶叫を放ち、青年がまた絶頂へと追いやられた。過剰なまでの縄に身動きを封じられた哀れな裸体がクッションの上で縄を慣らしつつ小刻みに痙攣し、腸内で暴れるバイブを無意識に圧迫しながら萎えることも許されない男根から弱々しく精液を垂れ流す。
その精液は、ほとんど白の混じっていない不完全な物だ。長時間イき狂わされた青年はもう、吐き出す精液さえも尽きかけている。硬く張り詰めた状態から戻れない男根はじくじくとした疼き混じりの痛みに襲われ、持ち主である青年怪盗に限界を訴えている。

「んみゅぅぅぅーっ! あぶ、ぶぁ、はぶぶぅっ!!」

これ以上快楽を叩き込まれたら、頭だけでなく身体もおかしくなってしまう。そんな恐怖に駆られ、青年は大粒の涙を流している目を男の方に向けながら哀願の想いを乗せた叫びを喉が破れんばかりに放った。
だが、男は青年に許しを与えない。青年の心からの哀願を眺め、耳で聞いた無慈悲な男は反省をし救いを望む青年をより深く反省させるために、右手に握っていたバイブのリモコンを操作した。今まで使わずにいた最強の駆動を行うようバイブに指示を出し、男は青年に許しを請う余裕すらも失う絶頂地獄を味わわせ出したのだ。
ただでさえイきっぱなしになっていた肉体が、強まったバイブの駆動に耐えられるはずも無い。青年はそれまでの蹂躙が優しい物だったと錯覚してしまうくらいに苛烈で荒々しい動きで腸壁を掻き毟られ、堪える意思を挟むことも叶わずに絶頂へと追い立てられ、そのまま数秒ごとに無理矢理イかされる状態となってしまった。

「ふぶっ、あむぐぅっ! あぉ、うぶ、んま、ぐびゅぅぅーっ!!」

助けてを思い浮かべることも出来ない。許しての視線を男に寄せることも出来ない。それどころか、青年はあまりにも激しすぎる快楽のせいで意識を失うことさえも出来ない。
イってもイってもまたイかされ、男根が何も吐き出せなくなってもお構いなしにイかされる残酷な仕置きを叩き込まれる青年怪盗。そんな青年怪盗を笑って眺め、痴態を堪能する男は最強の駆動に設定したバイブのリモコンをベッドの端に放り投げると膝に肘を乗せて上半身を前に乗り出して青年との距離を縮め、理性を削られ反抗心を溶かされながらイきまくる青年怪盗を愉しみ始めた。助けは訪れず味方もいない屋敷の部屋には、男に対する服従を植え付けられながら崩壊していく惨めな青年怪盗のくぐもった悲鳴が一晩中響き続け、男の興奮と征服感を際限無く膨らませていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オオカミサマ -堕-
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示