FC2ブログ

悪魔は天使を愛しい淫乱に堕とす

2019.10.31.Thu.21:00
地上での仕事を終え天界へと戻ろうとする男を襲い、魔界へと連れ去ったのはかつて男の親友であり、男と同じ天使であった悪魔だった。
詳しい話も聞けぬまま親友が天界を追放された事実を知らされ、哀しみと不安を抱き続けていた天使。そんな天使に悪魔と化した親友は非道な仕打ちを加え、自分から決して逃れられぬ上に、絶え間無い恥辱に苛まれる状況を作り出してしまった。
天使の力の源である純白の羽根は、無残にも根元からもぎ取られた。身に着けていた衣服は全て剥ぎ取られ、天使は悪魔が魔力で作り出した檻の中へと閉じ込められた。それだけでも、天使は逃れられぬ絶望に襲われ裸体を晒す屈辱を味わわされている。だが、悪魔はそこに更なる残酷な仕打ちを施した。それは、悪魔が編み出した呪文を用いた仕打ち。天使の下腹部に薄紫に淡く光る魔力の印を刻み込み、望まぬ発情を天使にもたらす淫らな苦悶だ。

一秒たりとも途切れることの無い自身の奥底から湧き上がる淫らな欲望に責め立てられ、意に反して硬く勃起させられてしまった男根を強烈な疼きに嬲られ、とめどない発情に伴って感度が異常なまでに高まった肉体に甘く苦しめられる。そんな状態へと追いやられ、思考と肉体を淫猥に蝕まれ続ける日々を過ごした天使はもはや、天使とは到底呼べない存在へと堕とされてしまった。
もう、天使の頭に天界からの助けを待ち望む発想は無い。檻から自力で脱出し、天界へと逃げ帰る発想も無い。自分を捕らえ、無慈悲に辱める親友に対する怒りと失望の感情は、思い出すことすら出来ない。
淫欲に内側から壊され、自身の全てを侵食された男は天使として生きていた気高き自分を完全に忘れ、檻の中から悪魔の男に向かって一生懸命に腰を振り、男根を振り乱して心の底から快楽をねだる淫乱へと躾けられていた。

「ご主人、様っ! お願いしますぅっ……! どうか、どうか……ご主人様のおチ○ポ様をお恵みくだひゃいぃっ! この、淫乱天使の私に、おチ○ポ様ねじ込んで、不浄の穴を掻き回される悦楽で浅ましくよがり狂わせてくだしゃいぃっ!!」

檻の外から自分を観察する悪魔に恥をかなぐり捨てた懇願を叫び、発情をもたらす淡い紫に光る印を刻まれた肉体をめちゃくちゃにくねらせて飼い主からの性行為を欲しがる天使の男。そんな堕ちきった天使を細めた目で愛しげに眺めていた悪魔は必死で腰を前後に揺らす天使へと歩み寄ると、黒いズボンの前をはだけて熱く膨張した自身の男根を取り出し、その取り出した男根を檻の格子の間に突き入れた。
途端、天使は瞳を一気に蕩つかせ、腰を振っていた裸体を動かして突き出された悪魔の男根の前にしゃがみ込むと、何の躊躇いも無く大きく開いた口で男根を根元までくわえ込み、下品という表現がこれ以上無く似合う表情を晒し音を立てて愛しい男根を幸せそうに刺激し始めた。

「あむっ、ふっ、んむっ、んっ」

檻の格子を左右の手で掴み、それを支えにして顔を前後に移動させて窄めた唇で男根を扱き。悪魔に教え込まれた技術を詰め込んだ巧みな舌の動きで男根全体を丹念に舐め回し。精液を求めて夢中で男根に吸い付く淫乱な男。その天使という存在から遠くかけ離れた舌奉仕の様子を堪能し、羽根を奪った背中に汗が伝う光景と熱烈な舌奉仕に合わせて下腹部で揺れる発情印を愉しんだ悪魔は、絶頂が迫るのを感じ取ると檻の中に入れた右手で天使の汗ばんだ髪を優しく撫で、ご褒美を提示しつつ命令を下した。

「もうすぐ出すから、残さず飲み干せよ? 上手に飲めたら、淫乱天使のお前が大好きな悪魔チ○ポで俺のチ○ポ専用の雌穴を気絶するまで犯しまくってやるよ」
「ふむっ、んむぅぅんっ!」

大好きな精液を飲める上に、男根を挿入して貰える。それを知った天使は一層深くまで男根を口内に飲み込み、決して精液を零さないよう唇を強く絞めながら何時吐き出されても良いように喉を緩め呼吸を整える。
その従順な痴態を目と耳と男根で味わい、快楽と天使への愛情に背筋を震わせながら、悪魔は髪を撫でていた右手で天使の頭を後ろから押して引き寄せ天使の喉奥に精液を放出する構えを取った。

「おぐっ……ん、お……!」

喉の肉をつつく男根にえづきながらも決して男根への舌愛撫を緩めずに精液の放出を待ち侘びる天使を笑って見下ろしながら、悪魔は天界の追放を承知の上で術を生み出し、天界全てを敵に回す覚悟で捕らえた親友を自分だけの愛しい淫乱に陥落させたことに対する充足感を噛み締めつつ天使の口内で男根を跳ねさせ、淫らで欲張りな口に雄の香りを放つ濃い精液をたっぷりと流し込んでやるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


わんわんお父さん3
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示