FC2ブログ

縄で戒められ青年は色狂いへと躾けられる

2019.10.23.Wed.21:00
背中で重ねさせられた肘から先を縄できつく括られ、二の腕同士を遊び無く結合された青年の腕は動きを大きく制限され縄を解こうと試みることさえも困難にされてしまった。
足首と太ももを縄で短く繋がれた青年の足は折り畳んだ状態から離れられず、走って逃げる以前に立つことすらも出来ない。それだけでも逃走は不可能だというのに、青年を捕らえた者達は青年の首と左右の膝を縄で結び、身体を窮屈に丸めた体勢から抜け出せないようにしてしまった。
手足を封じられ、暴れることも禁じられた哀れな青年はもはや、わずかな抵抗すら行えない。今の青年に出来るのは赤いギャグボールを噛まされた口から飲み込めない唾液と聞き入れられない哀願の唸りを情けなく零すことと、剥ぎ取られた衣服の代わりに縄拘束を着せられた裸体を好き勝手にいたぶられることだけ。
テーブルの上に乗せられた無防備な裸体を欲望のままに弄ばれ、人としてのプライドと正義としての誇りを痛め付けられながら、青年は為す術無く自分を捕らえた男達に痴態を晒すしか無いのだ。

「捜査員さーん? またケツの穴がヒクヒク震えてきたぜ? イきそうなんだろ? ケツ穴チ○ポでほじくり回されながら、またイきそうになってんだろ?」
「うぅっ! んむぁぁっ!!」

背後で腰を振り、硬く張り詰めた男根で腸内を掻き回している男が笑い混じりに尋ねる。それに対して青年捜査員は縄で小さく丸めさせられた裸体を痛々しく痙攣させながら首を縦に何度も振り、ギャグボールごしに許しを請う叫びを放った。
もう、青年には捜査員としての立場を守る思考など残されてはいない。恥ずかしい穴を数え切れない程の男根で蹂躙され、雌の悦楽で長時間責め立てられた青年は甘い刺激への恐怖を深く深く刻み込まれており、虚勢を張ることも出来なくなっている。
無様に捕らわれ、縄に身動きを封じられ、性処理を手助けする物のように扱われている状況への怒りも忘れて救いを望む青年捜査員。そんな惨めな青年の裸体の悶えを後ろから愉しみ、無駄な唸りを味わう男は壊れた人形のように振り乱される青年の頭部に向かって残忍な笑みを浮かべると、青年の尻を掴んでいた手を持ち上げ容赦無く振り下ろしながら腰の動きを速め、快楽を拒絶する青年に苛烈な快楽を叩き込み始めた。

「んじゃ、イっちまえよ。ケツマン掻き回されて、ケツをパンパン叩かれながら、みっともない鳴き声上げてまたケツイキ決めちまえよ! 淫乱捜査員!」
「あむぁぁーっ!? ぶぐっ! ふぶむぅぅぅっ!!」

早まった腰の動きで一層激しく腸内を男根で抉られ、それを苦しいと感じているはずなのに気持ち良い。尻肉を男の手で打ちすえられ鋭い痛みを感じているのに、その痛みのせいで筋肉が強ばったことで青年は腸内の男根を余計に絞め付けてしまい、更なる擦り上げに青年は気持ち良さを増幅させられてしまう。
すでに長時間快楽を注がれ肉体が高まりきっていた状態で悦びを無慈悲にも加速させられた青年捜査員は、嫌がる心とは裏腹に我慢すらも叶わぬまま十数度目になる尻穴だけでの絶頂へと追いやられた。

「あぁー……もう三回目なのにめっちゃ出たわ。俺も捜査員さんも気持ち良くなれたし、ケツ叩いて正解だったな。捜査員さんもそう思うだろ?」
「ふぅ、ふぶんっ……んぅ、んふぅぅ」

絶頂の余韻に震えている青年に、男の声は届いていない。今日一番の大きな絶頂を迎えさせられ放心している青年は男根を引き抜かれた尻穴からたった今出された精液が先に出された精液達と混ざり合って溢れてくる事実に羞恥すら抱けず、ぽっかりと開いた淫猥な穴と穴を嬲られる責めだけでまた達した男根が小刻みに跳ねる様子を男達に晒しながら汗と淫液に塗れた裸体をくねらせるばかりだ。
だが、男達は青年に休みを与えない。青年が淫ら極まりない姿を晒し快楽に呆けるほど憔悴していても、男達は捕らえた捜査員の穴に次の男根をねじ込み、青年を次の絶頂へと追いやっていく。

「今度は俺の番だよ。このぐちょぐちょのケツマンで、たっぷり愉しませてくれよな。捜査員さん」
「ふぐ、あぅ……ふっ、ふむ、んむぁぁ……っ!」

目を見開き、言葉を発せない口から苦しげに歪んだ声で助けを望んでも青年のその声は残酷な男達を愉しませる効果しか生み出せず、青年はどうやっても逃れられない快楽に屈して絶頂に至る度に理性と誇りを白く塗り潰され、縄で戒められていなくとも抗わずに男根を受け入れる色狂いへと躾けられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


結んで開いて
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示