FC2ブログ

哀願は踏みにじられ男はイき狂わされる

2019.10.21.Mon.21:00
自らの膝を抱きかかえた状態から抜け出せないよう、黒革で作られた手首の枷と首輪の前部を短い鎖で繋がれた男の腕が無意識により強く膝を抱き寄せながら痛々しく小刻みに震える。左右の足首を鎖で短く繋ぐ手の物と同じ枷を装着され、その足枷の鎖を壁に打ち付けられた金具へと南京錠で結合された男の足が苦しげに痙攣しながら緊張と弛緩を繰り返し、床に置かれた黒いマットに背中のみを預けた体勢を強いられている男の裸体を無様にくねらせる。
自由を取り上げられた裸体を悶えさせたら、自分を捕らえ拘束と恥辱を与えた者達を愉しませてしまう。それを理解していても、男は身体の動きをとめられない。無防備にさらけ出された男根の根元と亀頭に淫具を固定され、指で解された尻穴に男根を模した極太の淫具を押し込まれた男は淫らな弱点を嬲る淫具の責めにどうやっても抗えず、押し寄せる快楽のままに喘ぎ鳴き笑いながら自分を観察する男達の前で裸体をよじらせ惨めによがり狂わされるしか無いのだ。

「あぅっ、あぁぁぁっ! んぎ、ひっ……あぅ、んひぁぁぁぁぁーっ!!」

手足の枷をガチャガチャと鳴らし、甲高い悲鳴を発しながら男がまた絶頂へと追い立てられた。奥深くまでを淫具に満たされ、淫具の表面に生えた醜悪なイボで柔らかな肉壁をめちゃくちゃに掻き毟られている尻穴が絶頂に合わせて収縮し、一層激しく淫具を絞め付けて更なる快感を覚え、達したばかりだというのに次の絶頂へと上り詰め始める。根元と過敏な亀頭に淫具をあてがわれ容赦無く振動させられている男根が、疲れを知らぬ淫具の責めで萎えることも許されずに硬度を保った状態を強制され、射精に至った直後だというのにすぐまた次の射精へと追い詰められていく。
終わりの見えない絶頂地獄。わずかな休憩すら挟まれない拷問のような快楽責め。そんな苦悶を長時間注がれ、吐き出す精液が枯渇するまでいたぶられ続けた男はもはや、プライドを守る余裕すら削ぎ落とされてしまった。
もう、自分を観察する男達に対する怒りは思い出せない。自分の立場と、男達の身分を考え自制を促す思考も残っていない。甘い悦びで弄ばれ、反抗を叩き壊された男はこの淫らな仕打ちから逃れたい一心で身動きを封じられイきまくらされている自分を眺める男達に必死の哀願と懇願をぶつけた。
それは刑事であることを忘れた男の、滑稽極まりない屈服宣言だ。

「もっ、もぉ! ゆりゅじで、くだひゃいぃぃっ! イぐの、やらぁっ!! だじゅげで、くらしゃいっ! おもちゃ、どめでぇ! イぐのっ、とべでぇぇぇぇーっ!!」

ほとんど白が混じっていない透明な蜜を男根から噴き出し、汗と淫液に塗れた裸体を激しく震わせながら行われる哀れな刑事の屈服宣言。それを目で堪能し、耳で味わった男達はお互いに顔を合わせ小さく頷くと、マットの上で身悶える刑事を囲むような位置へと移動ししゃがみ込んだ。
拘束を解いてやるためじゃない。今まで観察するだけだった刑事の裸体に直接触れ、快楽の量を増やすためだ。無慈悲な男達は誇りを捨てて許しを求めた刑事の心を踏みにじり、逃れられぬ裸体に甘く残酷な追い打ちを仕掛け始めた。
それまで放置されていた尖りきった左右の乳首が、指で潰されコリコリと捻られる。足の裏や太ももといった皮膚の薄い場所が、男達の指先でくすぐるようにまんべんなく撫でられる。尻穴で暴れる淫具を握った男の手が予測の付かない動きで腸壁を好き勝手にほじくり、男の指が亀頭を爪で軽く引っ掻きながら男根の淫具を強く押し付け、睾丸を丹念に揉み込みながらむっちりと張った尻肉をまるで楽器のように打ちすえる。
淫具だけでも正気を失い刑事としての自分を捨てるくらいの快楽に襲われていた状況で無情な追い打ちを仕掛けられた男は、哀願を蔑ろにされた絶望と悔しさを募らせつつもそれを口には出来ぬまま、獣のような絶叫を上げて絶え間無く絶頂するイきっぱなしの状態に陥ってしまった。

「あぉっ、ほぉぉぉんっ!? んぎ、ひぎぃぃぃっ! あー! あぉ、はぎっ! おひぃぃぃぃぃーっ!!」

助けても、許しても紡げない。刑事に出来るのは大粒の涙を零し、拘束された裸体を悲痛に跳ねさせながら数秒ごとにイかされることだけ。
嬲られるがままにイき、弄ばれるがままに絶頂に至る。それだけの存在に刑事を堕とした男達は正義が目の前で崩壊に向かっている事実に興奮を加速させながら、抗えぬ刑事の裸体をいたぶり次の絶頂を迎えさせるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


脳イキASMR2
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示