FC2ブログ

教師は屋上でペットにされる

2013.07.27.Sat.23:28
夏休みを迎えた高校。普段とは比べられないくらいの静けさを持っており、今日はどの部活も活動をしておらず校内にはほとんど人がいない。
そんな学校の屋上に一人の教師の男がいた。

「ふぅ…ふぅーっ!」

シャツのボタンを外され、ズボンを脱がされているその教師は、言葉を封じられた口で必死に呻いた。だが、その声は屋上に虚しく響くだけで、誰も助けには来ない。
教師は屋上に設置された貯水タンクに取り付けられた梯子に、屋上の床に膝を突いた状態で縛り付けられ、甘い拷問を与えられていた。

「ふぐ、う…」

教師はそれぞれの手首と梯子を繋いでいる手錠を外そうともがくが、そんな事で鍵が外れる訳も手錠が壊れる訳も無い。
また、腕を下ろしたくても、梯子の足を掛ける部分に阻まれてしまい、教師は手を顔の横にした状態で下ろせなくさせられている。

足首も同じように、梯子に枷で繋がれている。しかし足の枷は手の物に比べて鎖がとても短く、言ってしまえば梯子自体と繋がれているに近い。
そのせいで教師は足を閉じる事を許されず、衣服を奪われた下半身を屋上で露出させられていた。

口には自分が付けていたネクタイを噛まされ、言葉さえも発せない教師。更に教師を拘束した存在は教師の身体に、残酷な玩具を固定していた。
両乳首と、ペニスの先端付近に貼られたローター。アナルにも太いバイブをねじ込まれ、敏感な場所を集中的に刺激されて、教師は腰を振って射精をしたくなる。

だが、教師のペニスには、射精封じの黒い革ベルトが根元に巻き付けられている。その状態では、射精したくとも、出来ない。
誰も来ない屋上で、はしたなく感じて射精で頭がいっぱいになる。

もう…教師はイく事以外考えられない。

「はぐ…んぅーっ…」

ぽろぽろと涙を零して、絶頂を封じられたペニスを見つめていると、足音が聞こえてきた。
教師は怯えて身体を跳ねさせるが、同時に解放を求めて大きく呻いた。

「んぅ、んんっ! ふぅーっ!」
「へぇ、随分と良い表情するようになってんな」

タンクの陰から現れた存在が、快感に打ち震える教師をあざ笑う。
それは、教師を屋上に呼び出し、不意を突いて拘束した…一人の不良生徒。

その不良生徒は、腰を振っている教師を近くに立って見下した。

「すっげぇな、床。アンタが出したエロ汁でびしょびしょじゃん」
「う…」

指摘され、教師は反論の余地も無い。言葉通り、屋上の床は教師が分泌した体液で色を変えていた。

「そんなに気持ち良い? 気兼ね無く感じられるように、俺もう一時間くらいここを離れた方がいいかな?」

とぼけた口調で言われる。普段だったらそのわざとらしさに苛立ちも生まれるだろうが、責め苦から解放されたい教師は、引き止めようと必死でくぐもった声を出した。

「うぅ、んむぅっ! んぐっ!」

相手が生徒だという事も忘れて、憐れに叫ぶ教師。その口から、ネクタイが外される。
溜まっていた唾液がネクタイと淫らな糸を引く。糸が切れる前に、教師は懇願を始めた。

「ふはっ…んもぉ、ゆるひて…お願い、許しへぇ」

荒い息を吐き、許しを請う。お互いの立場なんて考えてる余裕は無い。
だって、このままここを離れられたら絶対に壊れてしまうから。

「何を許して欲しいの? 何を出したいの? 俺バカだから、言われないと分かんねーなー」
「あぅ…もう、この玩具、外して。せーえき…出させてぇ……」

快楽に支配された教師は、ローターを貼り付けられた乳首とペニスを突き出してお願いをした。
惨めで淫らでそそられる痴態に満足した不良は、ズボンから自身のペニスを取り出し、教師の眼前に突き付けた。

「…しゃぶれよ」
「はい…んむ、ふ…」

解放されたい一心で、教師は自分を辱めている生徒のペニスに舌を伸ばした。
大口を開けてくわえ込み、口の中全体を使って刺激した。

そうやって一生懸命に奉仕していると、突然電子音が聞こえた。
驚いて目を上に向けると…スマートフォンを持った手が教師の顔にかざされていた。

まさか。
まさか…!

「おっと、しゃぶるのやめんなよ? もしやめたら、もっとヒデー写真撮るから」

慌てて口を離そうとすると、先にその行動が禁止された。
どうしようもなくなり、教師は舌を動かすしかない。
そうしてペニスを頬張る間も、カメラのシャッターは何度も切られた。

「んむ…んふ」

絶望と淫具の刺激、口に入れた男根の味で教師は考える事をやめ、やがて快感を疑問も持たず受け入れていく。
虚ろな目で奉仕を続ける教師を見て、生徒は完成を確信した。

「ぷあ…っ?」

口からペニスが抜き取られ、手錠と足枷が外された。
生徒は弛緩した身体に回復する暇を与えず、手錠を後ろ手で。足枷を足首と太股を短く繋ぐように鍵を掛け直した。
足を大きく開かされたまま、仰向けに寝かされる教師。無防備な股間、丸見えのアナルから、動いたままのバイブが引き出された。

「うぁ…っ」

長い時間拡げられ刺激されていたアナルは、ぽっかりと開いたまま閉じられない。
そのヒクつく腸壁まで見えている下の口に、生徒は自身のペニスを添えた。
生徒としてではなく、絶対的な主人として。

「俺のペットになって、何でも言う事聞くって誓ったら…俺のチンコでイかせてやるよ」

拘束され、身動き取れず、助けを求める事しか出来ない教師は、誓うしか選択肢は存在しない。

「なる…ペットに、なるから。何でもするからぁ! も…イかせへぇ…!」

どうしようもない破滅を自ら選び、高らかに宣言する。

「よく言えたな…じゃ、イかせてやるよっ」
「んぁぁぁっ!」

止まりもせず、教師改めペットは太すぎるペニスで一気に尻穴を貫かれた。
串刺しにされる感覚。だが、苦しさはなく、犯されているのにペットは悦びで喘いでいた。
しかし、ペットのペニスにはベルトが巻かれたままで、これでは射精出来ない。

「お願いぃ…ベルト、取って。イかせて…」

小さく頼むと、一蹴された。

「何だ? ペットのくせにご主人様より先にイくつもりか?」
「ひっ…! ごめんな、さ…」

怯えて震えるペットを見て、主人はため息を吐いた。

「しゃーねーな、今日は先にイかせてやるよ。ほら」

親指一本で、主人がペニスを縛めるベルトを解いてやった。

「あ、あぁ、あぁっ!」

塞き止められていた体液が、勢い良く出口に集まり。
そして。

「うぁ…! イきまふっ。ごひゅじんさまっ、イきましゅぅぅっ!」

獣を連想させる声を発しながら、ペットは溜め込んだ精液を撒き散らした。

「おーおー、顔にまで飛んでんじゃん。とんだ淫乱だな」

そんな罵倒も、ペットにはもう聞こえていない。だが、そんな事に構わず主人はアナルを蹂躙し続けた。

「夏休み全部使って、俺無しじゃ生きられないようにしてやるから…覚悟しとけよ」

長い夏休みも、一人と一匹の主従関係も…始まったばかりだ。







↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
ありがとうございます💕
自分は教師ものが凄く好きで、気の強い先生を次々とトロトロの受けにしてしまう素晴らしい文章力に感動しました!
シチュエーションとかも凄く好みで大好きです!ありがとうございます💕

管理者のみに表示