FC2ブログ

少年は緊縛され和室に吊り下げられる

2013.11.29.Fri.08:00
広い屋敷の、畳敷きの一室。
外は夜の静けさに包まれている時間に、その少年は喘いでいた。

「あぁ…旦那、様ぁ…」

火照った顔を主人に向け、少年は浴衣の上から縄を巻かれた身体をいやらしくくねらせる。
薄い布の服をはだけさせられ、赤い縄で亀甲縛りを施された少年はその身体を、部屋の鴨居に吊るされ、足の付かない状態で身悶えた。
手首を背中で拘束し、二本の足を丸太のように一括りにしている縄の衣装は、恥ずかしい場所を覆うどころかより淫らに際立たせ。絶え間無い圧迫と縄目の擦れで少年の調教されきった身体を、座椅子に座って眺めている主人の目に晒し、愉しませていた。

「ふふ…宙吊りにされて、嬉しいみたいだね。おチンチンもお尻も、悦んで涙を流しているよ」
「言わないれ…くださいぃ」

自身の淫乱な反応を指摘され、少年は思わず身を捩る。
その度に縄で睾丸からくびり出され完全に勃起しているペニスからは興奮の証である先走りが長い糸を引いて畳に垂れ落ち。持ち手の部分に縄を結ばれ抜けないよう固定されたアナルバイブからは、機械の駆動音とともに腸液が太股を伝っていく。

「あぁ、くぅぅんっ」

全身の自由を取り上げられ、強制的な快楽で感じる身体を観察される羞恥。しかし、少年は縄の絞め付けに苦しみながらもそれを嬉しさに変え。
身動きの出来ない肢体を震わせて、悦楽に浸っていた。
だが、少年はもどかしさを覚えている。それもそうだろう、最後の一線、はしたない絶頂はまださせてもらえてはいないのだから。

「んうぅっ…だんなひゃまっ! イかせてくださいぃぃっ…!」

不安定な身体を揺すって、少年はペニスを突き出した。アナルへの刺激だけで射精出来るよう育てられた少年だったが、今日はペニスの根元に縄を結わえられてしまった。
どんなに頑張っても熱い体液は縄で縛られたより先に進む事は無く、射精への渇望だけが少年の肉体には溜め込まれていく。
拘束を解かれる事ではなく、精液を放出する事を心から望み、唾液を溢れさせてお願いをする淫らな少年の痴態に主人は少年が命令に抗えなくなったのを確信し、立ち上がって耳元で囁いた。

「なら…は……です…って言いなさい」

流し込まれた台詞に、少年の赤く上気していた顔が更に朱に染まった。
口に出すのも躊躇う淫語。それでも、解放される為には主人を満足させるその言葉を言わなければならない。
少年は幾度か唇を舐めて覚悟を決め、濡れた唇から淫語を紡ぎ出した。

「僕は…っ、身体中を縄で緊縛されて宙吊りにされて感じまくる淫乱で変態な男の子でふぅぅっ! どうか、淫乱な僕をもっと縛って、はしたなくおチンチンから精液を出させてくだしゃいぃぃっ!!」
「そこまで言われたら、仕方無いね」

まるで少年自身が考えて口にしたかのように振る舞い、主人は新たな縄を取り出し。

「んあぁぁっ、これ、しゅごいぃっ」

少年の足の縄に新たに取り出した縄を結合し、海老反る形で足を持ち上げて鴨居へと繋いでしまった。
これによって少年は床と平行になって吊り下げられ、赤くふくらんだ乳首とビクビクしているペニスがぶらぶらと揺れる身体に合わせて可愛く淫らに前後する状態になる。

「どう、気持ち良いかい?」

体勢が変わり、アナルに押し込まれたバイブがより容赦無く敏感な内部を掻き回す。それだけで少年が痙攣する程に快感に狂うのを知りながら、主人はペニスと同時に乳首までも嬲り始める。

「きもちいっ…れふぅっ! んあぁっ、イく、イっぢゃっ、イきたいでしゅぅっ!」

弱点を連続で、何箇所も責め立てられ、少年は愛しい主人に与えられる悦楽に酔いしれ、身悶えて縄を軋ませた。

「正直だね。ご褒美に、射精させてあげるよ」

微笑んで、主人は少年のペニスの先端を撫でて、根元を縛めている縄の結び目を解いてやった。

「んあっ!? でりゅ! しぇーえきでりゅぅぅぅぅぅっ!!」

突然の解放に驚きながらも、先端に集まる熱い流れに少年は舌を突き出して歓喜し。

「んあぁぁぁぁぁんっ!!!」

主人の目の前で大量の精液を畳へと吐き出し、ぐったりと脱力した。

「こら、まだ休んで良いって言ってないよ? 私は満足してないんだから」

意地悪く言って、主人は少年の鼻先に自身のペニスを差し出す。
ようやく訪れた射精の余韻で呆けていた少年だったが、主人のペニスを目にすると一生懸命に首を伸ばしてくわえ込み。

「んむっ…だんなひゃまの、おチンチン…っ」

舌を這わせて、熱烈なご奉仕を開始した。

「そうそう、その調子だよ。上手く出来たら、これをお尻に入れてあげるからね」
「ひゃいぃっ…がんばりまふぅぅ」

トロンとした目つきでぴちゃぴちゃとペニスを舐め回す少年は、大好きな主人に縛り上げられ、可愛がられる悦びに幸せを感じ、バイブを含んだアナルをきゅんきゅん絞め付けていた。
結局その夜、少年は一晩中喘がされ、朝になるまで寝かせてはもらえなかったのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示