FC2ブログ

器具に繋がれ男は淫らに尋問される

2019.07.07.Sun.21:00
鉄棒のような形状をした器具が、地下室に一つ設置されている。普通の鉄棒より持つ部分が二回り以上太く、そこに黒いスポンジ製のカバーが取り付けられているそれは、もちろん鉄棒として作られた物ではない。
その器具が地下に設置された目的は、尋問のため。その器具に裸体に剥いた者を厳重に縛り付け、嫌でも常に羞恥が煽られる体勢を強要した上で無防備にさらけ出された恥部をいたぶり情報を吐き出させるためだ。
今日も、捕らわれの身に堕とされた哀れな男が裸体を器具に拘束され、甘く無慈悲な責めに苦しめられている。丸出しの尻穴に挿入されたアナルプラグと、男根の根元と亀頭の下に巻き付けられた黒いベルトと一体化しているローターの刺激から逃れたくても、男の裸体は逃れられない。鉄棒型の器具の棒の部分に幾本もの黒革のベルトで括り付けられた左右の腕は真横に伸ばしたまま曲げることさえ叶わなくされてしまっている。その上、大きく持ち上げさせられた左右の足を先にベルトで括られた腕の上から同じようにベルトで拘束されてしまった男の裸体は宙に浮いた状態で完全に移動を禁じられ、必死に身をもがかせても自由を取り戻せないばかりか見せ付けるように恥部を突き出した情けない格好から抜け出せもしない。
手と、足の動きを大きく制限された無様な男はもはや、自分を捕らえた男の思い通りにいたぶられるしか無い。縛られた手足を無意味に暴れさせながら、言葉を奪い舌を噛んでの自害を禁じる為に装着された赤色のギャグボールの穴から飲み込めない唾液と甘く歪んだ絶叫を噴き出させながら、男の手で恥部に与えられた淫らな機械達が生み出す責めに追い詰められるしか無い。
決して絶頂は許されない残酷な快楽責めを執拗に注がれ、思考を屈辱と射精への渇望で埋め尽くされても、逃れる術と拒絶の術を奪われた男はただただその責めに苦悶し為す術無く理性と正気を削ぎ落とされていくことしか出来はしないのだ。

「ふぅーっ! うぐ、むぅ! んも、もぼぉぉっ!」

尻穴を塞いでいるプラグと男根に巻かれたベルトのローターが激しく振動し、男を絶頂へと追いやっていく。意味のある言葉を発せなくされた口から甘い悲鳴を上げて器具に繋がれた裸体をよじり、近付く射精に期待して男は無意識に腰を前後に揺らす。
そんな惨めな反応を見せる男の様子を正面から観察していた男は望まぬ快楽によがり狂う男に満足げな笑みを浮かべると、頃合いを見計らって左手に握っていたリモコンのダイヤルを、右の親指と人差し指で摘まんで操作した。それは、男の身体を絶頂へと向かわせている快楽を無くし、絶頂を取り上げる無慈悲極まりない操作。今日だけで数えても十数度目の、射精をお預けする操作だ。

「うぅっ、むぁ、おぉぉぉーっ……!!」

あと少しでイける。そのタイミングでまた快楽を没収された男は、射精寸前で放り出された肉体を苦しげにビクビクと跳ねさせながら自分を弄んでいる男を涙に潤んだ目で見つめた。

「うぅ、んむ、ぶぁぉっ……!」

その視線がどんな感情を込めて向けられているのか、嬲る男には分からない。一生懸命に射精をおねだりしているのか、それとも怒りを乗せた睨み付けの視線なのか、分からない。
しかし、そのどちらだったとしても男には何の関係も無い。何故なら、まだ視線を向ける余裕がある以上、射精を寸前で取り上げる責めを終わらせる選択肢は無いからだ。
口枷を外すのはもちろん、情報を吐くよう迫るのも、もっともっと苦しめて余裕を無くさせてから。そんなことを心で考え、顔に黒い笑みを浮かべた男は先程左に回したダイヤルを再び右に回し、停止させた淫らな機械達をまた駆動させ始めた。

「んふっ、むっ、むふっ、んんぅっ!」

頭部を仰け反らせて淫猥に鳴き叫び、縛り付けられた手足を震わせながら腰をカクカクと前後に揺らめかせて再度加えられ出した快楽に悶える男の痴態を眺めて愉しみながらも残忍な男はリモコンとダイヤルから手を離さず、次のお預けを与える瞬間を愉快そうに細めた目で見定めていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


未踏快楽~玄人ゲイポルノ俳優の受難
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示