FC2ブログ

ヒーローは淫薬と鞭で淫猥な肉体へと堕とされる

2019.06.03.Mon.21:00
床と一体化している機械に左右の手足を飲み込まれ、二の腕から先と太ももから先を柔らかな薄桃色のクッションできつく締め付けられた男は手足の自由を完全に奪われ、四つん這いに近い体勢から離れられないよう裸体を固定されてしまった。加えて、男の頭部には視界を塞ぎ、呼吸を制限するチューブが接続された黒の全頭マスクが被せられておりこれによって男は周囲の様子を伺うことを禁じられ、チューブ内に流し込まれる淫らな薬品混じりの空気を用いた呼吸を強制されてしまっている。
敵に捕らわれ、意識を失っている間に施された拘束は男から抵抗と逃走の選択肢を奪い、見ることを封じた上で呼吸の度に肉体を為す術無く淫らに高められる状況を作り出している。それは、どうやっても自力では抜け出せず、淫らな屈辱を常に味わわせる無慈悲な責め以外の何物でも無い。
これ以上無い、絶望的な状況。だが、男はそんな状況置かれながらも決して諦めずに裸体をもがかせている。床のクッションに飲み込まれた手足を引き抜こうと力を込め、吸入させられた淫薬の効果で勃起させられた男根を揺らし汗に濡れた裸体を苦しげにくねらせながら男は希望を捨てずに暴れ、チューブを繋げられた口で助けを欲する唸りを一生懸命に放っている。

「うぅぅぅぅっ! んむっ、うぐ、ぐふぅぅぅっ!」

ヒーローとして、悪を許さぬ一人の人間として責めに屈して敗北したくない。そんな思いを込めて足掻き続ける男。
しかし、ヒーロースーツを取り上げられた身体に幾ら力を込めても手足は床から抜けない。めちゃくちゃに騒いでも、助けはやって来ない。
やって来たのは、一人の男だけ。ヒーローである男を生け捕りにし、屈辱の拘束と淫薬による恥辱を与えた憎い敵の男だけだ。

「ヒーローさん、さっきからうるさいよ? 大人しくするつもりが無いなら悪いヒーローさんに罰を加えちゃうけど、どうする?」
「むふぅぅぅっ! ぐぅぅっ!!」

黙れ、今すぐ拘束を解け。大人しくするつもりなど無いヒーローの男は、背後から聞こえてくる敵の声に苛立ちを募らせながら反抗の意思を込めた唸りを発した。
もちろん、その唸りは何の効果も無い。隠す物の無い尻穴と情けなく張り詰めた男根を見られながら怒りをぶつけても、敵の男は愉快な笑みを浮かべるだけだ。

「聞き分けの悪いヒーローさんだねぇ。これは、とびっきりの罰を加えてあげないとね」
「ふぅ、むぅぅっ……!」

粘ついた声音で苛烈な罰を加えると宣言した敵からの責めの訪れを察知し、ヒーローの男は身を強ばらせ衝撃に備えた。
痛みを覚悟し、裸体を身構えさせる男。そんな男の姿を堪能しながら敵の男は右手を素早く振り下ろし、手にしていた鞭でヒーローの尻肉を打ちすえた。
ヒーローの男が覚悟している物とは全く違う、痛みでは無い鋭い苦悶を流し込むために、敵の男は鞭で無防備な左の尻を叩きのめしたのだ。
尻肉に、激しい衝撃が走る。その衝撃は男の裸体を電流のように駆け巡り、男に甲高い悲鳴を上げさせた。

「んむぅぅぅぅぅんっ!?」

それは鞭で打たれたとは到底思えない、甘い快楽に歪んだ淫らな悲鳴だ。尻を叩かれたのは間違いないのに、ヒーローの肉体は痛みでは無く快楽に震えている。尻肉に跡が残り普通であれば耐えがたい激痛が訪れているはずなのに、男は尻に残された鞭の跡からにじみ出るような悦楽を覚えている。
あり得ない自分の反応に驚き、困惑しながら裸体をくねくねとよじらせるヒーローの男。そんな男に、敵の男は笑い混じりの声で言った。

「たっぷり嗅がせてあげた薬で、すっかりいやらしい身体になったみたいだね。ちゃんと薬が効いてるのも分かったし、それじゃあ本格的な罰を始めようか」

言い終わると同時に、敵の男は鞭を容赦無く振るいヒーローの尻を乾いた音を立てて叩きのめしていく。
バチンバチンと痛々しい音が響いているのに、全く痛くない。それどころか気持ち良い。ヒーローの男は訪れた異常な快楽責めに悶え狂い、ついさっき見せた反抗の態度が嘘のように鳴き叫び、尻を叩かれながら早くも絶頂を何度も迎え男根から白く濁った体液を分泌している。

「むぅぅーっ! んっ、んぐっ! むぐぅぅぅぅぅーっ!!」
「良い鳴き声だね、もっともっと聞かせてみてよ。薬で作り変えられた身体を鞭で罰されて無様にイき狂わされているヒーローの悲鳴で、僕をもっともっと愉しませてごらんよ!」
「もぎゅぅぅぅっ! んー! んぶぅぅぅぅぅーっ!!」

休み無く振り下ろされる鞭で絶頂へと追い詰められるヒーローは襲い来る快楽の波に絶叫しながら、口内に流し込まれる残酷な薬品入りの空気を乱れた呼吸に合わせてより多く吸入し、痛みを快楽として感じる敵の男好みの淫猥な肉体へと、二度と元の身体に戻れなくなるまで堕とされていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


美しく燃える森
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示