FC2ブログ

少年達は男を捕らえ快楽で好き勝手にいたぶる

2019.05.26.Sun.21:00
「んむぅぅぅぅぅっ!! うぅっ! うぐっ、むぶぅぅぅぅぅっ!!」

口を閉ざす黒色のテープごしにくぐもった悲鳴を発しながら、男がなりふり構わずに裸体をもがかせ無我夢中で哀願の意思表示を行っている。しかし、裸体を幾らもがかせても男の望む状況の変化は起こらない。二の腕と手首、足首と太ももを括る形で口の物と同じテープを施され手足を折り畳んだまま伸ばせないように拘束された裸体をもがかせても男は逃れられない。見開いた目から涙を零し塞がれた口で救いを求めても、男を拘束して責め立てている少年達は慈悲を欠片も見せない。
油断した男が見せた一瞬の隙を突いて襲いかかり、衣服を剥いで口と手足に自由を奪うテープを与えた少年達は許しを請う男の唸りを聞いて笑みを濃くしながら、布団に仰向けに寝かせた男の手足を押さえ付ける手の力を強めつつ無防備にさらけ出された男の性の弱点を代わる代わる好き勝手に弄り回すばかりだ。

「むっ、んむぅぅぅぅっ! ふぐ、ぶ、うむっ、むぐぅぅぅぅっ!!」

少年の指に左右の乳首を転がされ、捻られながら引っ張られる甘い刺激。少年の手に包み込まれ容赦無く男根を擦り上げられる悦楽の波。そして、尻穴に潜り込んだ少年の指に腸壁を掻き回され、特に過敏な前立腺を抉るように押し上げられる雌の快感。あらゆる責めに追い詰められ、男は何度も何度も絶頂を迎えさせられていた。
乳首は真っ赤に充血して尖りきりじんじんと痺れている。男根は萎える暇も無く射精を要求され続け、もはやほとんど白の混じっていない透明な体液を絶頂の度に噴き出させる状態となっている。尻穴は蹂躙されて解れきり、嬲られ始めた頃が嘘のように指にしゃぶりついて熱烈な締め付けを返すほど淫猥に蕩けさせられてしまっている。気持ち良くなりたくないのに、どこもかしこも気持ち良くて堪らない。遥か年下の少年達にいたぶられ良いように扱われているのに、身体は淫らな悦びを嬉しがり拒絶する男の心を無視してもっともっと気持ち良くなりたいと叫んでいる。
このまま甘く苦しめられ続けたら、おかしくなる。今までの自分を壊されてしまう。そんな恐怖を募らせ、男は少年達に向かって再度哀願の唸りをぶつけた。

「むぐぅぅぅっ! んー! んっんぅぅぅぅーっ!!」

訪れた絶頂に目を剥き、全身を痙攣させながら発せられる哀願。その哀願を聞き、押さえている手足の震えを感じ、乳首と男根の脈動と尻穴の収縮を堪能する少年達は一生懸命に放たれる許しを請う男の声に視線を交わし合うと、男の口を塞いでいるテープの手を伸ばし男の言葉を解放してやった。

「ぷぁっ、は、ひっ……んぁ、あぁ……ゆりゅ、ひて……もぉ、もぅ、イかせないれぇぇっ……!!」

汗と唾液で濡れたテープが痛みをほとんど生まずに剥がされた瞬間、男は乱れた呼吸を繰り返しながら快楽責めの終わりを欲した。そんな男に、少年達は残酷な笑みをあらゆる方向から浴びせながら、愉快な声音で問いかけた。

「もうイきたくないんですか? 許して欲しいんですか? 先生?」
「なら、俺達専用の性処理道具になるって誓ってくれたら今日はもうイかせないであげますよ。どうします、先生?」
「今日俺達が満足するまでイき狂わされてくれるなら、この合宿中はもちろん帰ってからも先生に二度と手は出しませんよ。好きな方を選んでくれて良いですからね」
「そ、んな……!」

壊れるまで弄ばれるか。肉奴隷として使われる日々を送るか。どちらかを選べと自分を嬲る生徒の少年達に宣告された男は絶望に表情を歪めている。その問いかけが遠回しに絶対に服従させるという生徒達の宣言であると気付かぬまま、哀れな男は絶望に打ちひしがれている。なんと答えれば良いのか、どう言葉を紡げば許されるのか。快楽に疲弊させられた脳で考える男を快楽を注ぐ手の動きをとめ無言で眺めていた少年達は、突然に手の動きを再開して男に先程以上の快楽を叩き込み始めた。
笑い混じりに紡がれる残酷な言葉を男に浴びせ、自由にさせた口を再び、今度は男から剥ぎ取ったボクサーパンツを詰め込むことで塞ぎながら、少年達は男の乳首と男根と尻穴をいたぶる責めをより苛烈な物にしたのだ。

「はい、残念。時間切れですよ、先生」
「どっちも選ばなかったんで、俺達の好きなようにしちゃいますからね」
「今日は気絶しても許さずにイかせまくってあげます。先生が俺達に逆らえないように躾けて、写真とかの弱みも握って、先生を俺達だけの肉便器にしちゃいます。選ばなかった先生が悪いんですから、潔く諦めてくださいね?」
「むぎゅぅぅぅぅっ!? うぶっ、ぶむぁぁっ! うー! うぎゅっ、ふぅぅぅぅんっ!!」

口内に押し込まれた自身のパンツを噛み締めながら、生徒である少年達に捕らわれ裸体を淫らに殴り付けられながら、男は教師という自分の立場も年上としての威厳も忘れて押し寄せる快楽に屈して絶頂に次ぐ絶頂を迎え、合宿のために訪れた山奥の建物の中に誰にも届かない助けての鳴き声を響き渡らせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


満員電車でぐちゃぐちゃにされてる男に、欲情してる俺。(1)
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示