FC2ブログ

狼は鞭を振るい虎を陥落させる

2019.05.20.Mon.21:00
天井に打ち付けられた金具から伸びた太い鎖と、床に打ち付けられた金具から伸びた太い鎖の先にある赤い革で作られた枷。その浮いているような状態となっている枷を全身のあらゆる箇所に巻き付けられた虎獣人の男は逞しく鍛え上げられた裸体を腹側を下にしたうつ伏せの体勢で宙吊りにされ、完全に身動きを封じられてしまった。
真横に伸ばされた腕は、手首と肘、そして二の腕を上下から鎖で固定する枷によって拘束され曲げることすら叶わない。腕と同じように真横に伸ばされた足は足首と膝と太ももを固定され、閉じたくても閉じられないようにされている。これだけでも自由を奪うのには十分すぎるというのに、虎を手の内に堕とした存在は虎の首と胸部と腹部にも枷を巻き付け、更に視界を閉ざす赤い革の目隠しと口を塞ぐ金属製の棒枷から伸びた鎖の先にある枷を虎の太くしなやかな縞柄の尾へと装着し、虎の裸体を厳重に制限してしまった。
手足は全く思い通りに動かせない。見ることもしゃべることも出来ない。目隠しと口枷に遊び無く結合されているせいで虎は尻尾を動かして拘束から抜け出す糸口を掴むことも叶わない。
あらゆる選択肢を潰され、屈辱の格好で吊るされた虎はもはや自分を捕らえた者の欲望のままに弄ばれ辱められることしか出来ない。
無防備にさらけ出された尻穴と男根に強力な媚薬を仕込まれ、発情期を誘発させる残酷な薬品を注射され気が狂いそうな程の淫欲と恥部の疼きに苛まれても、虎は疼きに疼いている尻穴をヒクヒクと収縮させパンパンに張り詰めた男根を情けなく振り乱しながら体内で暴れ回る快楽への渇望を少しでも誤魔化すために吊るされた裸体を惨めにくねらせるしか無いのだ。

「うっ、うぐぅぅ! むっ、ふぶっ、あぉ、むおぉぉぉっ!!」

口枷に歯を立て、飲み込めない唾液をぼたぼたと床に垂らしながら、虎は悲鳴を上げて身をよじり続ける。その必死の身悶えが苦しみを解消することには繋がらず、余計に肉体を渇かせ快楽が欲しいという感情を増大させていくだけと理解していても虎は理性を蝕む発情に耐えきれず、吊られた裸体をくねくねと無様に踊らせている。
終わりの見えない甘い地獄に心と身体をいたぶられる哀れな虎獣人。そんな虎獣人の元に、一人の狼獣人が現れた。軍服を身に纏い、白銀の体毛を持ち、嬉しそうに舌なめずりをしながらわざと大きな足音を立てて虎に歩み寄るその狼獣人は虎を手中に堕とした存在であり、敵国の軍における要人である虎を淫らに嬲り屈服させて情報を引き出す役目を与えられた立場の男だ。

「うーっ! うぐっ、むぅぅぅぅぅんっ!!」

足音に気付いた虎が自分の立場を捨て誇りを放り投げた哀願の唸りを向けてきても、狼は当然それにすんなりと応えてはやらない。狼は男根を揺らして一生懸命に快楽をねだる虎に侮蔑と嘲笑の表情を向けると、虎を今以上に追い詰めるための責めを開始した。
右手に握っていた先が平たい板になっている鞭を虎の左の尻に向かって振り下ろし、恥を捨てて甘い悦びを欲しがった虎に仕置きを加えるかのように鋭い痛みを叩き込んだのだ。

「むぎゅぅぅぅぅっ!? うぶっ、あがっ、あおぉぉぉ!!」

尻を打ちすえられる痛みに、虎が悲鳴を上げながら裸体を小刻みに跳ねさせる。その裸体の動きはしばらくすると収まり尻肉の痛みが和らぐ頃、虎はまた無意識に発情を散らそうと裸体を動かした。
その瞬間、再び狼の手が動き虎の尻に鞭が振り下ろされた。また痛みに襲われ鳴き叫ぶ虎に、狼が笑いながら言う。

「勝手に動いたら鞭だからな? 叩かれたくなかったら、大人しく吊るされてるんだぞ、良いな?」
「うぐ、むぶぁぁ……!?」

体内に渦巻く淫らな欲望を一時的に対処する身悶えさえも禁止された虎が、絶望に歪んだ唸り声を漏らす。その唸り声の最中にも虎は思わず腰を振ってしまい、今度は右の尻肉が鞭に襲われた。

「あぐぅぅぅぅっ!!」
「動くなって言っただろ? 物覚えの悪い虎だねぇ」
「あぶ、ふむぁ、うぅぅぅ……!」

限界を大きく超えた発情に悶え苦しむ虎が我慢しきれずに裸体を動かす様子と、尻肉を打たれた痛みで発せられる虎の叫びを愉しみながら、狼は自らに与えられた虎への尋問という役目を果たすため淫らに熟れた虎に罰の鞭を振り下ろし、左右の尻肉を気まぐれに責めて虎の心と身体を陥落させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


愛玩天使、売ります!! 【R18版】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示