FC2ブログ

男達は気が済むまで箱入り刑事を嬲り倒す

2019.05.15.Wed.21:00
左右の手首と二の腕をきつく縛る縄によって男達の腕は背中で伸ばした状態で拘束され、曲げることすら叶わないよう動きを制限されてしまっている。足首とすね、そして太ももを括る縄によって男達の足は左右をぴったりと付けた状態から離れられず、走ることはおろか立ち上がることすら困難な状態へと追いやられてしまっている。
手足を厳重に縛り上げる縄。男達にそれを与えて身動きを封じた男達はすでに満足な抵抗を行えない惨めな格好となっている二人の裸体に更なる拘束を施した。それは手首の縄と足首の縄を短く繋ぐ縄と、口を塞ぎ言葉と呼吸を制限する黒色をした強力なテープだ。
ただでさえ思い通りに動かせない手足を新たに追加された縄で結合されてしまった男達の裸体は、緩い海老反りの体勢を強いられてしまっている。手に力を込めてみても、それは縄で繋がっている足首を引っ張るだけ。足に力を込めてみても、手首に縄が食い込む痛みを生むだけ。どうにかして縄を解こうと指をあれこれ動かしても、縄の結び目は全て指が届かない位置に作られており男達はどんなに頑張っても縄を緩ませることさえ出来ない。
そんな情けない姿では当然、口に貼り付けられたテープをを剥がして言葉と口呼吸を解放することも出来ない。自分達を捕らえた男達が向けてくる嘲笑と侮蔑のこもった視線から逃れることも許されない。何より、二人仲良く閉じ込められた強化ガラスの箱から抜け出すことも不可能だ。
捕らえられ、裸体に剥かれ、自由を奪う縄を与えられ箱に閉じ込められた哀れな男達はもはや、いたぶられるがままにいたぶられ為す術無く辱められるしか無い。箱の中に絶え間無く流し込まれる精液の匂いを付けた媚薬ガスを呼吸の度に嫌でも吸入させられ、雄の淫臭に鼻腔を犯されながら望まぬ発情に狂わされることしか出来はしないのだ。

「んー! んむ、むぐぅぅぅっ!! うふっ、ふぅ、んむふぅぅぅっ!!」
「うっ、うぅぅぅっ!! むー! むぐっ、んむっ、うぶぅぅぅ!!」

縄をギシギシと軋ませ、箱を大人の腰ほどの高さで支える台をガタガタと揺らしながら男達は自分達を観察している男達に潤んだ目を向けつつ、無我夢中で救いを求めて哀願の唸りを放っている。
だが、二人を愉しむ男達は誰一人としてそんな二人の願いに応えてやろうとはしない。男達は淫臭と媚薬の効果に嬲られ無様に歪んだ二人の表情を堪能し、狭い箱の天井に触れることも出来ない惨めな裸体が少しでも発情を散らそうとして行う身悶えを堪能し、箱の下側から台の透明な天板ごしに二人の裸体を眺め箱の底と腹部に挟まれている勃起しきった男根を堪能するのみで男達は慈悲を欠片も見せない。むしろ、男達は悶え苦しむ二人を更に追い詰め狂わせる為に箱の中に淫臭を放つ媚薬を流し込む機械を気まぐれに操作し、逃げ場の無い箱の中にいる二人を好き勝手にスマートフォンなどで撮影し、二人から没収した警察手帳に載っている顔写真と今の情けない顔を比べて笑っている。それらの残酷な仕打ちを嬉々として加える男達に慈悲の心は全く無い。男達は自分達の手に堕とした刑事達を気が済むまで嬲り倒すことしか考えていない。
刑事達の心が砕け身体が屈しようが男達に刑事を許すつもりは無いのだ。

「むぅぅーっ!! んむ! むっ、ぐむぅぅぅぅんっ!!」
「うっ、ふぐぅぅっ! んっ、んっんぅぅ! むぅっ! ふむぅぅぅっ!」

刑事としての誇りと人間としての尊厳を捨てて懇願を繰り返す刑事達は自分達が壊れても男達は自分達を解放するつもりが無いという無慈悲な事実を知る由も無いまま無意味に許しを請い、淫臭が満ちた箱の中で高まりきった裸体を無駄にもがかせ、男達の目を悦ばせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


おもてなし調教エステ~仁侠ヤクザ陥落事変~【短編】3
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示