FC2ブログ

お仕置きはリクエストに沿って加えられる

2019.05.03.Fri.21:30
いつも通りの金曜日の夜に、いつもと同じように缶ビールを片手にパソコンを操作しお気に入りの生中継が行われているページにアクセスした男は、一瞬操作を間違えたのかと自分の目を疑った。だが、何も間違ってはいない。そのページは確かにいつもアクセスしているお気に入りのページだ。
違っているのは、画面に映し出されている映像。いつもは猫のマスクと猫の足を模したグローブとブーツを裸体に着け、尻穴に尻尾付きのアナルパールをくわえ込んだ男が一人で自慰を行っているのだが、今日は違う。猫の飾りを身に着けた男の隣には、衣服はそのままに犬のマスクだけを被った男がいる。その上、いつも生中継を行っている方の猫の男はグローブの上から手首に黒い革で作られた枷を嵌められ、腕を頭上に持ち上げられた状態から下ろせないよう縄で吊るされ拘束されてしまっている。
一体今日は何が起こっているのだろう。興味と疑問を思考に浮かべながら身動きと抵抗を封じられた猫の男の丸出しの男根と裸体のくねりを観察する画面の前の男。そんな男の方に向いた犬の男は、カメラの下側に身体を動かして一瞬映像から消え、すぐに映像の中へと戻ってきた。消える前には持っていなかった、一枚の小さなホワイトボードを手にした状態でだ。

犬のマスクの男はカメラに向かってそのホワイトボードを見せる。そして、そこに書かれている文字を読んでくれと言わんばかりに右手の人差し指で文章を指差す。
その動きを見た画面の前の男は、無意識に身体を前に乗り出して目で文字を追いかけた。いや、男だけでは無い。同じようにこの生中継を視聴し、普段と違う猫の男の姿に興奮を募らせている男達全員が、目の前の画面に顔を近付けてホワイトボードの文字を読む。
そして、読み終えるやいなや、男達はキーボードに手を伸ばし文字を入力し始めた。欲望に満ちた、淫猥なリクエストを込めた文字だ。

映像が表示されている部分の右隣に、生中継を見ている者達が打ち込んだ文字が勢いよく流れていく。『無防備な脇をしつこくくすぐられて苦しそうに身悶えているところが見たい』『乳首だけをたっぷり苛めて欲しい』『気絶するまで射精』『お尻叩き百回』『尻尾を入れては引き抜くの繰り返し』次々と流れる文字を目で追い、予想を大きく超える形で思い通りの展開となった事実に男は犬のマスクの下で嬉しそうな笑みを浮かべるとホワイトボードを再び床に置き、立ったまま行動の自由を大きく奪われた猫の男の後ろに回ると視聴者側には届かない音量で囁きながら左右の手をゆっくりと動かした。

「先輩、じゃ早速リスナーの皆さんのリクエストに応えていきましょうね。まずは最初の方に流れたくすぐりの奴からいってみましょうか」
「うふっ!? むっ、むぅぅぅんっ!」

猫のマスクの下に施されているいつもの生中継時には装着されていない布の猿轡ごしにくぐもった悲鳴を上げながら、先輩と呼ばれた男はイヤイヤと顔を左右に振って手の枷を外そうと暴れる。しかし、どんなに暴れても手の枷は外れない。万歳をするように持ち上げさせられた腕は幾ら動かしても枷とロフト部分に設けられた木製の柵を遊び無く繋ぐ縄を軋ませるのみで自由を取り戻せず、男は背後にいる後輩はもちろん、カメラの向こうにいる視聴者達の視線からも逃れられない。
男は床に転がっているホワイトボードに書かれた『会社の後輩として今からエッチな先輩にお仕置きします。コメントでリクエストして、一緒にお仕置きを手伝ってください』の文字通り、男は後輩の手と、後輩に促されてコメントを入力する男達によって淫らにお仕置きされ、嫌というほどに悶え苦しめられるしか無いのだ。

「もうすぐくすぐりの開始ですよ、先輩。この綺麗に脇毛が処理された脇をこしょこしょくすぐってあげますから、見てる人が愉しめるようしっかり笑いまくりましょうね、先輩」
「んーっ! んぅ、むぐぅっ! うむぅぅぅぅっ!!」

ネットを使った淫らな遊びを後輩の男に暴かれ、口止め料として甘く淫らに弄ばれることとなった哀れな男へと加えられるお仕置きは生中継を視聴する男達と協力する形で長時間行われ、システムに阻まれてそれ以上中継の延長が行えなくなるまで男は肉体を容赦無く責め立てられ、望まれるがままに苦悶の様子をネットに晒し続けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


抵抗のまなざし
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示