FC2ブログ

男は快楽と暗闇の中に取り残される

2019.04.11.Thu.22:00
床に固定されている男根を模した極太の淫具に下から貫かれた尻穴を掻き回され、根元と亀頭のすぐ下に巻き付けられた黒いベルトと一体化しているローターに男根を振動させられ、クリップ型のローターで強く挟み込まれた左右の乳首を震わされながら、男が何十度目かも忘れた絶頂へと追い立てられた。

「んぅぅぅーっ!! んぐ、むぅ、むぶ! ぶふぅぅぅっ!!」

固く丸めた布を押し込まれ、その布を吐き出せないようにと黒いガムテープで栓を施された男の口からくぐもった甘い悲鳴が溢れ出す。だが、男が淫らに歪んだ痛々しい悲鳴を上げても無感情な責め具達はとまらない。尻穴を嬲る男根型の機械は長時間の凌辱ですっかり解れきった体内の肉を乱暴に抉り、腸液を掻き出しながら男に雌の快楽を味わわせ続け、男根を震わせるベルトのローターは精液を放出することさえままならなくなった男根を容赦無く責め立て射精無しの絶頂へと押し上げ続け、乳首をいたぶるクリップ型のローターは真っ赤に充血して硬く変化している乳首への食い込みを強めながらひしゃげている乳首を小刻みに振動させ続ける。
そのどれもが気持ち良くて、苦しくて。男はその望まぬ快楽と淫猥な苦悶から逃れようと裸体を必死にもがかせ、言葉にならない絶叫を発しながら拘束からの脱出を試みる。しかし、男の自由を奪う縄は全く緩まない。二の腕を胴体に括り付け手首を背中で縛る上半身の縄と、足首と太ももを結合し膝に繋いだ縄を床に打ち付けられた金具へと結わえて男の足を正座の状態で大きく開かせている足の縄は、どんなに頑張っても解けない。
身動きを封じられ、逃走の術を取り上げられた哀れな男。そんな男に、快楽の地獄から抜け出す方法は無い。快楽の地獄に悶え鳴き絶頂を繰り返す自分の様子を椅子に腰掛け無言で観察している男の視線から離れる手段も無い。
男は自分を捕らえ縄拘束と恥辱を与えた男に無様な痴態を余すところなく見られながら、堪えきれぬ絶頂によがり狂わされることしか出来ないのだ。

「うぅぅぅぅーっ! ううむぅぅっ! むぐぉぉぉぉぉーっ!!」

縛り上げられた裸体をガクガクと痙攣させ、涙に濡れた目を見開きながら男がまた訪れた絶頂に鳴き叫ぶ。
わずかな休憩すら許されずに絶頂を要求される男の身体は、とっくに限界を超えている。快楽を拒む力も残っていない男の身体は、射精出来ない苦しみを味わうと理解していても絶頂を堪えられず嬲られるがままに絶頂を強いられている。
拷問以外の何物でも無い、残酷な快楽責め。正気と理性を失い崩壊を迎えても不思議ではない程の凌辱。その中に置かれていながら、男の心はまだ折れてはいない。惨めに絶頂に達し続け、裸体を生き物とは思えないくらいに震わせて射精も萎えることもさせてもらえない男根を情けなく踊らせる状況にありながら、男はまだ自分を苦しめる男を睨み付けている。

「うー! うぐぅぅっ! んむぶぅぅぅっ!!」

目を剥きながら絶頂に至り、その絶頂の余韻が引けばまた次の絶頂がやってくるまで椅子に腰掛けて自分を眺めている男を睨む。極限状態に追いやられつつも決して屈しはせずに反抗心を保ち続ける気丈な男。そんな男を無慈悲な男が笑顔で堪能し始めてから、何時間が過ぎただろうか。突然観察していた男が椅子から立ち上がり、逃れられない男の方へと歩み寄ってきた。

「むぐぅぅぅっ!! うぐ、ぶぐぅっ! むぶぁぁぁぁっ!!」

自分に迫る男に警戒を抱き、男は汗と淫液に濡れた裸体を強ばらせながら喘ぎ混じりの怒りの咆哮を放つ。その怒りの咆哮を聞いて笑みの黒さを更に濃くした男は、イき狂わされている男の汗ばんだ髪を右手で優しく撫でると、縛り上げた男と淫具達をそのままにして部屋の出口へと移動し始めた。

「んうぅっ!? むっ、ぐぅぅっ! うぶぅぅぅぅーっ!!」

置き去りにされる。それに気付いた男は今まで保っていた反抗に初めて恐怖を滲ませ、出口へと向かう男の背中に怒りと哀願が混じった制止の唸りを浴びせる。
けれど、男は足をとめない。男は後ろから聞こえてくる叫びを聞き流しながら扉を開けて部屋を出ると、部屋の明かりを消しつつ扉の鍵をかけ直し、男を置き去りにしてしまった。
怒りをぶつける相手もいない。快楽を紛らわす視覚情報も暗闇のため得られない。嫌でも自分を襲う快楽と自分が分泌した体液の淫臭に意識を向けさせられる先程とは全く違う地獄に男は相手がいるからこそ保っていられた気力をあっという間に失い、絶望を胸に募らせながら、より鮮烈な物となった絶頂に心と身体を壊されていく。

「むっ、うぐぅぅぅぅぅーっ!! ふーっ! ふぶっ、んまぁぁ! んー! んっぎゅぅぅぅぅっ!!」

暗闇に取り残され、快楽に取り囲まれた男の鳴き声は徐々に崩壊の色を強めながら、淫らな責め具達の駆動音と共に助けの来ない部屋に響き続けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ポルノBL【特典付き】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示