FC2ブログ

男は自身の技術でスパイを実験体へと作り変える

2019.02.11.Mon.21:00
「は、離せっ! 俺を一体どうするつもりだっ!?」

縄で厳重に縛り上げられた裸体を必死になってもがかせながら、男が首輪から伸びた縄を引いて自分を連行する白衣の男に問いかける。
すると、白衣の男は愉快そうな笑みを男の方に向けながら、問いに答えた。

「んー? ウチに潜入してまで情報を欲しがっていたスパイさんに、ウチの新商品を体験して貰おうと思ってね。僕は新商品のデータを取れる。スパイさんは新商品の情報を得られる。お互いにメリットがある良い提案だろう?」

そう言いながら、白衣の男は足をとめた。とめた場所は、床をくり抜く形で作られた穴の前。正体不明の液体が並々と注がれた四角い穴の前だ。

「さ、今からスパイさんにはここに入って貰うよ。入った後は自力じゃ出られないように、あの格子を嵌めてあげるからね」
「お、おい……冗談、だろ……?」

穴の横に置かれた金属製の格子を視線で示す白衣の男の言葉に、スパイの男は表情を恐怖に歪ませる。
スパイが見せるそんな恐怖の反応を眺めて笑みを濃くした白衣の男は、口調の愉快さを強めながら首輪を引くために繋いでいた縄を外すと、何の躊躇いも無くスパイの背中を液体で満たされた穴の方に向かって押した。

「残念、冗談じゃないよ」
「ひっ……うぁぁぁぁっ!?」

悲鳴を上げながら液体の中へと落とされたスパイは、縄に縛られた裸体をじたばたともがかせながら液体からの脱出を試みる。
しかし、背中で重ねさせられた手首を縛られ、二の腕を胸部に括り付けられ、足首同士と太もも同士を縄で遊び無く結合されてしまった肉体ではどうやっても穴から這い出せず、穴に格子を被せて穴周りの金具へと南京錠で固定していく男の動きもとめられない。

「ぶ、ご、ぼぉぉっ! がっ、ば! ぐぶぅぅ……!」

呼吸を禁じられた苦しさにもがき、ばしゃばしゃと水音を立てながら裸体を液体の中でよじらせるスパイの惨めな姿を堪能しながら格子を固定し終えた男は、救いを望む視線を送る余裕も無くなり始めたスパイを見下ろして目を細めると、白衣の右ポケットから一つのリモコンを取り出した。

「さぁ、スパイさん。新商品の効果をその身体でしっかり確かめてね」

男の指が、リモコンを操作する。すると、リモコンの指示を受けた機械が、スパイに巻き付けられた首輪に内蔵された機械が駆動を始め、スパイを取り巻く状況を一変させた。
死を感じる程にスパイを苦しめていた息苦しさが消え、水中だというのにスパイは呼吸を行えるようになったのだ。

「どうだい? 凄いだろう? 僕の開発した技術を誰よりも先に味わえるなんて、スパイさんは幸せ者だねぇ」
「ぶ、ぼごっ……!」

呼吸を整えて落ち着きを取り戻したスパイは男の勝手な言葉に怒りを覚え、男を鋭く睨み付けた。当然、男は動じない。縄で縛られ、固定された格子によって液体で満たした穴の中に閉じ込められたスパイが睨んだところで、痛くも痒くも無い。
スパイの怒りを込めた目は、残忍な男を悦ばせ、更なる屈辱と苦悶を加えるきっかけを与えただけだった。

「おやおや? もしかしてこれだけじゃ満足出来ない? そうくると思って、実はもう一つ用意してあるんだよね」

そう言って、白衣の男は左足を動かし、穴の近くの床に存在する丸いボタンを押した。そのボタンは、格子を繋いだ金具に作用する物で。ボタンが押されたことを感知した金具は電流を格子に流し始め、格子に流された電流は穴を満たす液体を通じてスパイに責めを施し始めた。
痛みとは全く違う、甘い甘い快楽の責めだ。

「もぼあぁぁぁーっ!? ぶっ、ごっ、ぼごぉぉ! ばぁぁぁっ!」
「ふふっ、愉しんで貰えたようで何より。これは通電すると強力な媚薬に変わる液体だよ。水中呼吸を可能にする技術と合わせると、今のスパイさんみたいに水中で悶え苦しませて遊ぶことが出来るんだよ。画期的でしょう?」
「あぶ、ま、ぼぁぁぁっ!」

淫らな薬品に発情を促され、全身を気が狂いそうな程の疼きで嬲られるスパイはもはや、液体ごしに聞こえてくる男の言葉を理解する思考も残ってはいない。
意に反して硬く膨らんでしまった男根を媚薬の中で振り乱しながら、無慈悲な男の前でよがり鳴くスパイ。そんなスパイに、男は無情にも追い打ちを仕掛けた。男は手に持ったリモコンを操作し、首輪の機械をとめ、スパイの呼吸を禁じたのだ。

「ご、あぼっ……!? ぶ、ば、ぼぁっ……!!」
「苦しいねぇ、スパイさん。でも潜入してまで欲しがってた情報が手に入ってるんだから、苦しくてもおつりが出るくらい嬉しいよねぇ、スパイさん?」
「がっ、ぼ、ぶぐぁ、ぁ……!」

捕らえたスパイを容赦無く責め立てて愉しむ残酷な男は、気まぐれに呼吸を許し、呼吸を禁じ、快楽を与え、快楽をとめを繰り返し、スパイの男を跡形も無く壊してどんな命令にでも従う自分専用の実験体へと作り変えていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


女好きチャンピオンが玩具で改心させられる漫画
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
エロいです……個人的には鼻腔や口腔を通して気管支を淫液で犯されているシチュエーションがとてもたまりませんでした……

管理者のみに表示