FC2ブログ

刑事は正座の体勢で屈服へと追い詰められる

2019.01.30.Wed.21:00
折り畳んだ状態から離れられないよう、足に黒のガムテープを巻き付けられ。自由を奪われた足に乗せられた手を、同じ黒のテープで足へと厳重に縛り付けられた男は、正座の格好から抜け出せないよう拘束されてしまっている。
逃げ出すことはおろか、立ち上がることも出来ない。口に貼り付けられたテープを剥がす以前に、衣服を取り上げられた裸体を覆い隠すことすら叶わない。行動を制限され、身動きを封じられた無様な男。そんな男に、拘束を施した男は無慈悲な辱めを加えた。
それは、淫らな玩具を用いた甘い快楽の辱め。抗えない男の男根と左右の乳首にテープで貼り付けた薄桃色のローターを容赦無く駆動させ、床に固定した極太の張型を尻穴に飲み込ませて腸内を張型で休み無くほじくり回す悦楽の責めだ。
すぐ近くに見えているのに、手が使えれば簡単に毟り取れるのに、手の動きを封じられた男はローターから逃れられず、男は激しい振動を繰り返す乳首と男根のローターを絶望のまなざしで見つめ続けるしか無い。腸壁をぐりぐりと抉り倒す張型を尻穴から抜きたいのに、足を伸ばせなくされた男は下から尻穴を貫いている張型をどうやっても引き抜けず、男は体内を蹂躙する張型の刺激に追い詰められて絶頂を迎え、情けなく精液を迸らせるしか無い。
達しても達しても終わらない、機械による絶頂地獄。口を塞がれているせいで息を整えることすらままならない状態で強いられる断続的な射精の苦悶に心と身体を嬲られ続けた男はもはやプライドを守る余裕など欠片も無い。
甘く残酷な仕打ちに疲弊し、憔悴しきった男は、堪えきれずにとうとう自分を捕らえた男に向かってくぐもった声で悲痛な哀願を放った。それが自身の刑事としての誇りを地に堕とし、憎むべき悪への敗北を意味すると理解した上でだ。

「んぅぅぅぅーっ!! むっ、ぐふぅぅ!! んーっ! んぐぅぅぅぅーっ!!」

なりふり構わずに許しを請う惨めな刑事の叫び。テープに塞がれた声でも分かる嘘偽りの無い懇願の念が込められた唸りを向けられた男は、ニヤニヤと笑いながら椅子から立ち上がると、正座の姿で絶頂を迎え続けている刑事の前へと移動し右手を動かした。
慈悲を与えるためじゃない。崩壊寸前の刑事にとどめを刺し、完璧な屈服を迎えさせるためだ。
ゆっくりと動いた男の右手が、刑事の顔に近付く。口のテープを剥がして貰えるのだろうかと快楽に霞んだ頭で考えていた刑事は、右手が取った動きに苦悶を一気に引き上げられた。男の右手はテープを剥がしなどせず、顔面を強引に後ろへと反らさせながら親指と人差し指で鼻を強く摘まんできたのだ。
顔を後ろに押されたら手足をテープで繋がれた裸体も後ろに傾いてしまう。すると、尻穴で暴れる張型が抉る位置も変わり、刑事は自然と過敏な弱点である前立腺を重点的にいたぶられる状況に陥ってしまう。それに加えて鼻まで摘ままれ、呼吸を禁じられた刑事は強まった快楽と息苦しさに苛まれてしまう。二重三重に重ねられた非道な責め苦に刑事は一瞬で思考をすり潰され、ただただ悲鳴を上げながらよがり狂うだけの存在に変えられてしまった。
もう、哀願さえ放てない。刑事は救いを望むことさえも認められぬまま射精を何度も何度も迎え、男の予定通りに屈服させられるしか無い。

「うっ、ぐむ……んぅ、んぶぅぅ! ごっ、む……!」

涙に潤んだ目を見開き、甘い悦びと死の恐怖に歪んだ呻きを力無く漏らす刑事。そんな刑事の裸体の痙攣を目で愉しみ、空気を求めて震える口と鼻の動きを右手で堪能しながら男は刑事の呼吸を気まぐれに塞き止め、刑事の堕ちる速度を加速させていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


あの日、ぼくは親友とセックスした
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
好きなシチュのひとつです
文章がエロくて濃くて好きです……

管理者のみに表示