FC2ブログ

秘密で淫らな上下関係

2013.11.16.Sat.08:00
120万HITリクエスト
この作品は名無しさんのリクエストを元にして書かせていただきました。リクエスト、ありがとうございました!




「部長、今日もお疲れ様でした」

リビングに入り、スーツの上着を脱ぎながら部下は言った。
会社の人間には口にしていない、部長と部下が同棲しているマンションの一室で、声をかけられた部長は会社でしている厳しい表情を崩していた。
いや、正確には…一日平静を装っていた顔が部屋に入った事で安堵し、切なげに荒い息を出し始めている。

「どうしたんですか? 具合が悪いんですか?」

心配の言葉を発する部下。それは微笑んだ表情を見れば分かるしらじらしい物であったが、今の部長はそんな事を気にする余裕も、思考も無く。

「あぁっ! はぁ…」

耳をくすぐられて、甘えた鳴き声を上げた。上目遣いに、自分の飼い主である部下を見上げながら。

「んぁっ、し、て…」

上唇と下唇の間に唾液の糸を引かせ、潤んだ目でおねだりをする部長。だが、意地悪な部下はすぐには望む物を与えず、より愛しい部長が淫らになるように命令をした。

「何を、どうして欲しいか。ちゃんと見せながら言ってもらわないと分からないですよ?」

そう言って、部下は震えている部長を立たせて、服に手をかけさせた。何度もそれをさせられた身体は考えるよりも先に指を動かし、スーツの下に隠された火照る肉体をあらわにしていく。
朝出掛ける前に赤の縄化粧を施され、一日中疼きに疼いていた淫乱な肉体を。

「ん…っ」

全ての衣服を自ら脱いで、フローリングの上で縄のみを着た身体を晒す部長はすがるように部下を見つめたが、部下は何も言わず表情で促した。
今日は自分から口にするまで与えてはくれない事を悟った部長は足を開き、縄に押さえ付けられた極太の張型をくわえ込んだアナルを、淫らに見せ付けておねだりをする。

「俺の…変態なケツマンコ、一日中ぶっといオモチャくわえて、ヒクヒクしてましたぁ。身体中に縄を巻かれて絞め付けられて、指示を出してる最中におチンポビンビンに勃起させて、発情してましたっ! どうか、この変態な俺をいっぱいお仕置きして、躾してくだしゃいぃっ!!」

あまりに卑猥な言葉であったが、半分以上は自分で考えて言った事だ。部下は『何を、どうして欲しいか』を口にする事しか指示して無かったのだから。
惨めに拘束された身体を晒し、興奮してしまう性癖。それは、この部下に出会う前から持っていた物で。
出会って気付かれてからも口外せず、逆に望んでいた責め苦を与えてその上破滅的な暴走に進まないようしっかりと管理してもらえて、部長は身も心も部下に囚われ、完全に服従していた。

「ふふっ…そんなにお仕置きがして欲しい?」

笑って言われて、部長はこくこくと首を振った。
その動きの度に真っ赤に熟れた乳首が揺れ、大きく開いた股間ではペニスが振り乱されてアナルからは淫液が床に撒き散らされた。

「じゃあ、そこの柱にお尻を当てて、自分でお尻のを動かして」
「はいっ」

何の躊躇いも無く動いて、部長は張型を柱にあてて、いやらしく腰を振ってバイブを中のイイところに擦り付ける。

「んんっ、んっあっ」
「さ、しゃぶったら手を背中に回して」
「ん、んぐっ…!」

目の前に突き出された部下のペニスに、はぷっとかぶり付く部長。尻を柱で、顔をペニスへの吸い付きで支え、言われた手を背中に回すと、手首に縄が巻かれて身体の縄と結合されていく。

「ふむぅぅぅんっ」

ちょっとずつ確実に自由が奪われて、身体がきゅんと悦ぶ。アナルを絞めて感じ入る部長に、手を縛り終えた部下は左手で頭を押さえつつ右手を振り上げ。

「むぉぉんっ!!」

淫らに振りたくられている尻を、快感だけを感じる強さで打ち据えた。思わず身体がこわばり張型を強く絞める。
そうして身悶える部長を、部下は優しく、だが何度も尻を叩く事で可愛がった。

「エッチな子には、とびっきり気持ち良いお仕置きをしてあげる。幾ら泣いても、何も出なくなっても、イかせ続けてあげる…」

甘い囁きに、背筋がぞくぞくする。何もかもを支配されて、淫乱部長の心の中は、充足感と幸福感ではちきれている。

「んむぅぅぅぅぅぅんっ!!」

その幸福感達が身体に収めきれなくなったからか、部長のペニスからは触られていないのに精液が噴き出し、床と部下の足を汚した。

「もうイっちゃったんですか? まだ始まったばかりなのに」

これから長くいたぶってもらえる事を示唆され。
立場も忘れた淫乱部長は一匹の雄として、部下に全身を委ねて甘い責めに悦んで溺れていく。

激しく愛し合う恋人同士の姿を、脱ぎ捨てられたスーツ達は…静かに見上げていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示