FC2ブログ

男達は淫らに歪んだ悲鳴を堪能する

2018.10.26.Fri.21:00
深い眠りから覚めた刑事の男を待ち受けていたのは、意識を失う原因となった衝撃を加えられた後頭部に走る鈍い痛みと、意識を失っている間に衣服を剥ぎ取られた裸体に施された拘束だった。
手首と二の腕、そして足首同士を短い鎖で繋ぐ黒革の枷は刑事がどんなに力を込めても外せはしない。背中に回された腕は思い通りに動かせず、手首の枷と足首の枷の鎖を別の鎖と南京錠で厳重に結合されているせいで刑事は足を伸ばすことさえも叶わない。
手を使えず、足の動きも大きく制限されてしまった無様な刑事。そんな刑事に行えることは、無意味な足掻きで体力を消耗することだけで。刑事は口を塞ぐ黒のテープの下から言葉にならない唸りを発しながら裸体を床に敷かれた絨毯の上でもがかせ、自力では決して解けない拘束を解こうと無駄な試行錯誤を繰り返していた。

「んーっ! んむ、むぅぅ……ふっ、うふぅぅ! むぐぅぅぅっ!!」

二重三重に貼り付けられた口のテープをどうにかして剥がそうと顔を絨毯に擦り付け、手足の拘束を振り解こうと裸体をのたうち回らせる。そんな刑事の元に、数人の男が歩み寄った。それは、刑事を失神させて拉致し、拘束を与えて地下室に放置していった犯罪組織の男達だ。

「っ! むーっ! うぐ! むぐぅぅぅぅっ!!」

靴音に気付いた刑事は不自由な裸体を転がして左側を下にすると、自分を見下ろしている男達に向かって鋭い唸りをぶつけた。
その唸りが何を意味するかは、言葉になっていなくても分かる。刑事は怒り交じりに拘束を解けと要求している。
それを理解した上で、男達は愉快そうににっこりと微笑み、絨毯の上でもぞもぞと身をよじらせる刑事を取り囲んでしゃがみ込むと、無防備な裸体に向かって思い思いに手を伸ばした。もちろん、その手は拘束を解くために伸ばされた物ではない。その手は、汗に濡れた刑事の裸体を弄び、望まぬ快楽で辱めるために伸ばされた物だ。

「ん、むぅぅ!? ふっ、むぶぅぅぅっ!」

左右の乳首が男の指先でくりくりと転がされ、しっとりと湿った腹部がくすぐるように撫で回される。
刑事はそれを嫌がってじたばたと裸体を暴れさせたが、そのわずかな抵抗は肩と膝を男の手で絨毯へと押し付けられたことでとまってしまった。
仰向けで固定され、寝返りすら打てなくされた刑事はもはや、好き勝手に裸体を弄られることしか出来ない。
左右の乳首だけでなく、男根も、尻穴も、男達の手から逃れられない。

「んーっ! むふっ、ぐふぅぅ! んむぅぅ……ふっ、ふぐむぅぅぅっ!!」

一切の抵抗を封じられた刑事は怯えに震えた声で哀願の唸りを発するが、男達は当然それを聞き入れず。先程よりも遥かにいたぶりやすくなった裸体へと欲望のままに手を這わせ、抗えない刑事に甘い快楽を注ぎ込み、塞がれた口から上がる淫らに歪んだ悲鳴を存分に堪能していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


おじさんと無人島サバイバル生活
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

管理者のみに表示