FC2ブログ

淫らな叔父は甥に熱烈な奉仕を行う

2018.09.22.Sat.21:00
「叔父さん、その格好とってもよく似合ってるよ。一回り以上年下の甥に裸で拘束されて、抵抗出来なくされた気分はどう?」

嬉しそうにニコニコと微笑む甥の顔が、叔父の顔を逆さに覗き込む。焦りと危機感に歪む表情を間近で観察された叔父は、黒革の枷と縄を使ってベッドの柵へと遊び無く繋がれ、真横に伸ばしたまま曲げることも叶わなくされた手足をもがかせながら、弱々しく哀願の言葉を放った。

「お願い、外して……っ。○○君、お願い……」

叔父は甥の名を呼びながら一生懸命に許しを求めたが、それは甥の興奮を掻き立てる効果しか生まなかった。

「じゃあ、叔父さんがしてたことを父さんと、婆ちゃんに言っちゃうよ? それでも良いの? 言わない代わりに俺の言うことを聞くって約束したの、忘れたわけじゃ無いよね?」
「っ……」

愉快そうな口調で握られた弱みをちらつかせられたら、叔父はもう何も言い返せない。
仕事で海外に行くことになった兄夫婦に頼まれて甥を預かり、共に過ごす中で魔が差し、甥の若く逞しい肉棒を想像して甥の名を呼びながら尻穴を指でほじっていた様子を見られた時に焦りから思わず口走ってしまった約束を出されては、もう逆らえない。

「叔父さん、どうする? 自分がしてたことを父さん達に言われるか、俺の言うことを聞いて今日もエッチにイきまくるか、好きに決めて良いよ。叔父さんが大好きなチ○コを見ながら、よく考えて選ぶんだよ?」
「あっ……」

約束を持ち出して叔父の心を追い詰めた甥は、叔父の淫らな本性を引きずり出してわずかな抵抗にとどめを刺すために、自身の男根を取り出して叔父の眼前に突き付けた。

「ほら、叔父さん。これ好きでしょ? いつもみたいにたくさん舐め回したいでしょ? お尻の穴をガスガスほじくり回されたいでしょ? 甥っ子のチ○コで、気絶するまでイきまくらされたいでしょ?」

あの日想像していたよりも遥かに逞しい男根を見せ付けられ、その男根によってもたらされた快楽を甥の言葉で想起させられた叔父は、蘇ってきた雌の悦びと漂ってくる淫臭に表情を甘く蕩けさせていく。
気の迷いとは言え甥を自慰の種に使うほどに淫乱な男の理性はあっという間に欲望に飲み込まれ、その欲望は弱みを握られているという大義名分を得ているために歯止めが利かず、男は叔父という立場を自分の意思で捨てると目の前で揺れる甥の男根に舌を伸ばし、熱烈な奉仕を夢中で行い始めた。

「んっ、んむっ……ふぁ、あむっ、むふっ……」
「幸せそうにチ○コを舐め舐めして、とっても可愛いよ、叔父さん。上手に俺をイかせることが出来たら、チ○コをお尻に入れてあげるからね。頑張って舐めるんだよ?」
「っ、むぁ、はむぅっ……!」

尻穴への挿入というご褒美を提示された叔父は一層激しく甥の男根に舌を這わせて射精を促し、甥はその奉仕の光景に年上の淫らな叔父を服従させている事実を再確認して男根の硬度を高めながら、身動きを封じられた叔父の股間で硬く張り詰めている男根が奉仕の身じろぎに合わせて揺れ動く様を目を細めて愉しんでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


褐色青年がいやらしい屈辱をうける漫画
関連記事
コメント

管理者のみに表示