FC2ブログ

抗えぬ刑事は休み無い尻穴絶頂を強要される

2018.09.07.Fri.21:00
手首を背中で縛られ、二の腕を胸部に遊び無く結合され、足首と太ももを縄で括られた男の裸体は手足の自由を大きく奪われ、逃げることはおろか立ち上がることも叶わなくされた。抵抗を奪い、逃走を封じるにはその縄拘束だけで十分な効果がある。だが、男を捕らえた男はここに更なる拘束を加えた。無理矢理に折り畳ませた足と男の上半身を縄で雁字搦めにして身体を伸ばすことすらも出来ないようにし、白布の目隠しと猿轡で男の視界と言葉を塞いでしまったのだ。
裸体に幾ら力を込めても、肌に縄が食い込む痛みを生むだけに終わってしまう。白布の下で眉根を寄せ、噛まされた結び目に歯を立てながら顔を振ってみても白布は目と口から離れず視界と言葉は取り戻せない。
衣服を剥ぎ取られた裸体に縄と白布を使った拘束を施され、無抵抗の状態へと追いやられてしまった男。そんな、無様で哀れな男に取れる行動は一つしか無い。
男はもはや、自分を捕らえて拘束を与えた男の思い通りに弄ばれ、心と身体を恥辱と屈辱で苛まれるしか無い。
左側を下にした状態でベッドの上に寝転がされた男は無防備にさらけ出された尻穴を極太のアナルバイブで執拗にほじくり回され、刑事としてだけでなく男としての誇りを痛め付ける男の言葉に怒りの反応を示すことも出来ぬまま、惨め極まりない尻穴絶頂を何度も何度も強制されていた。

「んむぅぅぅぅーっ!! うぐ、ふぐぅぅ! おぶっ、んぼほぉぉっ!」
「あーぁ、またイっちまったな。刑事なのにケツ穴ほじくり回されてイきまくって、恥ずかしくないのか? 男なのに穴掻き回されてチ○コから精液漏らしまくって、とんだ淫乱刑事だな、ん?」
「うぐ! ふぎゅぅぅ! あぶ、あぶぁっ!! むぁぁぁぁーっ!!」

男の右手が尻穴を貫いているバイブを無慈悲に動かして、過敏な前立腺を抉るようにいたぶる。長時間絶頂を強制されて快楽に抗えなくなった尻穴は弱点を容赦無く責め立てるバイブの動きにあっさりと屈して、刑事は先程絶頂させられたばかりだというのにまた絶頂を迎えさせられてしまった。
だが、連続で絶頂しても絶頂の波は収まらない。男の右手がバイブで前立腺を嬲り続けているために激しい快楽は途切れず、刑事は断続的に絶頂を強いられるイきっぱなしの状態で裸体を固定され、甘くくぐもった悲鳴を上げながらよがり狂わされてしまう。

「んむぁぁぁぁ! ぶふ! ぐぶぅぅぅっ!! おむ、も、ほぼぉっ! あぶぁぁぁぁっ!!」

縄に身動きを封じられた裸体をガクガクと痙攣させ、勃起したまま萎える暇さえ与えられない男根から透明な蜜と白く濁った体液を絶え間無く放出しながら、悲痛で淫猥な絶叫を上げる刑事。そんな刑事を作り出した残酷な男は刑事の汗ばんだ肉体に左の腕を乗せて体重を掛けながら、一層強くバイブで前立腺を責め立てつつ愉快そうな口調で言った。

「おーおー、喘いじゃって喘いじゃって。こんな情けなく喘ぎながらイきまくる奴が刑事だなんて、世も末だねぇ。道理で、俺みたいなどうしようも無い悪党がのさばる訳だ。なぁ? 淫乱刑事さんよ」
「むぐぁぁぁっ!! あぉ、もぉぉぉ! ぶぐ、ふぎゅ、むぅ、んむぅぅぅぅーっ!!」

自分を凌辱する男の言葉の意味を理解する思考能力すらも失った刑事は、黒く微笑む男の目に痴態を余すところなく観察されながら限界を超えた絶頂をまた迎え、理性と正気を終わりの見えぬ快楽に甘く溶かされていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


おしえてあげる
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示