FC2ブログ

残酷な少年は崩壊の様子を映像に収める

2018.08.21.Tue.21:00
自身のヒーロースーツに似せたラバースーツを首から下に着せられ、そのラバースーツの上から縄を用いた厳重な拘束を施された二人の少年は敵の本拠地の一室に置かれた透明な強化ガラスの箱の中で無様に身悶え、解けない縄拘束を解こうと無駄な足掻きを繰り返していた。

「ぐぅっ! く、そぉっ……はぁ、解けろ! 外れろよぉっ……!」
「はぁ、はぁ……あ、つい……苦しい、脱ぎたいぃっ……!」

熱の逃げ場が無いラバースーツの内部はもがきにもがいたことで生まれた少年自身の火照りと汗で蒸れ、少年達に暑さという苦悶を味わわせている。
その熱から逃げようと考え、二人は一層激しく箱の中で暴れるがどうやっても縄拘束が外せない以上それは逆効果でしか無く、少年達は自分を更なる熱と汗の蒸れで容赦無く追い詰めてしまう。

「あぅ、はっ……み、ずぅ……あづい、あひゅいぃ……」
「だれ、か……た、すけへ……脱がせて、ぬがひぇてぇ……っ!」

背中に回された手首と二の腕、そして足首と太ももをラバースーツの上から縄で括り、二の腕の縄と足首の縄を遊び無く結合して海老反りの体勢を強制している縄をどんなに軋ませても、それは縄の圧迫による痛みを生み、ラバースーツ内の熱の地獄を加速させるだけ。なりふり構わず、無我夢中で縄拘束と格闘しても二人は縄を振り解けず、ラバースーツも脱げず、外から鍵を掛けられた箱の蓋どころか二人は自分の首を箱の床の金具へと繋いでいる黒の首輪と鎖にすら触れられない。
屈辱に苛まれ、熱に心と身体を嬲られた少年達は、自身がヒーローであることも忘れて涙を零しながら許しを求めている。
悶え苦しみ、とてもヒーローとは思えない程無様な姿に変えられた少年達。そんな少年達の霞んだ視界に、それまでと違う光景が映った。
箱の外に、少年達よりも一回り程年下の少年が立ち、箱形の機械を手に持ちながらのたうち回る少年ヒーロー達を見下ろしていたのだ。
視界に映る足に気付き、顔を持ち上げて少年の存在を把握した二人は、自分よりも年下の少年に向かって必死に救いを求めた。

「君……た、すけてぇぇっ! 箱、開けて、ここから、だひてぇっ!」
「お願い、僕達を、助けてぇ……縄、解いて、お願い、お願いぃぃ……!」

涙と唾液と汗で無残な状態となっている赤ら顔を持ち上げながら、少年ヒーロー達はなりふり構わずに助けてくれと懇願する。
しかし、少年ヒーロー達の懇願を目にした少年は愉快そうに微笑むと、その笑みのまま残酷な言葉を発した。

「助けるわけないじゃない。散々父様達の計画を邪魔しておいて随分と都合の良いことを考えてるんだねぇ。ヒーローさん達?」

大人びた口調で助けないと遠回しに宣言され、少年が自分達を捕らえた悪の組織の側にいると知った少年ヒーロー達は絶望に打ちひしがれた表情で固まり、笑う少年を見上げ続けている。
その様子に少年は笑みを更に残忍な物にすると、手にしていた機械を箱の脇に置き、何の躊躇いも無く機械から突き出した二本のレバーを端から端まで一気に動かした。
そのレバーの意味を、二人はすぐに理解させられた。裸体の首から下を隙間無く包み込んでいるラバースーツの内部が突然激しく振動を始め、二人の裸体をまんべんなくくすぐり出したからだ。

「うひひひぃぃぃっ!? ほほぉっ!? ひゃ、ひぎぃぃぃぃっ!!」
「あ、ひゃぁぁ!? おひっ、ひひひっ! あひ、んひぁぁぁぁ!!」
「あははっ! みっともない悲鳴! ほらほら、もっと聞かせてよ。愉しい悲鳴上げて、心も身体もおかしくなっちゃいなよ、ヒーローさん達」
「や、あぁぁぁ!! あひひっ、だじゅげで! おほっ、ほひひひっ!! ゆりゅ、ゆりゅじでぇぇぇっ!!」
「ひぬぅぅぅぅっ!! ひんじゃ、はひひっ!! いや、いやぁぁぁ!! おにぇがっ、ふひひひぃっ!! やめでぇぇぇぇーっ!!」

縄で海老反りの体勢を強いられる苦しみ、溜まるばかりの熱に嬲られる苦しみ、無慈悲な少年が起動したラバースーツの機構によって無理矢理に笑い転げさせられる苦しみ。ありとあらゆる苦しみに揉みくちゃにされ、笑声混じりの絶叫を喉を破らんばかりに発する惨め極まりない少年ヒーロー達を観察する少年は父から渡されたもう一つの機械である小型のビデオカメラを取り出し、父の言い付け通りに少年ヒーロー達を様々な角度からビデオカメラで撮影して、二人の少年ヒーローが崩壊する様子を映像に収めていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


執事調教カリキュラム
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示