FC2ブログ

青年は淫らに再構築される

2018.07.28.Sat.21:00
左右の手首と足首に巻き付けられた赤い革の枷と、首に巻き付けられた赤の首輪をベッドの頭側に位置する金属製の柵に短い鎖で繋がれた青年の裸体は、無様に恥部を丸出しにする恥辱の体勢から抜け出せないようにされてしまっている。
青年が手足をじたばたともがかせても、枷と柵を繋ぐ鎖は甲高い金属音を立てるのみで外れる気配すら見せない。口に噛まされた穴の空いた赤色のギャグボールから言葉にならない唸りを発しながら頭部を左右に振ってみても、枕の下を通って首輪と柵を結ぶ鎖は金属音すら立てずに青年の首を柵に繋ぎ続けている。
手足と首を鎖で拘束され、意味のある言葉を口にすることも出来ぬまま男根と尻穴を無防備にさらけ出している。その状況だけでも、辱めとしてはこれ以上無い効果を持っている。
だが、青年を捕らえ、拘束を施した男達は青年に更なる辱めを加えた。当然だろう。男達の目的は青年を辱めることではなく、辱められているという感情すら抱かないほどの淫乱に作り変え、肉奴隷として好事家に売り飛ばすことなのだから。

「うふぅぅぅーっ! うっ、うぐぅぅぅ! んもっ、もぉぉ! おもぉぉぉぉーっ!!」

一切の抵抗を取り上げられた青年は、自分を捕らえてベッドの上で拘束した男達が手に持つ淫らな責め具から逃れられず、容赦無く注がれる一方的な快楽で望まぬ絶頂を何度も何度も味わわされている。
胸元に押し当てられた薄桃色のローターで尖りきった左右の乳首を上下に弾かれかと思えば今度はぐりぐりと押し潰され、マッサージ器のような形状をした淫具を幹と亀頭と睾丸の三カ所にあてがわれた男根は萎える暇さえ与えられずに自身の腹部に向かっての射精を断続的に迎えさせられ、小さな球を何個も繋げたような見た目をした薄緑色の細長い棒を押し込まれた尻穴は激しく出し入れされる棒に腸壁をぐちゅぐちゅと引っ掻かれて体内をほじくり回される雌の悦びを教え込まされている。

「ふぐぅぅぅ! あぅ、あぉ! ほっ、おぉぉ! おもぉぉぉっ!!」

イってもイっても終わらない絶頂地獄。もうイきたくないと心の底から思っているのに、青年の意思を無視して勝手に絶頂を迎えてしまう肉体。異物を受け入れることなど想像すらしていなかったのに、腸内を抉られる悦びに震えてしまっている尻穴。
誰よりも知っているはずの自分の身体が自分の言うことを全く聞かず、男達の思い通りに悶え狂わされている事実に青年は怯え、半狂乱で唸り声を上げて男達に快楽をもう注がないでくれと訴えかける。もちろん、男達は青年のその訴えを聞き入れなどしない。むしろ、青年のその反応を見て順調に青年が甘い崩壊の道を進んでいることを確信した男達は残忍な笑みを浮かべながらお互いに目で合図し、ほぼ同時に、全員が、自身が担当する淫具の責めをより無慈悲な物へと変えた。
乳首のローターと男根の淫具の振動がより激しくなり、尻穴を掻き回す棒が更に早く出し入れされる。それらの変化は快楽の量に直接結び付き、増えた快楽に嬲られ始めた青年は哀願を行う思考を挟む余裕さえも失って、自由を奪われた裸体を生き物とは思えないくらいに痙攣させながら数秒ごとに絶頂を迎えることしか出来ない状態にされてしまった。

「あぶあぉぉぉっ!! ほぼぉぉ! ふぶ、ぐぶっ、ぐぼぉぉ! むぼぉぉぉぉ!!」

痛々しい絶叫を上げてイき狂う青年。そんな青年に残っているわずかな理性を全てすり潰すために、男達は悶え鳴く青年の淫らな弱点を淫具で嬲り、気絶すらも許さない絶頂地獄で青年を壊し、自分達にとって都合の良い存在となるよう淫らに再構築していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ショタザカリ -A boy and boy-
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示