FC2ブログ

良い子には甘く淫らなご褒美を

2018.06.03.Sun.21:00
地下室へと続く階段に、靴音が響き渡る。その靴音の主は愉しそうに笑みを浮かべている一人の青年で、その笑みは地下室への距離が縮まるにつれて濃さを増していき、地下室への扉のドアノブを開ける時には満面の笑みとなっていた。

「ただいま、ワンちゃん。今日も良い子にしてたかな?」

幸せ色の笑顔で発せられる帰宅の言葉。その言葉を地下室に置かれたクッションの上で耳にした存在はむくりと起き上がり、自分に向かって笑っている青年に近付いていく。
犬の足を模した薄茶色のグローブとブーツを嵌めた手足を使って四つん這いで歩き、頭部に取り付けられた茶色い犬の耳の飾りと尻穴の奥深くまで埋められた球が連なった淫具から生えている犬の尻尾をひょこひょこと揺らめかせ、隷属の証である赤い首輪の前部から吊るされている自身の名前が彫られた金属のプレートが立てる甲高い音を耳で愉しみながら、地下室で飼われているペットの青年は帰ってきた主の青年の元へと歩み寄り、甘える視線で主を見上げた。

「ふふっ……ただいま。今日もたくさん可愛がってあげるからね」
「わぅ、きゃぅ……くぅぅんっ……」

とろんと蕩けた目で自分を見上げる愛しいペットに主は目を細めると、しゃがみ込んでペットの青年と視線を合わせ、頭や顔を左右の手で優しく撫で回す。その優しい手つきに嬉しさと心地良さを感じたペットは、すでに甘く緩んでいた顔を更に緩ませ、首筋より下へと滑っていった主の手が胸元でぷっくりと自己主張していた乳首をくりくりと弄り始めるとペットはビクビクと身体を跳ねさせながら嬉しそうに息を乱れさせ、命じられた訳でも身体を押された訳でもないのに自ら身体を後ろへと転げさせ床の上で仰向けとなった。
それは、手足のグローブとブーツ、頭部の犬の耳、尻穴の尻尾と赤い首輪以外何も身に着けていない肉体の丸出しの恥部を自らさらけ出す仰向け。主の青年に対して本物の犬のように服従の意思を示し、もっと気持ち良くしてくださいというおねだりを行う淫猥な仰向けだ。

「上手におねだり出来たね。賢いワンちゃんだ」
「わんっ……わぅぅんっ」

与えられた褒めの言葉に、ペットの青年はだらしなく舌を垂らした口から喜びの鳴き声を上げ、乳首と男根をまた硬く膨らませていく。仮に尻穴からぶら下がっているこの尻尾が本物だったなら、きっと嬉しさで千切れそうなくらいに振り乱されているだろう。そんな事を考えながら、主の青年は床に寝転がったペットの青年の上に覆い被さり、ヒクヒクと震えている男根に唇を寄せつつ愛しく賢いペットへのご褒美を提案する。

「エッチで、可愛くて、良い子のペットにはご褒美をあげようね。ご主人様の口でこの可愛いおチ○チンをいっぱい舐めてあげながら、真っ赤に充血してる乳首を両方とも指で苛めてあげるよ。お口でおチ○チンを可愛がられるのも、乳首を左右同時に苛められるのも両方好きなワンちゃんなら、きっと愉しめると思うんだけど、そのご褒美で良いかな?」

主の言う通り、男根を口内で責められるのも乳首を左右いっぺんに責められるのも好きだ。それらを同時に与えられたら、絶対に気持ち良くなれる。
何より、愛しい主から快感を注いで貰える事がペットの青年にとってはこれ以上無い幸福だ。主の手で気持ち良くして貰え、主によがり鳴かされ、イき狂わせて貰える。それだけで、拒む理由など無い。
故に、ペットの青年は主の青年に向かって、肯定の鳴き声を上げた。主への愛情と淫欲への期待に満ちた目を主の笑顔に向け、膨らみきった乳首と男根をぷるぷる震わせながら、気持ち良いご褒美を下さいの意思を込めた鳴き声を上げた。

「わんっ! きゃぅぅんっ……はっ、はっ、わぉぉぉんっ……!」

一生懸命におねだりの鳴き声を発するペットに強い欲情を抱きながら、主の青年はペットが望む甘い悦びを注ぎ込むために乳首へと手を伸ばし、男根を口に含んでいく。
鍵を掛けられていないため自力で外せるというのに、グローブもブーツも首輪も身に着けたまま外さず。扉にも鍵を掛けられていないため自由に出られるというのに、地下室から一歩も外に出ずに大人しく主の帰りを待っていた良い子の青年ペットは、もうすぐ始まる淫らなご褒美に、乳首と男根に加えられる激しい快楽責めに興奮を募らせ、へっ、へっ、と開ききった口で本物の犬のような荒く浅い呼吸を繰り返していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


蜜淫インキュバス(1) 淫魔にとろとろじゅくじゅくにイカされちゃう!
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示