FC2ブログ

男達は檻の中で淫らに変質させられる

2018.05.14.Mon.21:00
男根の根元とカリ首の下に巻き付けられたベルトと一体化している楕円形のローターは激しい振動を絶え間無く行って男根を快楽でいたぶり、望まぬ射精を何度も何度も強制している。そして、開かされた足の間に置かれた箱形の機械から上に向かって伸びた棒の先端に取り付けられている醜悪なイボを数え切れないほどに生やした極太の張型は無防備な尻穴を下から奥深くまで貫いて好き勝手にほじくり回し、表面に生やしたイボで柔らかな腸壁と過敏な前立腺をめちゃくちゃに掻き毟って快楽を無理矢理に味わわせている。
男根を嬲るローターと、尻穴を蹂躙する張型によってもたらされた終わりの見えない絶頂地獄。その絶頂地獄からどうにかして逃れたい一心で二人の男は裸体をじたばたともがかせるが、二人の自由を奪う厳重な拘束は緩まない。
金属で作られた檻の中に閉じ込められた二人の裸体を檻の格子へと縛り付ける太い鎖と南京錠は、生身の男達が必死になって力を込めても外れず、二人の男は両手両足をX字に引き延ばした状態で檻の格子へと縛り付けられ、言葉を封じる為の黒のギャグボールを噛まされ、ローター付きのベルトと上下の動きを絶えず行う張型に男根と尻穴を凌辱されている自分と全く同じ状況に置かれた仲間の痴態を正面に見ながら、どうする事も出来ず仲間と共に情けなくイき狂うしか無い。
捕らわれの身に堕とされた二人の捜査員は甘く歪んだ無様極まりない悲鳴を発し、仲間の裸体に向かって飲み込めない唾液ととめどなく溢れ出る汗と疲れを知らぬ機械の責めで絞り出されている精液を飛ばしながら、自分達を甘い地獄の中に放置していった悪人達への怒りと捜査員としての誇りを、射精を迎える度に白く塗り潰されるしか無いのだ。

「んーっ! んもぉぉぉっ!! ふーぅっ! うぐふぅぅぅ!!」
「あむっ……むぐぁぁっ! はっ、ふぅっ! んも、おぉ、おぶふぅぅぅぅっ!!」

ギャグボールに歯を立て、涙で潤んだ目を大きく見開き、裸体を格子に縫い付ける鎖を冷たく鳴らしながら、捜査員達は何十度目かも分からない絶頂を二人同時に迎えた。だが、無感情な淫具達はとまらない。淫具達は絶頂したばかりの二人の男根と尻穴を休み無く責め立て、再度の絶頂を要求する。
結果、二人の捜査員は仲間と一緒に絶頂を迎えたという屈辱と羞恥が入り交じった事実を認識する事すら叶わずに、次の絶頂へと追い詰められていく。

「うぅーっ! んっ、んぅ! ふぐ、むぐぅっ……あぉ、はっ、ほおぉぉっ……!!」
「ふー、ひゅぅぅっ! もぉ、あぉ、あぐぅぅ! ふむぐぅぅぅっ!!」

淫具の刺激に屈して、無様に喘ぎ鳴きながら絶頂し続けさせられる状況。それが拘束を与え淫具を残していった悪人達の望んだ物だと霞む思考で理解していても、長時間甘い苦悶に嬲られた捜査員達にはその状況を拒む気力すら無く、二人の捜査員は堪える事すら不可能になった絶頂を十数秒ごとに迎えながら、心と身体を悪人達を悦ばせる淫猥な物へと変質させられていくのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


鬼が慕うは祟り神
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示