FC2ブログ

快楽拷問は少年を甘く悶え狂わせる

2018.05.11.Fri.21:00
王直属の部隊を率いる男が口にした拷問で情報を吐かせてやるという言葉を聞いた少年は、レジスタンスとしての誇りと独裁を行う王から国を取り戻すという決意を胸に抱き、決して屈しはしない反抗の意思を込めて男を鋭く睨み付けた。
それが、ほんの数時間前の出来事だ。拷問の宣言を聞き、反抗の睨み付けを行った少年は男の部下達の手で王宮の地下にある拷問室へと連行され、衣服を剥ぎ取られた裸体に厳重な拘束と苛烈な責めを加えられ、情けなく歪んだ甘い悲鳴を絶えず上げさせられていた。

「足が震えているぞ? 性器もビクビク震えているし、絶頂が近いんだろう?」

残忍に口元を歪ませながら男は愉しげに言い、右手に持った平たくなっている鞭の先端で迫り来る射精感で脈打っている少年の男根を緩く撫でた。

「あぁっ! やめ…やめろぉっ……! んく、はっ、はぁぁ! や、めぇっ……!!」

過敏な弱点を撫でられる刺激から距離を置こうと考え、少年は裸体を必死になってくねらせる。けれど、状況は変わらない。少年の腕を背中で拘束する黒のアームバインダーと天井のフックを繋ぐ鎖はビクともせず、少年の足を開いたまま閉じられないよう拘束している棒枷と黒の首輪の前部を結ぶ短い鎖も少年の足掻きに合わせて冷たい金属音を立てるのみで全く緩まず、上半身を折り曲げた状態で腕を限界まで高く持ち上げる苦しい体勢を強いられた少年はどんなに裸体をくねらせても萎える事も許されずに勃起させられ続けている亀頭を無慈悲に撫で回してくる鞭の先端からは離れられず、丸出しの尻穴にベルトで固定された極太のバイブの乱暴な首振りから逃れる事も出来ない。
裸体の自由を恥部をさらけ出した体勢で完全に奪われた少年に取れる行動は、快楽を用いた淫らな拷問に屈しないよう、自分の理性に言い聞かせるくらいしか無い。

「やめて欲しいなら、情報を吐けば良い。私はお前が情報を吐くまで、快楽を注ぎ続けるぞ? 少しずつ激しさを増した快楽をな……」
「あっ! あぁぁぁ!! おひり、強くぅぅ! いや、やら……イぐぅ! まら、しぇーえき……でりゅぅぅぅぅっ!!」

男の左手がポケットの中でリモコンを操作した事によって激しくなったバイブの駆動に尻穴を掻き毟られながら、少年は亀頭を嬲る鞭を白の薄まった精液でどろどろに汚し、無慈悲な男は少年が吐き出した体液で汚れた鞭を眺めて黒く微笑むと、少年から更なる痴態とレジスタンスに関する情報を引き出す為に絶頂の余韻で小刻みな痙攣を繰り返している少年の尻に鞭を振り下ろした。

「ひあぁぁっ! い、ぎぃぃっ! やっ、やあぁ! んあぁぁぁぁーっ!!」

尻を鋭く打たれた痛みと、痛みに反応して強ばった筋肉が絞め付けたバイブに一際激しく腸壁を擦られる悦楽に絶叫する少年の声を愉しみながら、男は趣味と実益を兼ねた快楽拷問でレジスタンスの少年を甘く悶え狂わせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


淫魔の剣
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示