FC2ブログ

機械は少年ヒーロー達に淫らな陥落を強要する

2018.05.08.Tue.21:00
二の腕から先と太ももから先の部分を壁の中へと埋め込まれ、逃げる事はもちろん、身に着けていたヒーロースーツを没収された裸体を覆い隠す事も禁じられてしまった無様な少年ヒーロー達。そんな二人を作り出した悪の組織の男達は、少年達の丸出しの乳首と男根と尻穴を眺めてひとしきり嘲る笑いを浮かべた後に、自分達の計画を邪魔した少年ヒーロー達にお仕置きと称して責め苦を加えた。
無感情な機械達を使った、緩む事も途切れる事も無い残酷な辱めを用いた責め苦を、だ。

「あぶっ! ぼ、ごほぉぉっ! おっ、もっ、おごっ……あごぉぉぉっ……!」
「むっ、あぁ! あが、ひもっ……おぉ、もおぉ……!!」

壁に飲み込まれた手足を必死にもがかせて裸体から汗を飛ばし、大きく見開いた目から大粒の涙をとめどなく零しながら、少年ヒーローは自分達を嬲る機械からどうにかして逃れようと試みている。
しかし、ヒーローとしての力を奪われただの少年にされた二人がどんなに暴れても、壁に飲まれた手足の自由を取り戻す事は出来ない。幾らなりふり構わず暴れに暴れても、身動きを大きく制限されていては望んだ効果など到底得られず、少年達は機械が生み出す苦悶に為す術無く追い詰められるしか無い。
乳首に取り付けられたお椀状の器具と男根に取り付けられた筒状の器具の内部に取り付けられているブラシの細かい毛で乳首と男根を丹念に磨かれくすぐられても少年達は情けなく乳首を真っ赤に尖らせ、張り詰めさせられた男根から白の体液を搾り取られるしか無く。金属で作られたリング状の枷を噛まされた口を男根を模した太く醜悪な黒の張型で好き勝手に掻き回され喉の肉を蹂躙されても、張型を動かしている機械に触れる事すら叶わない少年達は張型が前後に動く度に訪れる吐き気と息苦しさに目を剥きながら分泌した唾液を張型に掻き出されるしか無いのだ。

「あぶ…ぶぁ……ふぅ、もほっ、あぶぉぉっ!!」
「うもっ、あぉ! ふぶっ、ご、ぼぉっ、ぼごぉぉっ!!」

ブラシにしつこく擦られた乳首と、ブラシで先端から幹までをまんべんなく磨かれ萎える暇も与えられずにイかされ続けた男根が、じんじんと痺れて痛い。痛いはずなのに、気持ち良さがとまらない。気持ち良くなんてなりたくないと心の底から思っているのに、絶え間無く訪れる乳首と男根への刺激は紛れの無い快楽で。少年達は口内を嬲られる苦悶を掻き消す程の快楽に悶え鳴き、憎んでいた悪の組織の男達の思い通りに、ヒーローとしての正義の心と人間としての理性を削り落とされていく。

「んもっ、もほぉぉ! あぶ、あばっ、ぼぉ、もごぉぉ!!」
「ふぐぉっ…うぅ! あぉ、はぉ! あもぁぁぁっ!!」

快楽に負けてはいけない。悪に屈してはいけない。わずかに残った思考回路で陥落を拒む少年ヒーロー達を弄ぶ機械達は変わらぬ動きで幼い裸体をいたぶり、淫らな陥落を二人に強要していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


BOY'Sピアス開発室 vol.39 嫌なのに感じる体
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示