FC2ブログ

探偵の恥部は特製の拘束台に繋がれる

2018.04.11.Wed.21:00
「探偵さん、ただいま。探偵さんのおチ○チンに合わせて作った、特製の拘束台は愉しんで貰えたかな?」

一時間ぶりに地下室に戻ってきた男が、意地悪く微笑みながら捕らえた探偵の男に向かって問いを浴びせる。しかし、問われた探偵は男に何も答えない。反抗の意思表示として無言を貫いている訳ではなく、言葉を紡ぐ事すら困難な程に憔悴し、疲弊しきっているからだ。

「あ、はぁ……く、ひぃ、んぅ…んはぁぁっ……」

うつろな目と喘ぎ混じりの吐息を残酷に笑う男に向けながら、探偵は腰を揺らめかせて男根を戒める拘束台を軋ませる事で拘束を解いてくれと、淫らな責めを行っている機械をとめてくれと懇願する。
しかし、男は探偵の懇願に一切応えない。男は探偵に嵌めた黒い首輪の後部から伸びた短い鎖の先にある黒革の手枷を外して探偵の手を自由にしてやる事などしない。地下室の床から天井に向かって生えた短い柱の先に取り付けられた、探偵の男根を睾丸ごと絞り出して緩み無く絞め付けている黒の革ベルトを外して、中腰を強制された苦しい状態から解放してやる事もしない。
探偵の左右の乳首を強く挟み込んで振動しているクリップ型のローターと男根の亀頭の下に巻き付けられたベルトと一体化しているローターをとめる事をしないばかりか、無慈悲な男はポケットに入れていたリモコンを操作してローターの駆動を更に強め、抵抗の術を全て奪われた無様な探偵に今まで以上の快楽責めを何の躊躇いも無く与えた。

「ん、あぁ!? はっ、ひぎぃぃっ! やっ、あぁ! んあぁぁぁぁーっ!!」

地下室に置き去りにされていた一時間に快楽を流し込まれ続け、十数度の絶頂を経て感度が高まっていた乳首と男根をより激しく責め立てられた探偵は、疲れ切った足をガクガクと痙攣させながら汗と淫液に濡れた裸体を仰け反らせ、驚愕の表情を男に向ける。すると、男はしゃがみ込みながら探偵の左側へと移動し、探偵の淫らに歪んだ顔に自身の顔を近付けながら咎める口調で言った。

「これは、質問に答えなかったお仕置きだよ。今度は、ちゃんと答えるんだよ。この特製の拘束台は、愉しんで貰えたかい?」
「っ…!」

愉しんでなど、いる訳が無い。だが、それを口にしたらおそらく無情な男は何かしらの理由を付けて甘い苦悶を付け足してくるだろう。けれど、たとえ愉しんでいると口にしても、男は何かしらの理由を付けて甘い苦悶を付け足してくるだろう。
反抗しても、地獄。屈服しても、地獄。かわせぬ快楽責めに絶望して言葉を失う探偵。そんな探偵の反応を眺めてニヤニヤと黒い笑みを浮かべつつ、男はまた咎める口調で言った。

「また答えなかったね。これは、もっとひどいお仕置きをしてあげないといけないな」
「ひっ…!? や、あぁ! んっ、むっ、んむぅぅっ!!」

もっとひどいお仕置きの言葉を聞いて怯える探偵は、自身の顔に近付く男の左手を見て必死に逃れようと試みたが、男根を床から生えた柱に繋がれた肉体で逃れられるはずも無く、探偵の口は男の左手の人差し指と中指と薬指で塞がれてしまった。だが、ひどいお仕置きは口内の蹂躙だけでは終わらない。男は探偵の拘束された手首の位置まで自身の右手を持ち上げると、愉快そうな声音で探偵に告げる。

「さぁ、本格的なお仕置きの始まりだよ。探偵さんがしっかり反省出来るまで、許してあげないからね?」
「っ!? むぅぅぅぅんっ! うぶっ、ふぐ! もぼっ…んもぉぉっ!!」

始まってしまった本格的なお仕置きに、探偵の口から絶叫が溢れ出す。男根を拘束台に繋がれた事で苦しい体勢を無理矢理に維持させられながら乳首と男根を機械が生み出す途切れの無い快楽に嬲られ、それと同時に口の中を指でめちゃくちゃに掻き回されながら無防備な尻肉を手の平で打ち据えられる拷問と言っても差し支えの無い責め苦に、探偵は半狂乱で喘ぎ、悲鳴を上げる。

「もっともっと苦しんで、情けなく鳴き喚いて、良い子になるんだよ? もう、探偵さんにはそれ以外の選択肢は無いんだからね?」
「むぐっ…もごぉぉっ! ふー! うぶっ、ほもぉっ……! んむぅぅぅぅぅーっ!!」

男の指に歯を立てる力すらも失った口から男の望み通りに情けない悲鳴を上げて望まぬ絶頂を迎える探偵の新たな生活は、男の肉奴隷として忠誠を誓わされ、拒否する事すらも許されずに肉体を弄ばれるだけの存在に作り変えられる隷属の日々は、まだ始まったばかりだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


女装少年調教屋さん
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示