FC2ブログ

快楽は哀願を無視して注ぎ込まれる

2018.03.09.Fri.21:00
細長いベンチに仰向けで寝かされた裸体の男は、視界を塞ぐ白布の下で苦しげに眉を寄せながら、黒の座面の下で枷によって拘束された手足の自由をどうにかして取り戻そうと試行錯誤を繰り返している。しかし、男がどんなに頑張っても、手足を拘束する頑丈な枷はビクともしない。幾ら力を込めても、革の枷は手首と足首に食い込む痛みを生み、枷同士を繋ぐ短い鎖は男の無駄な足掻きを笑うように冷たい金属音を立てるのみだ。
手足の動きと視界を大きく制限され、身体を起こす事だけでなく無防備な裸体を覆い隠す事も禁じられた男は、もはや何をされても拒めない。程良く鍛え上げられた肉体を好き勝手に快楽で弄ばれ、捜査員としての誇りと男としてのプライドを容赦無く痛め付けられても、無様な捜査員は与えられる快楽のままによがり狂い、情けなくイきまくる姿を憎い悪人達の前に余すところ無くさらけ出すしか無いのだ。

「あ、はぁぁぁっ!! は、ひぃっ! ん…あぁ! も、やめろぉっ…! いや、ら……イぎゅぅぅぅぅーっ!!」

左右の乳首をコリコリと指で捻られ、無理矢理に勃起させられた男根を擦られ、恥ずかしい尻穴を指でめちゃくちゃに掻き回されながら、捜査員は数十回目の絶頂へと追いやられた。
汗塗れの裸体が、ベンチをガタガタと揺らしながら生き物とは思えない程に痙攣する。吐き出す精液を失った男根が先端を淫猥にパクパクと開閉させながら、悪人の手の中で哀しげにビクビクと脈打つ。それらの反応は、捜査員が激しすぎる快楽で限界を超えて苦しんでいる事を見た目で分かりやすく表している。
だが、無慈悲な悪人達は捕らえた捜査員が苦しむ様子を見ても一切の手加減をしない。ニヤニヤと残酷な笑みを浮かべながら、無言で手を動かして捜査員に更なる快楽を注ぎ込むだけ。

「も、ゆりゅひ、へ…これ以上、は…むりぃっ……ひぬ、おがじぐ、なるぅぅっ……!!」

なりふり構わない哀願を捜査員が口にしても、冷酷な悪人達は捜査員を淫らに壊して屈服させる為に快楽を注ぎ込むだけだ。

「ひぃぃっ!? い、ぎぃっ! あ、は、かはっ…あぁ! いぁぁぁぁぁぁーっ!!」

一際強く捻られた乳首と、先程よりも早く擦られ始めた男根と、抉るように前立腺を責め立てられた尻穴から発生する快楽の波に嬲られ、意味のある言葉を紡ぐ事も出来なくなった捜査員の悲鳴を耳にしながら、悪人達は口元を黒く歪めつつ、淡々と手を動かしていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


子守狼
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

管理者のみに表示